任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

アークライズ ファンタジア(特典無し)

マーベラスエンターテイメント
Nintendo Wii
Wii他機種を含めても傑作の部類にあるRPG★★★★☆
コマンド式戦闘のRPGだが、追加攻撃等の演出が多く躍動感がある
常に喋りまくっているのも楽しい
骨子はバンナムのテイルズシリーズといった印象


特徴は武器に付いているパーツでのカスタマイズ
雑魚戦は問題ないが、ボスでは重要な意味を持ちます
ボスは強く、全滅前提で一度戦って攻撃方法や弱点を見極めてパーツをチョイスし、
再戦して倒すという流れ
魔法はWIZの様なシステムで使用回数の制限が厳しく、
ヒール系とディスペルをボスに使用するくらいしか出番がない

メインストーリー以外にもクエストがあり、
武器を鍛えつつ寄り道を楽しめる
物語は単に悪を倒して世界を救うという話でなく、
現代の社会情勢や環境問題を元に進む
また、キャラ全てに魅力的な背景があり、
全体に素晴らしい味を出しているのが このゲーム最大の売りだと思う
残念なのは、諸々の終わり方が あっさりし過ぎで余韻がない事

☆が5にならないのは、所謂「強くてニューゲーム」がない事
取逃したアイテムや、見逃した会話は二度と見れません
また、クリア後は追加ダンジョンがありますが、
上記通り逃したものは無理だし、見た会話を再度見たりも不可
やり込みって程のものもない


作りとして、キャラの生き様や物語を楽しむタイプのRPG
やり込み要素は薄いですが、個人的には傑作だと思うし お勧めです
五つ星★★★★★
裏切りのRPG

と、言っても過言ではないゲームである
ストーリーに変化球が有ったり、ヒロインとのイチャイチャ?

エンディングを見る為に途中で諦めず、是非最後までplayしてみて欲しい

カジノも有るよ
おもしろい★★★★★
安かったのと、評価がよかったので購入。
戦闘はいっぺんに覚えるのではなく、徐々に教えてくれるので助かる。
ストーリーも、思いもよらない展開でとてもおもしろい。
キャラも魅力的でよい。

町は広すぎるところもあるが、何回も訪れるのでそのうち覚えるのでよい。
ボスはやりごたえありで、特に終盤は本当にしんどかった、最後はもっと弱くていいのではないかと思う。
しかし終えて全体的に早く次に行きたくて夢中でやってしまうほどのおもしろさ。

この値段でとても満足でした。
ロードもなく、快適でこのシリーズのようなものがもっとやりたいです。
戦闘もコマンド式でアクション苦手な私にはとても助かった。
戦闘はよかったが★★★☆☆
ストーリーが評価されているようですが後半とエンディングが全く好きになれなかった。進めば進むほど主人公は周りに流されヒロインは空気が読めないので共感できませんでした

主人公は仲間にはやたら強気なのに敵には弱気 敵の仲間だったくせに主人公側につくと元仲間(敵)に説教するキャラクターたち、人殺しの敵にやたら優しくて何かとお礼を言うヒロイン 汚い言葉を吐き続け悪いことをしたのに最後まで主人公たちに謝罪しないキャラクター、なぜか生き残る悪者など好きになれない。
ストーリーはプレーによって変わったり分岐もないので助けたくても助けられず人が死んでいきます
主人公パーティーも自分とは縁がない敵はあっさり殺します。殺しておいて「死んだか」というセリフは不気味だった。
キャラクターも、見かけだけで重みがない印象、何で一緒に旅をしているのか、わからない。設定はあるんだろうがゲームで表現できてなく、初登場以降はヒロイン含め印象が薄い。

戦闘は良いが魔法が使いにくく魔法メインのキャラが使いにくいです。使いたくてもMP回復がアイテムが貴重でザコ戦で使えません MP回復アイテムが必要なのに店で売ってなくて不便でした。
戦闘自体は面白いがレベルが上がるたびに同じ敵の経験値が下がっていくのでレベル上げが辛い、ボス戦のためにゲームを通して、レベル上げと武器スキルのために延々とザコ戦をしていた印象
ボスは強いがうまく戦えば早く終わるので戦略はかなり楽しい。武器とスキルのようなもののセットも重要でこれを考えるのは楽しいが武器をきちんと集めないと後半が辛いです。
ログレスは戦闘中に、基本的に、1回しか呼べないのに、効果がイマイチでほとんど使わなかった。

