任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

SIMPLE Wiiシリーズ Vol.6 THEワイワイ・コンバット

D3 Publisher
Nintendo Wii
本作は、誰でも簡単操作で遊べる対戦型アクションゲーム!ゲームの舞台になるステージは全部で3種類!
「海上基地」や「空中要塞」、「研究施設」など、それぞれの特性を把握して、武器を使い分けよう!
Wi-Fi対戦では最大6人まで同時に遊べる。その他にも、「バトルモード」や「ミッションモード」「フリーバトルモード」など、全部で5種
類のモードが存在!対戦モードで白熱バトルが楽しめる。
武器には、射撃武器と投擲武器、近接武器の3種類がある。マップの構成やリロード時間、装填数などが異なるため、武器を使い分ける必要があります。
ゲーム開始時は、必ず射撃武器の一番弱いものを装備してゲームをスタートします。フィールドに点在する武器に触れるとその武器に持ち替えることができます。相手が武器を拾いに来ることを待ち伏せたり、近接武器でガンガン向かっていくなど、自分に合った戦略で進めることができます。
1日で楽しみが・・・★★★★☆
ステージもそれなりにあり、武器も結構ある。アピアンシステムもけっこういい。
チャレンジのステージも多い。
ただ、その楽しみは一日で終わった。
こういうとき、時間を延ばせるのは、ステージエディットだ、と自分は思う。
いままでPS2のエディットレーシングをやった事がある。あのステージ作成は楽しかった。
これもそういうのがあれば何日か楽しかったかも。
あと、結構嫌だった点。チャレンジの、一発の攻撃で死ぬやつで、死んだ後、撃った敵が何事もなかったかのように去っていくのが、お前なんか敵じゃないと言ってるみたいでイラッときた。
なかなか良かったです★★★☆☆
・パッケージ裏には「ヌンチャク対応」とありますが、ヌンチャクが無いとプレイ
  出来ません。必須です
・アナログスティックの傾き加減で走ったり歩いたり出来ます。ジャンプ、しゃがみ、
  横跳びなどのアクションもありますが、操作は分かり易くシンプルだと思います
・WiFi(ネット対戦)がついていますけど、ほとんど誰も居ない。ツライです
  せめてマリオカートの様に1台のWiiから2名参加が出来れば良かったと思う
・対戦時、回復や防弾チョッキなどのアイテムは1回とると、もう出てこないのが
  気になった。時間やポイントによって再配置されて良かったと思う
・ロード画面が多く、セーブ画面も長く感じました
・異なる作品で同じアピアン(Miiみたいなキャラ)を使えるのが楽しい
  衣装やアクセサリー集めのお陰で1人用も結構楽しめました
  個人的にはMiiもそのまま使えたらもっと良かったと思う
・「声」も出れば良かった
・男の子ピアン、女の子ピアン、両方の衣装を集めをしてたら、どっちのキャラで
  どのステージをクリアしたのかわからなくなってしまった。
  ステージクリア情報は共有されていてもいいけど、詳細表示が欲しかった
・これまでのシンプルシリーズに出演しているキャラクターも出てくれると嬉しい  
・しかし、このSIMPLEWiiシリーズの開発が止まってしまっているみたいなので、
  今後、衣装やアクセサリーが増えるかどうかあやしい。
・1人用以外でも衣装やアクセサリー集めが出来れば良かったと思う。いつ、どの
  ミッションで衣装が貰えるかわからないし、対戦する事の方が多いので、プレ
  イする度にポイントが貯まるなどして、好きな物から好きな順に購入とか出来
  れば良かった思う
・やっぱりステージ数が3つだけは少なく感じる。対戦でもステージ障害物の配置
  パターンが変化したり、S・M・Lとかサイズだけでも選べれば良かったと思う
・「シンプルシリーズだから」「安いから」という妥協で、まだまだオモシロく
  なりそうなゲームなのに一手間加えなかった感があるのが残念ですが、
  お手軽に遊べて対人戦も楽しく、ふわふわした雰囲気で遊べました
貴重なカジュアル・サバゲーが★★★☆☆
面白い!
子供の頃、水鉄砲や輪ゴム拳銃で撃ち合った経験が蘇るようだ。

