任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ)(特典無し)

任天堂
Nintendo Wii
きもちいい★★★★★
第一印象はちょっとアレンジした北欧神話風味の地球防衛軍です。

キャラの高速移動のモーションは武器や魔法も多種多様で良いです。

オフライン2Pも欲しかったですが操作の特性上、画面分割プレイは難しいのかもしれませんね。

後半はマナを集める作業が辛いですが、それでも面白いです。
地球防衛軍と同じくらい熱中★★★★☆
■良い所
・ステージ数が多い(63ステージ)
・武器の種類が多い
・巨人の部位破壊が爽快
・オンライン協力プレイができる
・時間を忘れて夢中になる要素がある
・難易度の種類が多い

■悪い所
・難易度ノーマルでもしんどい
・30分以上かかるステージもあり、死ぬと最初からなので疲れる
・敵に囲まれると一瞬で死ぬ
・地球防衛軍みたいに武器を拾うほうが良かったかな、結晶集めがしんどい


■総評
グラフィックよりゲーム性を重視する人にオススメです。
ほんの少しのつもりが、あともう少しだけと言って、
何時間もプレイしてまうくらい中毒性は高いゲームでした。

いい意味で任天堂らしくないゲーム。
斬撃の地球防衛軍★★★★★
地球防衛軍4を待つ間に、是非やっておきたいゲーム。
モンハン+地球防衛軍要素が加わった感じ。
難易度はイージーからあり、やりこみ度満点。
パッケージからは、想像できない面白さです。
もし、不満点をあげるなら結晶などの集め方が効率的に回収したいかな。
でかい結晶とかを取れば、たくさん取ったことになるとか。
勝手に回収してくれるとか。
まぁ、そんなことしたらオンが喧嘩になりそうですが(苦笑
あとはオンとオフのデータを別にしないで欲しいな。
なんか二度手間です。
あと中毒症状起こさない程度にやりましょう。
何か突き抜けた面白さがある★★★★☆
評判が良いので購入したが、かなり面白い。
もちろんモーションプラスも一緒に買った。

操作はチュートリアルがムービーのみで、手探りで自分に有った感度調整などが必要だが、
そこを乗り越えて自由に動かせるようになると爽快で楽しい。

プレイヤーは性能が異なる2人から選べるが、特にフレイヤの魔法がオススメ。
うじゃうじゃいる敵めがけてズドーンと大爆発を起こしたりできるので爽快。
他にも大剣で巨人をぶった切ったり、弓で蜂の巣にしたりとやりたい放題。
敵は適度に吹っ飛んだり、千切れたりするので、グロがダメな人は少し注意が必要だが、
かなり爽快感がある。

個人的に無双系に近いが、良い意味で少し違うなーと言う印象。
ファンタジー版地球防衛軍という感じ。
攻撃に個性があるし、やはりリモコン操作がアツイ。

またゲーム中にNPCがしゃべりまくるのも好印象。
ここまでしゃべるゲームは余りないなぁと考えていたら、
地球防衛軍は結構しゃべっていた気がするけど、ああ言うノリでしゃべるので、
結構笑えたり、共感できる部分がある。

ボリュームもなかなか有るし、難易度もイージーから有るので、
軽くアクションを遊びたい人にもオススメかと思う。
少し癖は有るが、充分に面白いWiiらしいゲーム。

気がつけば延々プレイ★★★★★
オフラインクリア(難易度ハード)。
オンライン終盤(難易度ノーマルorイージー)まで進んだ段階でのレビューです。

まず先にこのゲームの難点から書きます。

このゲームはとにかく五月蠅いです。音が大きいという意味ではなくNPCがよくしゃべるんです。
メニューにおいてもいちいち説明を語り、オフラインのゲーム中もNPCがいちいちしゃべります。
慣れればどうってことないのでしょうけど、ストーリーだったりNPCのしゃべる内容が中二くさいので、聞いててちょっとウンザリしました。
※オンラインになるとNPCが1人も出ませんのでゲーム中は至って静かになります。