画面はテイルズシリーズにかなり近くコマンド式のテイルズです、コピンはミュウアタックをします。テイルズにあるチャットのようなものもあります。 しかしイベントでもキャラクターは動かずノベルゲームのようだった、表情のパターンが少なく声優の熱演がもったいなかった。

町が無駄に広く移動が大変、地図があってもカメラが勝手に回るので困る、イベント後も入り口に戻れず自分で移動しなくてはいけない

ボス戦は難易度が高いのでサクッとプレーしたい人向けのゲームではないし、ドロドロの上中途半端に難解でだから子供向けでもないと思います
後半は罵倒され続ける主人公とヒロイン、
善人が死んだり悪人が国を統治します。心があたたかくなったり、勧善懲悪やのストーリーが好きな人にはおすすめできません。
自分はとても後味が悪かったです。
ベスト版発売★★★★★
2/25にベスト版発売です。
2800えんで買えるので、チャンスです。

このゲームはかなり面白いので、買って損はないです。
欲しいと思っている人は、絶対買うべきです。

オプーナ

コーエー
Nintendo Wii
圧倒的過ぎるエナジーなソレ★★★★★
和厳における圧倒的な存在感…。

オプーナさんの圧倒的な存在感…。

売り上げなんてちんけな指標を打ち砕く圧倒的存在感…。
中の上くらいの出来…。

文句なし。最高です。
社会人になるということ★★★★☆
2chの某やる夫AAの方が有名になってしまってますが、元ネタのオプーナ本人はやる夫とは正反対のスーパー社会人です。

このゲームは"社会に出て働く"ということが1つのテーマになっており、オプーナさんは本職であるランドロールガード(魔物ハンター)を順調にこなしつつも、副業でファストフード店での接客業、ホテルのルームサービス、テレビ番組出演、など多方面で活躍します。

労働という他にはないものをテーマに持ってきた事で、他のゲームには無い独特の雰囲気が出来あがっています。世界観も完成度が高く、非常にのめりこめます。

社会人の方は勿論、社会に出る前の大学、小中高校生のゲーマーにも是非体験してもらいたいゲームです。


カメラの見難さと、敵のエンカウント率の高さ、最初の舞台となるドームの立体迷路の如く複雑さが短所となっていますが、戦闘のテンポの良さとBGMの良さでまかなえてると思います。
勇者達よ、未知の領域を体感せよ!★★★★★
このゲームには、我々を惹きつけてやまない魅力がふんだんに溢れている。
秀逸なシナリオ、意外な結末、そしてバックに流れる曲の全てが、僕らが少年のころの
純粋な気持ちを思い起こさせる、甘く、切なく、
そしてどこか懐かしいそんな仕上がりになっている。
さあ、心やさしき勇者達よ、恐れることなく未知の領域を体感せよ!
命運は、君たちの手に委ねられた。
全クリ後の感想★★★★★
素直に とても楽しめました。

何が凄くて何を感じ何が嬉しかったのかという事を
言葉にする事無く胸に秘めておきたい気持ちになりました。

私がもう5‾6歳若ければこのゲームを楽しむ事は出来なかったと思います。

映画や漫画の様な露骨なストーリーや登場人物の喜怒哀楽や、
技の華やかすぎるエフェクトはありませんが

ゲーム進行にそっと添えてある華やかな景色や世界観、人物観はとても素敵で面白く、
真摯にゲームを楽しめたらクリア後にじわっと良いものをやったという気持ちになります。

3D酔いと複雑なMAPに激しく悩まされながらも結局全クリして楽しむ事が出来ました。
悪質なレビューは無視するべき★★★★★
他のレビューを拝見させていただきますと、「ヌンチャクが操作し辛い」だの「カメラの操作性が悪い」だの、自分が下手くそだという事を露呈しつつ、さらにはゲーム自体のせいにする馬鹿な輩が目立ちます。
果てには「キャラがキモい」などというキ○ガイ丸出しの自己中心的な意見を、さも当然だと宣うゴミ○ズ野郎も湧いてますね。
そんな悪意に満ちたレビューでこのゲームの評価が下げられるのは、ホントに気分が悪いです。
どうかご購入を迷っている方は、正常な頭脳と見識をもった方々のレビューを参考にして下さい。

