任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ(通常版:同梱特典無し)

カプコン
Nintendo Wii
普通に楽しいけど・・・★★★☆☆
前作と比べてゲームバランスが程良く調整されています。
ノーマルモードで丁度良い程度の難易度です。

ガンシューティングとしては良く出来ていると思います。
画面揺れが激しいため、ストレスが溜まる箇所が多々あり☆ー1です。

コンシューマ機用のガンシューティング全般に言えることですが
ゲームセンターのガンシューティングとは似ているけど別物と捕らえた方が良いです。
ガンコン類が照準合わせという意味で、まったく意味を成していないので、
ガンコン本体の照準で狙って撃つという本来のガンシューティングの楽しさが皆無です。
そのためヘッドショットを決めても爽快感は大してありません。

センサーやガンコン等の備品のスペックに足を引っ張られていて、
楽しさが半減しているのが残念なゲームです。
この辺りが改善されれば、楽しさ倍増なんですが・・・
この辺がコンシューマ機の限界でしょうかね。
酷評してる方何か勘違いしてらっしゃるのでは?★★★★☆
これはバイオハザードのナンバリングタイトルではないことをご存知の上レビューなさってるのでしょうか?
あくまでもこれはWiiのガンシューティング性能を活かしたスピンオフ的な作品です。その点を理解してから購入された方がいいのではないのでしょうか?
本格的なバイオハザードをやりたいのであるならバイオハザード1〜バイオハザード5をやって下さい。
そんな事も理解してないのに駄作だとかガキみたいな事を言わないで下さい。
このバイオハザードはあくまでも別物として楽しんで下さい。
面白いけど・・・★★★★☆
前作のアンブレラクロニクルズと比べると改善点はある。
・武器の切り替えが上下左右になった。
・ハーブをストックし、好きなときに回復できるようになった。
・前作と比べ、キャラクター同士の会話が自然になり、臨場感が増した。

しかし、改悪された部分も見受けられる。
・臨場感を出すため画面が激しく揺れる場面が多々あり、敵を非常に狙いにくい。
・敵や壊せるオブジェクトもないのにカットできない場面が多い。
・難易度をハードにするとヘッドショットの判定が非常に厳しくなる。
 前作くらいが良かった。
・前作よりボリュームが減った。

はっきり言って、前作のアンブレラクロニクルズのほうが面白かった。
次回作があるなら改悪された部分は元に戻してほしい。
駄目でした。★★☆☆☆

プレイしたwiiのソフト4つの中で一番早く売りにだしたソフトです。
1周クリアして、2周目の途中であきました。

なんかこのソフトがつまらないのもあるが、やはりワタシには、wii自体が駄目。

ステージ少ないな★★★★☆
すべてにおいて最高クラスwiiって作り手いいと画像良いんだなと思える作品
ステージと言うか一つのテーマが長すぎるからか?
バイオ2、ベロニカ、新規シナリオだけですしね。これでバイオ4のシナリオマップ付いてたらすごかったのにな。
武器改造 すべてできる
お金 物をぶっ壊せ 難易度で所得金額増える 
敵はかなり弱い 逆に言うと好きな武器撃ちまくれる
期待しすぎるとボリュームでガクッと来るが出来はいいので楽しめますね。持っているなら前作アンブレラクロニクルズ+今作でやると少し時間かかりますがかなり楽しめます。

大神 Best Price!

カプコン
Nintendo Wii
はまります★★★★★
価格が手ごろで購入しました。
ゲームの中で物語のヒントがあり、楽しくあそべます。
グラフィックが・・・★★☆☆☆
こちらのレビューで画面がぼけているとあったので、気になったがwii版の方が安かったので
こちらを購入。
プレイ開始から文字からすべてぼけていて、プレイし続ける気にならなかったので
次の日PS2版を購入。
同じ液晶テレビに同時につなげて、チャンネルを変えて見比べてみたところ、色の濃さから
画面の暗さから、鮮明さも全く違いとても同じゲームとは思えませんでした。
wii版では大神の良さが全くでていないです。
値段につられず、最初からps2版を買えばよかったです・・・
カプコンはこんな名作をダメにしちゃいかんだろうよ★★★★☆
一通りやっての感想は、3Dゼルダの伝説の亜流。
ただし、こいつはとっても素晴らしい亜流であって、
例えるならドラクエの亜流としてのファイナルファンタジー並にグレイトな出来だ。
間違っても、ヘラクレスの栄光みたいなクソにあらず(あくまでファミコンのハナシ)。
謎解きも箱庭フィールドの完成度も高いし、アクション部分も申し分なし。
和の美を凝らしたグラフィックは芸術的だし、和の世界観に沿った音楽も素晴らしい。
筆に神を宿らせてのギミックは、ゼルダには求められない至上の楽しみであった。
Wii所持者のゼルダファンは、やって損はないだろう。


………が、操作性の悪さはちょっと…というか、かなり問題がある。
文字送りのボタンと、物を買ったりセーブしたりの決定ボタンが異なるなんてありえない。
(2)のボタンに「画質」だとか「音量」のコンフィグを割り当てる感覚も、謎だ。
(同じコンフィグは、タイトル画面でも設定できるのに…)
こういう気持ち悪い部分はゼルダ(任天堂)なら、絶対にNGにする部分だろう。
また、Wiiへ大神を移植したアメリカの会社の技術力の問題だろうが、
ポインティングがWiiの初期に出た幾つかのソフトのように妙な挙動をするもんで、
ゲーム全体の難易度を無意味に上げてもいる(ココでさじを投げた人もいるはず)。
この挙動のまずさが本作の醍醐味である筆の操作にダイレクトに響いてしまっており、
大神というゲームの肝心要の部分を大きく損なってしてしまってもいる。
筆の操作感の完成度が高かったのならば、本作はWiiの超名作になっていただろう!
(逆に、この操作感のまずさのせいで、誰かに積極的にお勧めしたくもならない…)


なお、PS2版をプレイしていないので比較の仕様がないのだが、
他の方が指摘している通りに画質がぼけまくっているのは事実。
面白いゲームを、視力が悪くなったような感覚でプレイし続けなければならないのは辛い。
エンディングのスタッフロールなんて、「涙のせい」ではなく、マジで字が読めません!



オリジナル版を作った会社は解散してしまっているそうですが、
元スタッフの方、Wiiで操作感が完璧な大神か、その続編を作ってくれないかな…。
いいっすね★★★★★
大神伝とかゆうカス以下のゴミゲーと違ってやっぱ前作は素晴らしい出来だぜ


まあ多少、PS2版と比べると音声や操作性が劣化してますが気にする程ではない
やはり名作ですな。★★★★★
PS2版でいたく感動し、DS版にて続編が出るということで、Wii版の安価なものが発売されたので、おさらいもかねて再プレイ。どう考えても名作ですね、これ。
Wii版の最大の特徴はやはり操作性。筆しらべをWiiリモコンで行うので、操作性がよくなりそうな気がするが、実際やってみると異様に難しい。思うとおり書けないことが多く、致命的なミスをなんども行ってしまった。しかし徐々に慣れてくるし、最後までクリアできたので、問題ないでしょう。クラシックコントローラ対応にしてほしかった気もするけど。
ゲームそのものはいまさら語ることもないくらい素晴らしい。一番好きなのはラストバトルにおける演出。ここは何度みても感動してしまう。よく言われるボケているとの説は、PS2と比べれば、という話で、私は全く気にならなかったし、このゲームの真価を落とすようなものではない。WiiはPS2よりライトユーザーが多いので、未経験者はぜひプレイしてほしい。そんじゃそこらの映画よりはるかに感動できる。