任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

ナイツ ~星降る夜の物語~

セガ
Nintendo Wii
面白い!★★★★☆
私はセガサターンのナイツは小さい頃によくやっていて、今でもやりたくなるゲームです。
ほんとに今さらなんですが、ナイツがWiiで出てるなんて知らなくて、wiiで出てるって知ってすっごく興奮しました。
ですが、いろんな人のレビューや感想などを見たりして、『そんなに面白くないのかなぁ…』と思い、買わずにいようと思ったのですが、やっぱりナイツの新作なんで、欲しくて欲しくてついに買ってしまいました。
ナイツが喋るから嫌だとか色々言われていたので、始める時すごいドキドキしながら始めたんですが、思ってた以上に楽しいです。
確かにセガサターンのような自由感が欠けていたり、音楽が少し普通になっていたり、操作が少し難しくなっていたりしますが、ゲームとしては普通にありです。
セガサターンでナイツの大ファンでしたが、ナイツやリアラが喋る事にそれほどの嫌悪感はありません。
そんなに駄目作と言われる程の作品なんでしょうか?まだクリアはしていませんが、私はこれを買ってすごく満足しています。マイドリームも楽しいですし。 マリオギャラクシーはやったことがないのでどれだけ画質が綺麗なのかは知りませんが、そもそもセガサターンの画質で感動できたんだから、画質なんてものはそれほど重要ではないのでは? ナイツが駄目作になったと言われていてとてもショックでしたが、プレイしてとても楽しいものだったのでとても満足しています。
このナイツはセガ復活版ではなく、新しい形のナイツと言う感じですね。
それにナイツが喋ったぐらいでナイツへの感動は変わりません。
きみもとべるよ!★★★★☆
 セガサターン版の『ナイツ』は遊んだことがありません。
 えらく値段が下がっているので、出来が良くないのか?と思いスルーしていました。

 が、買って遊んでみたら良作であることがわかり満足しています。
 グラフィック、音楽、空を飛び回る爽快感、どれもすばらしいです。

 ただ、ゲーム初心者には難しいと思います。
 僕はゲームに慣れているほうだと思いますが、遊び始めた日はうまくキャラを操作できなくて何度もゲームオーバーになりました。
 次の日からは慣れてわりかし自由に飛びまわれるようになりましたが、ステージがクリアできなかったりボスを倒せなかったりしてまたゲームオーバーに。ゲームオーバーになるとまたステージの最初からやり直しなので辛いです。
 ゲームをあまりやったことのない人にこれを渡しても楽しめる保証がありません。・・値段が下がっているのもそのへんに理由があるのかもしれません。

 が、ゲームに慣れた人なら存分に楽しめると思います。値が下がっているからと避けていた僕のような人には、迷わず買ってみることをおすすめします。
前作を越えてます★★★★★
少し長い感想を書かせて頂きます

10年以上待ち続けていたナイツの続編はあたしの期待以上の作品で全て大変良かったです

音楽
柔らかい感じの曲が増え 寝る前に聴くといいと思った曲が多いです
素晴らしさはナイツの世界 そのままでした
グラフィック
wiiならではの鮮明な画面 映像でした
本当に写真を撮りたくなります (例えばピュアバレーのタンポポ)
キャラクター
今回は12歳 の主人公という事ですがかわいらしいですね
オウルもいいおじいさんだな と思います
ナイツも声が可愛い…衣装から声まですっかりお気に入りです

ストーリー
真エンディングに到達するまでが大変ですが内容は大変お見事ですね
続編が楽しみになります

その他
ナイトピアン達が可愛くなりました 只今1年分のマイドリームを調べてます


さて 最後に思ったのですが
ナイツに声優がつく といった事だけで失望したとか かなりマイナスをつけている人が多い気がしましたが
多くのナイツファンが知っての通り ナイツはもともとセガ・サターンの頃から声優 イベントシーン付きの予定だったのが、容量の問題で入りきらず特定のボイスだけになってしまった ので(前作のセリフなしのストーリーも大好きですが何か違和感があって調べたら分かりました)今回の続編はそういう意味で正統進化といえるでしょう
ナイツが話す事はちっともおかしいと思いませんでした むしろ良かったです ナイツは喋らない とは前作説明書に一言も書いてありませんでした


