任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

バイオハザード4 Wiiエディション

カプコン
Nintendo Wii
あの「バイオハザード4」がWii専用ソフトとして蘇る!

常にプレーヤーの背後から追従するビハインドカメラの採用など、従来の
シリーズからフルモデルチェンジを果たした「バイオハザード4」
更なる操作感を追及した「バイオハザード4 Wii edition」。
Wiiリモコンを使った全く新しい操作方法により、直感的に行動が可能!

SDガンダム ガシャポンウォーズ クラシックコントローラPRO【クロ】パック

バンダイ
Nintendo Wii
カプセルから飛び出す、手に汗握る大激闘!
混戦・乱戦のガチャガチャバトル!

不朽の名作「ガチャポン戦士」のDNAを受け継ぐ作品「ガシャポンウォーズ」が要望にこたえてWiiからついに再登場!
簡単操作で誰もが楽しめるアクション&シミュレーション

【SDガンダム ガシャポンウォーズ 注目の4大ポイント】
1:簡単ルールで奥深いプレイ!
基本は、好きなモビルスーツ(以下MS)でオリジナル部隊を編成して、マップ上にあるポイントを陣取り形式でとりあうシミュレーション。
そして、MS同士が激突すると今度はアクションバトルで対決!
MSの数や相性で戦局を有利に導くなど、戦略性に富んだ戦いもできるし、アクションの得意な人は、少数の強力なMSと自分の腕前でガンガン力押しもできる。千差万別、さまざまなプレイを楽しめます。

2:1000回遊べるシミュレーション!
毎回電源を入れるたびに新しいメインマップがランダムで出現。いつも新鮮な驚きを体験できます。また、ユニット同士のアクションバトルの舞台となるバトルフィールドも40種類以上!

3:個性豊かなモビルスーツが登場! 150以上あるMSを集めつくせ!
大きい、小さい、飛行する、変形するなど、おもしろMSが盛りだくさん!
集めたユニットはギャラリーで自由に鑑賞できる。150以上のモビルスーツをキミは集めることができるか!?


4:さまざまなモードで無限大のアソビが楽しめる!
次々とマップをクリアしていく一人プレイモードはもちろん多彩なモードをご用意。
みんなが敵の「サバイバルモード」、次々に出されるミッションをクリアする「100問バトル」、アクションRPG風なプレイを楽しめる「気ままにダンジョン」も搭載! さらに最大4人で対戦できるモードもあるから、友だちや家族みんなで遊ぶこともできる。
思った以上に難しい★★★★☆
作戦次第ではあれ?っと思うくらい簡単に終われるが、時にはまって進めなくなった

これ難しく楽しめる

ガンダムもいっぱいで楽しいわ

アクションがあるガシャポンは最高だ!
シミュレーション入門用★★★★★
 小学生になった息子が、SDガンダムに興味を持ち始めたので購入しました。
操作性が良いので、クラッシクコントローラ付きにして正解だったと思います。
 クラシックコントローラは、Wiiリモコンより軽く、かつてスーファミなどで
プレイした大人にも、使いやすいです。

 尚、パッケージの裏には以下の但し書きが

※本製品は2005年12月1日に発売されたニンテンドーゲームキューブ用ソフト
「SDガンダム ガシャポンウォーズ」をWii向けに操作方法をアレンジしたものです。
SDガンダム ガシャポンウォーズ

 最初の予定では、息子のみ夢中になるかと思っていましたが、ユニットの移動などにも
苦労していました。それを見かねた姉(将棋やチェスが得意)がアドバイスをし、時には
コントローラを奪い、効率良くクリアしています。

ネクロネシア

スパイク
Nintendo Wii
中古で安く買うのであればキングコングの島を体感できる作品です。★★★☆☆
この商品で遊んでみてまず思ったことが、映画のキングコングでコオロギなどの昆虫が人を襲っている場面に大変似ているということです。また、昆虫がメインの敵となっていますが、キングコングも出てきて、映画を参考にしているのかと感じます(どちらが先かは確認していません)。
内容に関しては、バイオハザード未経験者の私には大変楽しむ事ができました。敵のバリエーションや動きなどは特に良かったと思います。
ただし、凝った作品ではありません。単純にルートを進んで行き、昆虫たちとの戦いを楽しむ事が大切です。ストーリーに発展性はなく、キャラクターはあまりセンスを感じず、設定はこじ付けた感があります。また、他の方がおっしゃる通り操作性は少し不便に想う事があります。
B級ゲームとして楽しむのであれば満足できる作品だと思います。
キングコングの島を冒険したい方はぜひ購入してみてください。
以外に面白い★★★★☆
値段が安くなったので買いました。虫や動物が凶暴化している島からのサバイバルゲームです。値段が安く買えたので、以外に楽しめたと思います。

良かった点
・敵の攻撃が多彩
・サバイバル雰囲気が良く出ている
・行き先をマップで教えてくれる
悪い点
・定価で買ったらドラゴンクエストソードのように超後悔する
・罠や仕掛けの使いまわしが多い
・キャラクタが絶体絶命都市のキャラみたい

絶体絶命都市が好きな人はやってみると意外に楽しめると思います。
時期尚早で残念。★★★☆☆
ネクロネシア ー タイトルとサバイバルホラー系というのに興味をそそられ欧州でも発売されているのを発見し即購入しました。、、が、凶々しいタイトルは名ばかりで洋題の「Escape from Bug Island(虫の島からの脱出)」とB級映画っぽいパッケージのほうが合っているそんな出来具合でした、、。

ストーリー、懐中電灯のオンオフで虫の反応が違ったり、いいアイデアと思いますが、全体的に中身がないというのが印象。回復アイテムや武器も自分で探さないと見つからないのは結構ですが謎解きもなく特に面白いものもなくボーナス条件とかレベルクリア後の結果とかもたいして興味ないし、、。最大の弱点はミニボスやラスボスが軟弱すぎてあっけないし(ノーマルモード)、2、3匹のカマキリ・コオロギ?の集団・魚女のほうがてこずりました。敵も巨大な虫というだけで不気味でもなく、魚女や犬男も最初のシーンだけで不気味でもなく、、。

Wii発売と同時の初期のゲームなので完成度はイマイチでした。どんな新機種ゲームのソフトも最初はそんなものですがもうちょっと待って完成度をあげたほうが良かったと思いました。早すぎた良作だと思うのでこんな評価しかできなくてすごく残念です。
意外と面白いけど★★☆☆☆
虫版のバイオハザードのイメージなんでしょうか?気持ち悪いけど、怖くはありません、ちょっと強い敵が現れると音楽が変わるので、身構えられるんですよね。
後半キモイキャラが出てくるので、突然襲いかかってくる怖さが体感出来たハズですが、音楽の変化のため前もって解っちゃうのがマイナスですね。
あと、操作感があまりよくありません。WIIですからリモコンを振るのが中心になるんですが、思ったように動かなくてイライラします。動いている敵に狙いを定めて、リモコンを振るとどうしても3回連続攻撃になっちゃうんですね。3回連続攻撃なんてしなくてもいいのに〜と思いつつ戦わなくてはなりません。
まぁ、安く手に入ったから良かったですが、定価の10〜20%引き程度であれば、ちょっと後悔したと思います。そんなゲームです。
良作でした!★★★★☆
とにかく虫がグロい! でっかい虫やら沢山出てきて怖いです!
リモコンの操作性も良く、直感で遊べると思います。
ただ、エンディングを見るには、実質2週目をプレイしないと
いけないので、途中から少ししんどくなるかもしれません!