ゲームとして高い知能を持つ者同志の撃ち合いは最高にスリルがある。
サバイバルゲームもそう。
なにより、この頭の大きいキャラクター同士の撃ち合う姿は単純に笑いを誘うし、シリアスになりようがない。
また、この頭の大きいことによってヘッドショットがバシバシ決まるのが楽しい。

しかも自分や対戦相手のキャラクター(アピアン)を自由にカスタマイズ出きるので、対戦時には「なにそれ!」「マジ○す」と盛り上がる。
(カスタマイズパーツは同じSIMPLEwiiシリーズでも手に入る)

最初、武器は戦場に散らばって配置されており、拾うことで選べるが、それぞれ長短あって戦略的に戦える。
ステージは3つしかないけど、距離や高低さや状況が意外なほど練りこんであってしばらく飽きない。


FPSとかTPSと言われて意味の分かるゲーマーには物足りないと思うけど、殺伐とした次世代FPSの中、このポップでキュートなサバイバルゲームはとても貴重。

さくっと買って、さくっとプレイしてみ。

エレビッツ

コナミデジタルエンタテインメント
Nintendo Wii
酔うのが残念★★★☆☆
ゲーム自体はよく出来ていると思うし、楽しめます。でも、なにせ酔います。。
もう少し、物を放り投げる時など、何かを掴んで大きくリモコンを振る時には画面を固定するとか、
酔わない工夫が出来たのでは?と思うとその辺の配慮の足りなさが残念です。

でも、酔いに強い方なら楽しめる作品だと思います。現実世界では確実に不可能な大きな物を放り投げる、
という行為がストレス発散になります。分かりやすいゲームだしそんなに好みが分かれるような感じも
受けないので、酔いさえしなければこういうものが万人ウケするのかな?と思う作品です。

とにかく酔いやすい方にはおススメしませんが、酔わないなら誰でも気軽に楽しめるゲームだと思います。
やりこむ、とかいうよりも空いた時間に気軽に楽しめる、そんなゲームです。
酔います、かなり★☆☆☆☆
おそらくゲームで初めて酔いました。
ゲーム自体は面白いのですが、妙にぼやけた感じの画面+ビュンビュン視点が変わっていくので、かなり酔いました。
弟がやっているのを見ている分にはまったく酔わないのですが、自分で操作すると酔うのは画面に集中してしまうからでしょうね。

ただ前述のとおり、弟はまったく酔う様子はなかったので個人差だと思います。
酔わなければ、酔わなければ楽しめたのに。3Dのゲームで酔う、という方は注意が必要です。
直感ゲームの最高峰!★★★★★
Wii本体との同時リリース作品にして最高傑作です(言い過ぎかもw)
Wiiリモコンの特性を活かした直感的操作がとてもおもしろくて、
「Wiiというゲーム機が秘めている可能性」
の一部分を垣間見ることができます。

本ゲームを初プレイしたときは、
グルグルまわる画面に体がついて行けなくて酔ってしまいましたが、
ある程度プレイして「視点操作の力加減」を覚えると、
すぐに慣れることができました。
ですが、酔う酔わないは人それぞれの体質によるものなので、
三半規管が弱い人には、ちょっとツライかも知れません。
臨場感のある楽しいゲーム★★★★★
要領を得るまでには多少時間がかかると思います。
最初はとにかく家具やモノをひっくり返してエレビッツを探していきますが、次第に音や体力の制限などもついて高度になっていきます。

私はこのゲームかくれんぼ的な要素も好きですが、暖かみのある雰囲気も素敵だと思います。子供部屋・AVルーム・キッチンなどの様々な部屋が出てきますが、どの部屋もかわいく作られているので、家の中を動き回るのがとても楽しいです。
エレビッツ可愛い。★★★★★
壷や箱を「掴んで」振ってエレビッツを発見、ベッドを動かして後ろに隠れているエレビッツも発見、、と難解な操作方法もなくチュートリアルを参考にすれば誰にでも遊べるゲームだと思います。