むしろ
もともと声のあるキャラなのにいつまでも過去に引きずられ声を否定するのはソニックチームにとってもナイツにとっても全く良くはないと思うのです

すいません 長すぎましたね(汗)


自分のオススメしたい最大の作品です
ストーリーは良いのだけれど・・・★★☆☆☆
私は過去にサターン版ナイツをプレイして、ナイツファンになったのですが、
今回のWii版は思っていたほど楽しいとは感じませんでした。

世界観も前作を引き継ぎ、ストーリーも良く、グラフィックもすごく綺麗なのですが、
プレイしてみると逆に説明や会話の為の時間が長く、アクションゲームとしてはテンポが悪く感じました。
また、前回には無かった歩くだけのステージなども、空を飛びたいだけの人にはフラストレーションが溜まります。

アドベンチャーとしてナイツの世界を楽しみたい方・ストーリーで感動したい方は、素敵なゲームだと感じるかもしれませんが、アクションゲームとしての手軽さや、前作のような爽快感のあるゲームを求めて購入すると、つまらないと感じてしまうのかもしれませんね。
(↑評価が二極化しているのもこれが原因かと・・・)

上記の点を承知で購入すれば良いソフトだと思います。
wiiでもっともハマったタイトル★★★★★
昨年の10月頃購入しました。
レビューを書いた記憶が有ったんですが、書いて無かったので今更ながら書きます。

個人的には、前作のマイナーチェンジ的なところは有りましたが、
プレイ感覚は紛れもなくナイツ。
Wii買ってから初めて、徹夜するほどやりました。

アマゾンレビューでは操作性うんぬん書かれていますが、
ゲームキューブコントローラを使えばほぼ同じです。
(全く同じと言いたいですが、コントローラ自体が異なるので)

又ストーリー、音楽ともに秀逸で、やはりラストは泣きました。
吹き替えについても賛否あるところですが、
英語吹き替えのため異国の雰囲気がよく出ており
日本の今時のアニメ声ではなかったのでよかったと思います。

難易度としてはそこそこ高めぐらいで、
決してゲーマー以外がクリア出来ない様な物では有りません。
(慣れと根気は必要ですけど。3時間もやれば普通に翔べるようにはなります)。
ベルを鳴らしての演奏が手こずるぐらいです。
(ただしリモコンのみの場合はナイツ誘導ゲームと化してしまうのでお勧めできません。
ゲームキューブコントローラを強く推奨します。)
またラストステージは女の子を先にクリアして、後で男の子でプレイすれば
話が綺麗に繋がります(必須。俺的にはこの点が最大の欠点)

で、
悪い点ですが
コースをクリアしないと、デモがスキップ出来ないところは、
ゲームを余りやらない人は興ざめすることは否めないですね。
また初期の価格が、今時のソフトにしては高めだったのも欠点。
あの値段なら、ゲームキューブコントローラを同梱するか、
割引券でも付けるべきだった。(実際初代は同梱だったし)
ゲームキューブコントローラを使わないと
このゲームの良さは半分も引き出せないと思います。


ボンバーマン

ハドソン
Nintendo Wii
1985年のファミコン版『ボンバーマン』が登場して以来、数多くの機種で発売されてきた本シリーズが、ついにWiiにも登場。格子状のステージ内で、ボムによる爆風で敵やライバルを倒すというシンプルなルールはそのままに、Wiiならではの要素がたっぷりと盛り込まれた作品となっている。目玉となるのは、「Mii」でボンバーマンバトルに参加できること。すべてのバトルステージをプレイする必要があるが、ボンバーマンの顔をMiiにできるので、誰がどこにいるのか、誰にやられたのかなど、視覚的にも楽しめる。また、ボムに変化して敵を惑わせる「ボムへんげ」、空中に飛んで爆風を回避する「ロケット」、シールドをかまえて爆風を防ぐ「シールド」など、Wiiリモコンを振ると効果が発動するアイテムも追加。Wi-Fiバトルではランキング機能も搭載されているので、自分の腕前がどのレベルなのかも把握できる。

http://dol.dengeki.com/
さまざまな遊び方ができ、接待ツールとしてもなかなか優秀★★★★☆
往年の名作がWiiで登場。
無理にWiiリモコンとしての操作を強要せず、
十字ボタン+2ボタンという操作もわかりやすくてよい。