僕の意見ですが、この「オプーナ」というゲームは名作だと断言します。いわゆる神ゲーっていうヤツです。
何十作もRPGをプレイしてきましたが、今までにはないタイプの作品です。

その理由としてはやはり、「独特な雰囲気」、「自然と耳を傾けてしまうBGM」、そして「誰しもが共感できて、感動を分かち合えるストーリー」だと思います。
他にも戦闘のシステムもアクション性にあふれるものだったり、自由度が高いのも近年人気の「Fallout」や「オブリビオン」を彷彿とさせます。内容は温かいものですが。

もしご購入を迷っているのなら、断然その手でこのゲームの真髄を実感をして貰いたいです。

みんなのおすすめセレクション テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-

ナムコ
Nintendo Wii
なかなかです。★★★☆☆
テイルズオブシンフォニアの続編でシンフォニアのキャラ、街、ダンジョンが再登場します。
ストーリーは新しいものなのでシンフォニアについて知らなくても困ることはありませんが、仲間になるキャラがシンフォニアの時のパーティメンバーばかりなので、一見様お断り的な雰囲気が漂うゲームです。
実は自分はシンフォニアをやらずにこちらをプレイしたのですが、進めるにつれてシンフォニアをやりたい気持ちが強くなってきました。この作品はある意味シンフォニアの宣伝のような役割を果たしています。

中身についてはモンスターを仲間にできるという特徴があり、さらにそのモンスターはそだてることで進化しますので、テイルズシリーズでありながら、ドラクエモンスターズやポケモンのような特色もある一風変わった作品となっております。

ただ今作は様々な要因により、批難を受けることの多い作品でもあります。以下に詳細を挙げます。

1)人物の言動に不自然さが垣間見える。
例をあげると、主人公とヒロインが喧嘩して口をきかなくなる期間があるのですが、その最中の戦闘勝利コメントでバカップルな掛け合いを披露してしまったり、ということがありました。
そういったツメの部分がいまいちきっちりしていません。

2)秘奥義の作りがあまい
演出や動きが単調だったり、斬る、殴るの効果音が不自然だったり、流れが悪いものが多いです。
また致命的なのが主人公とヒロイン以外のパーティメンバーにはカットインがないということです。やっぱり秘奥義にカットインがないのは物足りないです。

3)シンフォニア(無印)メンバーの扱いがわるい
今作のパーティメンバーのうちのほとんどが前作のテイルズオブシンフォニアのキャラなのですが、その前作キャラたちはレベル、術技、称号、装備が最初から固定となっていて育成することができません(そのかわりストーリーの節目ごとに一括して更新されていくようになっています)。
また前作キャラをパーティの先頭にすることができません。よって前作キャラに街やダンジョンを歩き回らせることができません。(戦闘中のみ操作キャラにすることはできます。)
前作のファンにとってはとても残念ですよね。

上記のようにつめの甘さが否めない作品ですが、どれも細かいっちゃ細かいことですし、コンセプトやストーリーはなかなかよいものですし、シンフォニアファンならきっと楽しめる作品だと思います。
主人公たちに…★★☆☆☆
元々シンフォニアが好きで、続編ということで購入。

最初の主人公のうじうじ加減はまだアビスをやっていたので、なんとか耐えられましたが、ヒロインがやたら自分の理想を主人公に押し付けたり、後半二人のいちゃつきぶりにイラっとしてしまいました。モンスターを育てるのは楽しかったですが、シンフォニアファンとしては物足りない感じです。