というわけで買った当初は失望を禁じ得なかったのですが、ちょっとヤリ込んでみると、その単純だけどクセになる快感に魅了され、気がつけば延々とプレイし続けてたりします。


このゲームの基本はリモコンを剣に見立てて振り回すことで敵に攻撃が出来ますが、敵に当たればリモコンが振動し、ユーザーに敵を切り刻んでいる感触をフィードバックしてくれます。
逆に攻撃がスカった場合は手応えが無いので、攻撃が当たったか外れたかの判別が体感的にフィードバックされます。

また、他の攻撃方法で弓もあるのですが、矢を引く動作をすることでキリキリという音をリモコンから発し、まるで本当に弓を引いているような錯覚すらおぼえます。

これらの「感触」によって「敵を切り刻んでいる感」が高まり、翌日に筋肉痛になるくらいプレイしてしまってたりします(汗


敵は三国無双のように無数に現れます。大半は1〜2撃で倒せる小物ですが大物も何体か混じって現れます。
大物は手足を狙って切り刻むとモンハンで言う部位破壊が出来ますので、腕を破壊して攻撃を封じたり、足を破壊して移動を止めたり倒すことで弱点の頭を狙いやすくしたり出来ますが、手足はちょっと時間が経つとすぐに復活するので注意が必要です。
敵やボスのバリエーションも豊富で、序盤は圧倒的にプレイヤーが強いですが、移動速度が速い敵や空中を移動する敵もおり楽しませてくれます。

また、ステージがオフラインで60数面。オンラインで80面以上ある上に、各ステージごとに難易度を選択できてクリアしたら☆マークが点灯します。武器も300くらい存在するそうで(僕は半分程度まで出しました)、ヤリ込み系が好きな人だと長らく楽しめると思います。

言葉にすると、PS3やXBOXの類似ゲームだとボタン連打や必殺技で敵をなぎ倒すところを、このゲームはリモコン(剣)を降るという操作に置き換わっただけではありますが、実際にプレイすると目からウロコだと思います。
リモコン操作方法もオプションで細かくチューニングできますので、いろいろ試行錯誤されて自分にとってベストな設定を見つければ、よりいっそう辞められなくなると思います(苦笑

なお、オンラインはキーボードを使ったようなチャットが出来ず、いくつかある選択肢の中から言葉を選んで発言する方式です。
慣れると必要最低限の意思疎通は可能ですが、最初はかなり戸惑うと思いますので、オンラインの一人プレイ(部屋のルールを「フレンドのみに公開」にする)にしてチャットの練習をすると良いと思います。


グラフィックはお世辞にも綺麗とは言えませんが、Wiiでは一番オススメのゲームです。
くれぐれも筋肉痛にはご注意を(苦笑

大怪獣バトル ウルトラコロシアムDX ウルトラ戦士大集結(初回特典「ウルトラマンベリアルカード」封入)

バンダイ
Nintendo Wii
このボリューム、正に究極(ウルトラ)。光の戦士、多数参戦!
怪獣同士が戦うWii「大怪獣バトル ウルトラコロシアム」にウルトラマンたちが参戦!!
最新キャラクター ウルトラマンゼロ×ウルトラマンベリアルが早くも登場!

◆追加要素!ウルトラマンで遊びつくせ!!
●ウルトラマン計20体以上をメインバトラーに追加!
前作と比べ、キャラクターを大幅に強化!今まで遊べなかったウルトラマンたちを操れるので、楽しさ倍増!
メインバトラーは怪獣を含めて90体以上!

●追加モードでウルトラマンたちと対決!!
「VSウルトラマンモード」を追加!ウルトラマンたちと対戦し、倒したウルトラマンたちがメインバトラーで使用可能に!