初めての人のためにコツやアイテムを説明するモードもあるし、
Wiiということを活かして似顔絵キャラクタである自作のMiiを
ゲーム中に登場させることもできる。

1人用であるストーリーモードも用意されているが、
ストーリーはあってないようなものだし、難易度もそれほど高くないので
ボンバーマンに慣れるための練習モードと考えればよい。
ブロックを壊してもアイテムは登場せず、
ポイントを消費してキャラクタ自体をパワーアップする仕様。
セリフ部分がすべて平仮名なのは読みにくくて仕方がなかった。
せめて簡単な単語ぐらいは漢字にして欲しいところ。

全体的に3D表現にはなっているが、
マップやキャラクターの雰囲気はそのまま。
しかし、敵キャラがどのぐらいの高さにいるのか判断しにくかったり、
ボスキャラの影に主人公が隠れてしまって見難かったりすることもある。

Miiを登場させたときに表情を変化させているためか、
あまりにも元のモデルと違う顔になってしまうのが惜しい。
最後までクリアすることでストーリーモードの主人公を
Miiに変更することも可能になる。

一番のメインはやはり対戦で、
何より楽になったのがWiiリモコンがワイアレスであること。
4人が参加しようとコードが絡むことがなく、
リモコンそのものからも効果音が聞こえてかなり快適。

さらにゲームキューブのコントローラーをWii本体に指すことで
最高8人まで対戦ができるとのこと。
マルチタップなどの新しい周辺機器を買わなくても
人数分のコントローラーだけで対戦ができるのは便利だ。

対戦モードで全12ステージを一度ずつプレイすれば
対戦でもMiiの使用が可能となる。
色違いなだけのボンバーマンよりも
それぞれ顔の違うMiiを操作した方が熱い対戦ができる。

対戦ルールそのものが豊富に用意されている上に
ステージごとにアイテムの登場数などを細かく設定できるので、
シンプルに爆破を狙ったり、大量のアイテムでパニックになったりと
さまざまな遊び方ができ、接待ツールとしてもなかなか優秀。
損?★★★★☆
まあストーリーはカスだったのはしょうがないでしょう。
対戦は盛り上がるのは最初の三回くらいで…
あとは嫌々やるかんじ

ワイファイはいつも誰かとやれるしまぁ楽しい!
まけないぞと思ってひっしになってる自分がいたりします!
安いし損はしないかなとおもいます
ボンバーマン初心者にはもってこいです。★★★★★
当方ボンバーマン初心者ですが、
ボンバーマン初心者にも丁寧な内容となっています。
チュートリアルみたいなモードがあったり、
一人用モードでボンバーマンのやりかた・世界観のようなものに
慣れることができます。
一人用モードはじっくり考えて行動できるので
練習になりました。

メインはWi-Fi対戦ですね。

ステージも色々あり、アイテムもWiiならではのものも
あるので、対戦が白熱しますね。
微妙★★★★☆
ストーリーモードはハッキリ言っていらない。
ボンバーマンに慣れてる人なら特に詰まることなく簡単にクリアしてしまえる難易度です。
まあボンバーマンのストーリーモードが難しくても喜ぶ人はあまりいないでしょうけど。
64の時はストーリーモードに凝りすぎていて、もうちょっと難易度下げたほうがいいんじゃないかと思ったけど、これはもうちょっと凝ったほうがいいと思う。

バトルモードは8人対戦ですが、従来のボンバーマン同様とても楽しいのでバトルモードのために買うのはアリです。
コアユーザーはWiiwareで、ライトユーザーはソフトで★★★★☆
1人プレイのストーリーモードは結構簡単。
ボンバーマンに慣れている人にとっては物足りない。
初めてボンバーマンをプレイする人にはちょうどいいかもしれません。

