任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

エレビッツ コナミ・ザ・ベスト

コナミデジタルエンタテインメント
Nintendo Wii
この世界すべてのエネルギーの素になっている不思議な生き物"Elebits"を、Wiiリモコンを駆使して捕まえていく新感覚の探索ゲーム。プレイヤーは、リアルに作り込まれた仮想現実空間を舞台に、家の中や街へと逃げ出してしまった"Elebits"たちを捜索する。今作は、Wiiリモコンならではの直感的な操作が特徴で、「キャプチャービーム」を発射することでちょこまかと逃げ回る"Elebits"を捕獲していく。自由度の高い探索が魅力的で、ゲームはおもに主観視点で進行。ビームはオブジェクトに当てることも可能で、ボタンを押し続ければつかんで動かすこともできる。この仕組みを利用して、隠れている"Elebits"を見つけたり、仕掛けを解除したりしていくことになる。
(※紹介文はオリジナル版のものを使用しています)

http://dol.dengeki.com/
wiiリモコンでしか味わえないゲーム!!!!★★★★★
このゲームははじめ訳もわからずかわいさのみで購入しましたが、やってみてびっくり!
何とも言えぬおもしろさ&壮快感!
wiiリモコンを使って家にある家財道具を退けて、elebitsを探して回るのですが、普通なら部屋をこんなにちらけることはできないだろうというところまでめちゃくちゃにでき、尚、捕まえていくという、人間の狩猟本能をくすぐる気持ちのいいゲーム。
wiiリモコンでしか味わえないゲームだと思います。
集めていくたびに何とも言えない満足度と、次はどんなステージ??
何を壊していいの??というスリル。だけど、他のゲームのような暴力的な要素もなく、可愛いの一点張り!
ボスなんて早く倒して開放してあげる!!っていいたくなりますよ!
合間合間のストーリーも、素敵!
ぜひ一度お試しを♪

エレビッツ

エレビッツ カイとゼロの不思議な旅

エレビッツ コナミ・ザ・ベスト

購入して後悔はしないと思う★★★★☆
やることが非常に分かりやすいのが最高でした。
小難しいことはあまり考えずに楽しめます。
またハマりたい!!★★★★★
私はPS3もWiiも両方持ってますが、
こういうゲームこそWiiの醍醐味作だと
思います。

あらゆるモノをつかんで、振って、出てきた
エレビッツを片っ端から捕まえる。
その作業がすごく楽しくて、何年か経っても
あのゲーム楽しかったなぁって思い出します。
何を隠そう、実は一度売ったんですが買い戻し
ました。

ステージや動かすモノ達もとにかく楽しい。
どうしてエレビッツ2が出ないのか不思議です。
コナミさん、是非もっとこういうゲームを
作ってください。

バイオハザード0

カプコン
Nintendo Wii
操作性が悪すぎてイライラする★☆☆☆☆
操作性が悪すぎるしゲームの内容が廻りくどい。
攻略本読まないと絶対に前に進めないだろうという内容だったり
クリアするにも何度も同じところを廻らないといけない内容だったり
非常にメンドクサイゲーム。途中でヤメテしまいました。
これこそバイオ!★★★★★
結構評判の悪いバイオ0ですが、僕はすごく好きです。
アイテムボックスが無くなって不便だったりしますが、謎解きも捜査も難易度などはすべてバイオの標準だと思います。
バイオ4、5よりもむしろ、こっちのほうが好きです。
映像もきれいだし。

あのラスボスを倒す強いレベッカには違和感が・・。そのあと洋館でびくびく救出を待つというのはちょっと違和感があります。
やっぱり怖い!★★★★☆
バイオ→バイオ2→バイオコードベロニカ→バイオ4とプレイしてきましたが
久しぶりに遊んだバイオ0、慣れるのに若干
時間がかかる操作感覚は懐かしくも楽しく、
世界観や展開はやっぱりすごい怖い!
バイオ4が最高傑作と思う傍ら
これぞバイオハザードの本来のスタイルだとも改めて確信。
GCからまんまwiiに移植なので一部酷評されてますが
追加要素(ストーリー)があると良かったのかもしれません。
わざわざこのゲームのためにクラッシックコントローラーも購入しましたが
ヌンチャクの方が操作感覚良好です。
シリーズ最高難易度★★★★☆
バイオシリーズはほぼ全てプレイしてますが、特に難しい(面倒)のがこれです。
難しい理由をいくつかあげます。
まず、アイテムボックス廃止で、持てないアイテムは床に置くしかない(どれを置いて、どれを持っていくか、とにかく頭を使う)。
持てるアイテム数が6個(2人で12個)しかないのに、重要アイテムが1個で2個分のスペースをとったり、やけに持っていきたいアイテムの種類が多い。
強い敵が多い。
2人のキャラを使って謎を解くことが多い(けっこう頭を使う)。
こんな感じです。
グラフィックはいま見ても凄いですね。
背景の静止画に動画を組み合わせた技術は1作目のリメイク版より格段に進化してます。
CGムービーも凄く、しかも数が多く、見応えがあります。
またこういうバイオを作ってほしいです。
古参バイオプレイヤー★★★★☆
バイオハザード0はリメイク1同様に、当時の映像美としてはスゴイものでした。
今も映像美としては引けをとらないほどに思います。
やはりバイオ0、リメイク1共に初見プレイ時は怖かったです。

バイオ4からの新参バイオプレイヤー達が、過去のシステムがやりづらく苛立ちを感じるのも分からなくもないです。
しかし”バイオハザード”と言うゲームをバイオ4で全て認識するのは正直間違いです。

移植にはWii版バイオ4を楽しいと思った人にも過去の作品がどうであったかとか、
昔のシステムはこう言うものであって、こう言う怖さがあったと言うのを知ってほしいとか、
そんな思いがあるのだと僕は考えてます。

ゲームを遊ぶのは僕たちですが、作り手の思いも少し考えてみると見方が変わるかもです。

ただストーリーはちょっと残念でした。
一つの街が滅んだ発端が――一応伏せ――って言うのもちょっとなぁ・・・と思いました。
これくらいの理由が丁度いいのかなとも思ったりしましたが、
やっぱり、やっと辿り着いた発端の真相としては残念だった印象があるのが隠せないので☆1個引いてます。

しかしながら、手応えのある難易度とクリアの達成感は嬉しいもので、
やはりゲーム中に「怖いなぁ・・」と思いながらプレイできたので☆4個にしてます。