遊び方も簡単で、基本は隠れているエレビッツ達を吸い取り?それをワットに変えて電化製品に電気をつける、みたいな感じで「かくれんぼ」のようです。ストリーモード・複数プレイなど数種類のモードもあって思っていたより簡単で面白かったのが意外でした。ただ、残念なのは納戸などのドアを開けるとすぐ閉まってしまいそれで時間を喰ってしまうので開けたら開けっ放しに設定したほうがよかったと思います。結構、それでイライラします。

買ってみて損はないと思います。

はたらくヒト

ハドソン
Nintendo Wii
Wiiリモコンとヌンチャクを使って、50種類のお仕事アクションが楽しめる新感覚のバラエティーゲーム。1人用のストーリーモードでは、通販好きの主人公が地球に接近する巨大隕石を撃退するために、働いて稼いだお金で通販グッズを買いまくる。仕事は完全歩合制となっており、上手に働けば働くほど給料がアップ。通販ショップで買い物したあとは、購入金額に応じて貯まるポイントを隕石撃退グッズと交換して隕石を破壊する。選べる仕事は、ゲームクリエイター、ニュースキャスター、寿司職人、歯医者、スタントマン、ゴールキーパー、ピエロ、通訳、救急隊員など多種多様。ストーリーモード以外には、友だちとテクニックを競える対戦モードもある。

http://dol.dengeki.com/
タイトル通りのストーリーにしてくれれば…★★★☆☆
このソフトは、色んな職業を体験できることが売りだと思います。
実際、50種類もの職業をモチーフにしたミニゲームを遊ぶことが出来ます。
…けれど、そのミニゲームが、非常におしい出来なんです。どれも、発想はよいんですが、殆どのミニゲームに制限時間があるので、腰を落ち着けて職業を体験することは出来ません。本当に「ミニゲーム」という感じ。
正直言って、職業の種類を増やすのではなく、30ぐらいに絞っても、腰を落ち着けて出来るものにした方が、ゲームとして面白かったと思います。
そして、既に前の方が指摘しているストーリー内容ですが、正直このゲームには合っていないと思います。
大体、隕石激突阻止のためのアイテムを買うために、仕事をしてお金を稼ぐという、働く動機として不純といえる流れにしなくてもよかったかな。変なコミカルさがかえってアダになっていると思います。
それだったら、もっと働く重要性、楽しさを全面的に押し出したストーリーの方が、このゲームのタイトルに合っているし、内容にも合っていると思いました。
面白い!!★★★★☆
ずっと気になってて、どうかなぁ‥という思いで一か八かで購入してみました。Wiiリモコンを縦に使ったり横にしたり、振ったり、グルグル回したり、そんなに激しい操作ではないけど、時間制限がある中でけっこうムキになって操作したりして、十分楽しめるし、ハマってます!長いスパンで遊べるので買って良かったと思ってます。仕事して稼いだお金でアイテムを買ってポイントをためる地道な作業ですが、仕事の種類も豊富だし、レベルアップすればお給料があがるしで、しばらくの間楽しめそうです。仕事をいつでも楽しめるフリーモードと、対戦モードもあります。値段設定も丁度いいくらいだと思います。ストーリーのくだらなさがプレステの「俺の料理」を思い出しました<笑>
最悪★☆☆☆☆
ストーリーモードをプレイしましたが、かなりストレスのたまるゲームです。

確かにミニゲーム自体は慣れれば面白いかもしれないですが、それ以外全然ダメです。
まず、ストーリーの進行がギャグ含めたとはいえふざけすぎ。
かなりあきれました。
また、ミニゲームの最中は操作方法の確認ができなかったり、物体が違づくイベントその他がスキップできなかったり、ポイントアイテムがスカしまくったり、バッドイベントが起こる確率が高すぎたり…。

かなり腹立ちます。
自分としてはあまりオススメできません。