「はじめてのボンバーマン」というモードがあり、これは初めてボンバーマンをプレイする人に爆弾の置き方からアイテムの1つ1つの解説まで丁寧にしてくれるモードです。このソフトの対象者はコアユーザーではなく初めてプレイするライトユーザー向けに思えました。

さて、ボンバーマンと言えば対戦ですが、設定自体はかなりいいと思います。爆風で相手を倒す普通のボンバーマンのモードの他に3つのバトルモードがあります。

1つ目はみきってバトル。これは空から降ってくる大量の爆弾からひたすら逃げて生き残りを狙うモードです。

2つ目は爆風に当たるとキャラの上でカウントダウンが始まって0になると死亡、0になる前に他のキャラにぶつかるとなんとカウントダウンのなすりつけができるカウントバトル。

3つ目はおうさまバトルといって画面上に1つある王冠というアイテムを制限時間が切れたときに持ってた人が勝ちというバトルです。

私が気に入ってるのはおうさまバトル、王冠をもってるときに爆風に当たると落としてしまうので皆が1つの王冠を巡って熱いバトルができます。

もちろん普通のボンバーマンでチーム戦もできます。

自分のMiiでプレイすることができ、アピールポーズも複数用意されているのでこういう小ネタも対戦を面白くします。

今回のソフトの売りの1つであるwifi対戦ですが、残念ながら世界戦はラグが多すぎて試合になりません。しかし、国内戦はあまりラグが起こらず割と普通に遊べます。(たまにラグが起こってがっかりすることはあるが)

このゲームは9月30日にWii wareで対戦モードだけのが1000円でダウンロードできます。上でも述べたようにストーリーモードは初心者向けなので、玄人の方はWii ware、ライトユーザーや初めての方はこのソフトを買われた方がいいかもしれません。

ソニックと暗黒の騎士

セガ
Nintendo Wii
"アーサー王と円卓の騎士"の世界を舞台に、セガのマスコットキャラクター、ソニック・ザ・ヘッジホッグが大冒険を繰り広げる高速ACT。中世ヨーロッパの世界に召喚されたソニックが、覇業への欲望のため変わり果ててしまったアーサー王の凶行を止めるために、見習い騎士となって悪に立ち向かう。本作の特徴は、『ソニック』シリーズではお馴染みのハイスピードアクションに初のソードアクションを融合させた "超高速騎士道アクション"。敵をロックオンしてなぎ倒す"ソウルサージ"や、壁面に剣を突き刺して移動する"ウォールスライド"などを場面に合わせて使い分けながら、多彩なミッションをクリアしていく。

http://dol.dengeki.com/
秘密のリングをも上回る最高作品!★★★★★
『ソニックと秘密のリング』から続くソニックストーリーブックシリーズ第2弾!
今回は『アーサー王伝説』に登場した中世ヨーロッパの世界を舞台にし、ソニックが再び大疾走!
だがこれまでのシリーズとは違い(逆にシャドウ・ザ・ヘッジホッグが始めとするが)、
ソニックは剣を装備して戦う事になる!

ストーリーは前回のアラビア風のイラストレーションとは違い、ヨーロッパ風に近いアニメになっている。
内容もとても面白く、どこか奥深さを感じる物とも言えるでしょう。
特に音楽はあの『CRUSH 40』が担当しているため、ソニックアドベンチャーシリーズからのファンには聞き逃せません。

操作方法に関しては、前回『秘密のリング』より優しくなっています。
ヌンチャクも使用する事になっただけでなく、リモコンを振る事で剣も振る事が出来ます。
ヌンチャクで動き、リモコンで攻撃! 正に爽快感のある操作方法です!
ただ敵を倒すのならまだしも、逆に一般人が邪魔をする場合があり、
誤って攻撃すると減点してしまうと言う設定になっているので、自由が多少利かなくも感じてしまいます。
でもそれを除くとしたら、操作方法はとにかく優しく、簡単で楽しいです!