60体以上の怪獣同士で迫力のバトルはそのまま収録!!
●怪獣をWiiリモコンで操れる!
本ゲームは、Wiiリモコンを「振る」だけの簡単操作で、壮絶なるウルトラ怪獣たちのバトルを展開できるので、未就学児のお子様とお父様で本気のバトルが可能です。

●オリジナルストーリを58話を収録!
ストーリーは円谷プロダクション監修のWiiオリジナルのもので、3Dで動くデモシーンはすべてのバトルの前後に挿入されております。エピソードは50話以上(通常エピソード49話+スペシャルエピソード9話)と特大ボリュームです。

■親子で楽しめる3つのミニゲーム!
バトルコロシアムモードの3つの対戦可能なゲームは、その単純なゲーム性から、年齢やゲーム経験を問わず盛り上がります。怪獣ならでは、それぞれ舞台のスケールが大きさところも必見です。

■動く怪獣を鑑賞できる!
集めた怪獣を鑑賞できる、「大怪獣データ図鑑」は、円谷プロより当時の写真を250枚以上を収録しており、お子さんが喜ぶのはもちろん、お父さんたちのノスタルジーも誘います。もちろん!新たに追加された光の戦士も図鑑に収録!
怪獣好きなお子様にはオススメです。★★★★☆
前作を子供たちが楽しそうにプレイしていたので購入しました。
ウルトラマンモードが追加された程度でほぼ前作と同じecoな仕様なので大人的には不満が残りますが、子供たちは今回も楽しそうにプレイしていますので星4です。

前作のパスワードがすべて使用可能ですのでキャラクター集めはさほど大変ではないです。
前作とほぼ同じ★☆☆☆☆
前作が楽しかったので、子供に頼まれて買いました。
ところが、前作と全く同じ内容ですよね!?
ただウルトラマンで戦えるように変わっただけでした‥

また同じのじゃん!と、子供もガッカリしていました。
こうなったらパスワード入れるしかない★★☆☆☆
バトルシステム自体は非常に単純。基本はリモコンを振りまくるだけ。
しかし、まともに怪獣たちを集めようと思うと腕のだるさからいつまで経っても開放されない。
そんな時にはパスワードで「89605845」と入力すればとりあえずほとんどの怪獣を使用できるようになる。
我が家のように子供がただ色々な怪獣たちを使ってみたいだけの場合はこれで多少おもしろくなってくる。
後はひたすらお父さん・お母さんがvsウルトラマンモードでウルトラマン仲間を増やせばOK
総評としては怪獣とウルトラマンが全て使えるようになれば、ウルトラマン好きの幼稚園児が満足するレベル
ひたすら300体以上の怪獣をパスワードなしで集めようとすると、つらいソフトでしか無くなってしまう。
少しでも世の中のお父さん・お母さんの助けになればと思い書き込みいたしました。
子供は楽しんでます★★★★☆
前回の怪獣バトルを購入して子供が楽しんでたので
今回も購入しました。

おもちゃやなどにあるカードダスで遊ぶ類のシステムが
そのままなので子供もコントローラーを振って遊んでます。

前回よりウルトラマンファミリーが大幅に増えそれが使用できるようでずっと遊んでやってます。前回が楽しめた子供さんなら大喜びではないでしょうか?
がっかりです★☆☆☆☆
プレステ2で出ていた、ウルトラマンシリーズと同じ
感じかと思いきや、アーケードの機械を意識した作りで
操作は要所要所でボタンを押すだけ
(最初はリモコンを振る設定ですが変更可能)
ガンバライドみたいに、ゲージがあがったところで
ボタンを押す、適当なところで必殺技って感じです。

必ずラウンド5まであるのかわかりませんが
毎回5ラウンド、ただボタンを押したり
あっち向いてホイの要領で十字ボタンを押す
攻撃や、ガード(相手と同じ方向を押すと失敗に終わる)

このシステムで、300体以上のキャラクタを集めるまで
プレイする気にはとてもなれません。

5歳になる息子が、プレステ2のウルトラマンをすごく
楽しんでいたので、購入しましたが、全く興味をしめしません。

今日発売ですが明日売りに行きます。
今までのシステムを何故やめてしまったのか
理解に苦しみます。
流行りということなんでしょうかね。

前作が面白かったから購入を考えてる方は
やめた方が良いです。
全く違うゲームと思えばいいのかもしれませんが・・・・