とにかく、主人公とヒロインのキャラで好き嫌いがはっきりでるゲームだと思います。
シンフォニアが好きな人はガッカリするかもしれません。
面白いRPG!★★★★☆
テイルズ系はファンタジアとシンフォニアのみはまった者です。
これは結構はまりました!
キャラが良いです。いかにもジャンプに出てきそうな感じのキャラ2名。こういうのがいいですw
モンスターを仲間にするのも大好きなシステムなので高評価ですw
クリアするのに80時間もかかったのは意外でしたが、迷わず2週目突入!完全にゲームバランスを崩してる2週目特典の数々。
エミルは使い飽きたのでマルタを操作してみたら全く違うゲームへ。2週目も普通にクリアしそうです。
こんなに遊び倒してるゲームはFF13以来です。
本当は☆5ですが、☆4にしときますw
でもグレイシスは買いませんww
テイルズオブシンフォニア-ラタトスクの騎士-(廉価版) レビュー★★★☆☆
私は初期版でプレイしましたが、シナリオに関しては前作シンフォニアの続編となり、主人公はエミル、ヒロインはマルタになります。詳細のシナリオに関しては、初期版レビューに触れてあるかと思いますし、どうしてもシナリオの概要を知りたい人は公式サイト等を参考にされるのが良いかと思います。プレイしての感想としては前作シンフォニアの話の後どうなったかをこの目で見て実感しながらプレイ出来たのが嬉しい限りです。また、仲間モンスターを引き連れて育成出来るのも歴代テイルズ作品でも異例なパターンなので新鮮味ありました。また、前作のロイド達メインキャラも出てきますし、仲間に加わりますので前作ファンの人にとっては嬉しい限りです。

改善して欲しかった点
・前作キャラのレベル&装備が固定
・シナリオ上仕方ないとは言え、暴力的な台詞や行動が目立つ
・賛否の多いエミルとマルタのキャラクター(人によって好みが分かれる⇒特にマルタ。)

全体評価に関しては、☆3とします。こちらは廉価版になります。値段も初期版と比べて落ち着いた値段なので、当時新品で買えなかった人などに関しては嬉しい限りだと思います。
いいゲームと言えば良いけど★★★☆☆
基本初期からフリーラン有り
セミオートは自動防御なのでかなり初心者も安心できる。
雑魚敵は技を使うと変わるユニゾンゲージの属性5つを同一に合わせたときに第1段階、その直後に強化するかしないかで逃げなかったら仲間に。
 注 周回引継ぎ得点モンスター引継ぎ選択時は仲間はそのままのレベルで来るの 
   でバランス気にするならラストで外しておくか低い編成だと良いでしょう。
外せるのは進んでから。ラタトクスは特にラストから周回開始までの流れが長いのでやり直すのも1時間以上かかります。
マップ移動は無いので乗り物を取ったグレイセス、FF10形式なら分かりやすいかな。
 簡単に言うと行き先が増えていく選択式。戦闘は基本ダンジョンのみ。
ラタトスクは基本メンバーに主人公+ヒロイン+モンスターと装備、レベル固定の前作キャラクター達のサブメンバー(ちょこちょこ抜ける)の編成になります。
注意点 
 初期に分かることなので書いておきますがジャケットは背景のモンスターで子供向けの絵と一見すると見えますが主人公は戦闘中に少し発言が悪くなります。小さなお子さんでまねしたがる年頃なら少し注意がいるかもしれません。
以下感想になります。
無理にシンフォニアの世界にぶち込む必要は無かったんじゃないか?
モンスター育成タイプだから好きな人は結構多いはず。逆にシンフォニアってつけると名前に押されてしますのでどうだろうってなるし。ラタトスクの良い所(モンスター育成システム)が前作のキャラ(レベルは固定ね)パーティに入れる等で圧迫されるところもあるし。
作品自体は面白い。だが主人公が内気と珍しいのですがそれが災いしてヒロインのキャラが立ちすぎている感がします。後は、後半のヒロインの秘奥義が強すぎると言うか鬼神。ラタトスク自体が慣れると秘奥義30秒で打てるのでシリーズ最強クラスだろこいつと思う。
ストーリーは意外と良かった。変にシンフォニアの名前を意識しなければそこいらのRPGより遥かに面白い。モンスター仲間にして育成できるのはテイルズではこのタイトルのみなのでそういうのが好きなら十分楽しめます。何気にモンスターは進化も出来ます
シンフォニアの名前付かなかった独立した物語なら・・・もっといい作品になった気がしますね。