冒険中に敵を倒したり、住民と交渉したり、宝箱を探したりする事でアイテムを入手する事が出来ます。
それぞれは自身を強くさせるためのアクセサリーを装備したり、ある条件を満たすと武器の合成が出来たりなど、
お楽しみが満載です。 他にもスタイル編成も可能で、変える事で異なるステータスで遊ぶ事が出来ます。
ミッションもありますが、前回とは違って簡単な物から難しい物まで分けられているので、
例え初心者でも既に慣れた人でも上手く遊べます。

総合的に言うと、前回よりも操作方法が初心者にも優しくなり、ストーリーも面白くなっています。
前回の『秘密のリング』に満足しなかった人には、とにかくお勧めです!
名作★★★★★
ソニックの絵本シリーズの2作目ということですが、正直かなり面白かったです。敵を倒すことを重視するシステムでありながら、従来のスピードもあり、やりこみ要素も多かったです。
ソニックのスピードで風のように駆け抜けながら、相手を次々に倒していく感覚は、かなり楽しいです!
ただ、気になる点があるとすればストーリーの短さとアイテムのレア度ですね。ストーリーの方は、まぁやりこみ要素が充実しているので、さほど気になりませんでしたが、アイテムのレア度は結構大きいです・・・。やりこむにつれて、レア度の低いアイテムがどんどん取りづらくなるシステムは、前半で取り残したアイテムが取れなくなってイライラする事が・・・。

ただ、その点を含めて評価しても☆5個が相応しい面白さです。前作、秘密のリングを買った人もそうでない人も是非プレイしてほしいゲームです。
速き事、風の如くなる騎士★★★★★
ソニックシリーズの良いところって飽きない所ですよね
ステージのタイムを縮める為に何度も走って、走る度に違うアクションを見つけて
自分の指先の限界に迫るという
零コンマ一秒デスティニー(TA的な意味で)で辛酸を舐めたりします
でも暗黒の騎士って今迄みたいにタイムから得点の換算ってあんまり無いみたいだから、がむしゃらに進むだけじゃ駄目
ソウルサージでカッ飛ばしても、敵に絶対背を向けない
暗黒の騎士は今迄のTA以上に燃えちゃいます
道覚えるだけじゃない
効率的な敵の倒し方
瞬時に攻撃を切り替えるテクニック
……まぁそんな事が出来なくても爽快感は味わえます←
出来たらもっと楽しいけれど
音楽はいままでのファンが思わずニヤリとしてしまうものが多数
新規さんはソニック音楽の素晴らしさを体感して下さい

幾つか残念なものを上げるとすれば
シルバーとジェットが本編で使えない事
バトルがちょっと物足りない事
超高速騎士道アクションと言うなれば、ステージで競争したり、一騎打ちなんかもしてみたかったな
バトルは一部のルールを除いてスピードはかなり遅め
実はアーサー王も使えるけど、リーチが鬼畜過ぎるWWW
前半はすごく簡単だけど・・・・・・。★★★★☆
前半はテキトーにwiiリモコンを振っているだけで
クリアできたけど、エンディングの後のミッションは難しくて、
進めていけてません(泣)   (腕が悪い?)


最初の方は操作は難しく感じますが、慣れてくると結構いけます。

ストーリーは結構楽しめました。
(ソニック、カッコイイです!!)
ソニックに興味があったり、操作に自信のある人は
やってみてもいいかもしれませんね。
コダワリの見える良作!★★★★★
ストーリーが少し短い気もするが、「がんばれば一日でエンディングまで行ける」という今時珍しいソフト。
しかしやりこみ要素は半端ではなく、むしろクリアするまでは操作の練習といったほうがしっくり来るかも。
超高速アクションをしながら剣を振るという独創的な本作品には、以前と同じものは作らない!という製作スタッフのコダワリが見えるようです。
前述の通り、ストーリーは短いので「ゲームはエンディングを見たらもう終わり」という人には値段分の価値は見出せないでしょう。
個人的に感動したところはリトライが物凄く快適なこと。アクションゲームにミスはつきものですが、失敗しても、やり直しをしても、残機という概念がないために、プレイヤーが諦めない限りは無限に挑戦できます。その上、ほとんどディスクのロードが入らずに画面が切り替わるので、前作「秘密のリング」からさらに快適になっています。
ソニックとしてはかなり変化球ぎみな作品ですが、むしろソニックを体験したことがないという人にはちょうど良いと思いました。