任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

UFC 2009 UNDISPUTED

マイクロソフト
Xbox 360
UFCの激しい攻防を余すところなくゲーム化した格闘ACT。最新のグラフィックエンジンにより、各ファイターの姿形だけでなく仕草や傷跡、そして試合中に流れ出す汗までがリアルに再現されている。UFCファイターは、全階級の中から日本人選手も含む選りすぐりの80人が実名で登場。モードはオリジナルファイターを育成してUFCのチャンピオンを目指す"キャリア"、過去の名勝負をプレイヤー自身が再現することで秘蔵実写映像を鑑賞できる"クラシックファイト"、世界中のプレイヤーと腕を競う"オンラインプレイ"などを搭載。オリジナルファイター作成時は、外見やファイトスタイル以外にストライキングやグラップリングの強さなどまで細かく設定できる。

http://dol.dengeki.com/
ミルコの構えが逆なことは気になったが★★★★★
キャリアモードを2回クリアした。プレイ時間はおそらく40時間くらい。

素晴らしいゲームだった。MMAファンは買うべき。マニアックな攻防を心行くまで楽しめる。

続編は絶対に買う!
ビックリです!★★★★★
今まで色々な格闘技ゲームを遊んできたのですが最高です。
選手の似ている事や斬新なシステムに驚きです。
特にキャリアモードはやり込みがいがあります。
他にも特典映像が手に入るモードがありますし。
UFC好きな方は是非、遊んでみてください。
ランペイジ、ヴァンダレイ最高!
格闘ゲームの最高峰★★★★★
良い点
総合格闘技ゲームでは最高峰のグラフィック。
キャラが80人もいる。
画面からUFCの雰囲気は十分すぎるほど伝わる。
初心者でもビギナーですれば結構勝てる。
慣れればノーマルにしても互角に戦える。
5ラウンドに設定すると手軽にタイトルマッチができる。
今のところオンラインは盛況。ADSLですがオンラインはラグなくできるので良いです。
みなさん強いので挑戦しがいがあります。


悪い点
サブミッションがかかりにくい、またかける時スティックをグルグル回さないといけない点。
ポジション移行がリアルになった分、操作が複雑になった。
攻略本がない。(知らないキャラのことを知りたし、コンボなどをすぐに確認したから)
ほぼ同じサブミッションしかなく、キャラ差があまりない。キャラ固有の技はあるのか?
ミルコがオーソドックス。というかみんなオーソドックス。
COM同士の対戦ができない。
入場シーンがない。
オンラインでクイックマッチを選択すると検索中で高確率でフリーズするのでカスタムマッチ経由でプレイしている。
TKOやサブミッションが極まった時、UFC2004みたいにレフェリーが間に割って入る演出などがあった方が良かった。実際のUFCでもそうだし。

何だかんだ言って格闘技、UFC好きには垂涎の一本です。


UFC★★★☆☆
総合系である為覚える操作は多量にある。まずはそこをきちっと覚えないと全く面白さを感じ取ることは出来ないだろう。正直そこで投げ出す人は少なくないと思う。コマンドも複雑で覚えにくい。更にはオートセーブである為負けた記録等残るのが極めて拘る自分としてはその時点でアウトだったが。ちょこちょこと読み込みの文字がいちいち小さな事まで字幕で表示されるのはストレスだ。 やはり、総合系の格闘ゲームはなかなかゲームとして表現しにくい。
久々の当たりゲーwww★★★★★
体験版を二ヶ月前からやり込んでて
やっと発売><;
自由度が高く 打撃、投げ、締め等の攻防戦が
かなりリアルです(^^ 自分の等身をつくれたりw

お兄とずっと体験版で対戦してました・・・
23歳のいい大人がハマッてまうとは・・苦笑

ちょいオンラインいって実力試してみます♪

あと、悪い点で言えば ゲームロードがちょこちょこ
入るので、気になります
そして、キャリアモードに出てくるミルコクロコップが弱い(笑

Wii【メーカー生産終了】

任天堂
Nintendo Wii
Wii(ウィー)
発売日:2006年12月2日(土)
メーカー希望小売価格:25,000円(税込)

【特徴】
だれでも遊べる直感操作。
Wii リモコンは、片手でテレビ画面に向けるだけのカンタン操作。さらに振ったり、ひねったり、指したり…と、直感的にプレイすることができるので、ニンテンドーDSのタッチスクリーンと同様に、年齢・性別・ゲーム経験の有無を問わず、誰もが自由自在に操作できます。そして、これまでに見たこともない新しいプレイスタイルは、隣にいる人を"プレイの輪"の中へ誘い込みます。

【セット内容】
■Wii 本体 × 1
■Wii リモコン(ストラップ付き) × 1
■ヌンチャク(拡張コントローラ) × 1
■Wii 専用ACアダプタ × 1
■Wii 専用AVケーブル × 1
■Wii 本体専用スタンド × 1
■Wii 本体専用補助プレート × 1
■センサーバー × 1
■センサーバースタンド × 1
■単三乾電池 × 2

【サイズ】
[本体] 幅 44mm 高さ 157mm 奥行き 215.4mm (突起部分を除く)
[本体スタンド] 幅 55.4mm 高さ 42mm 奥行き 225.6mm (突起部分を除く)

【通信機能】
■無線LAN(IEEE802.11b/g準拠)またはLANアダプタ(オプション)によるインターネット接続
■任天堂独自プロトコル方式によるニンテンドーDSとの無線通信

【ニンテンドーゲームキューブ互換】
ニンテンドーゲームキューブのソフト、コントローラ、メモリーカードなどの周辺機器が利用可能(ただし、モデムアダプタ、ブロードバンドアダプタ、ゲームボーイプレーヤー、AVケーブル、ACアダプタを除く)

【ドライブ(対応メディア)】
Wii用12cmディスク(1層/2層ディスク)、ニンテンドー ゲームキューブ用8cmディスク

【入力端子】
■USB2.0 × 2
■SDカードスロット × 1
■ゲームキューブコントローラポート × 4
■ゲームキューブメモリカードスロット × 2
■AVマルチ出力端子 × 1(新AVケーブル採用)
■センサーバー接続端子 × 1

【その他の機能】
■アプリケーション、データ等の保存領域として512MBの内部フラッシュメモリ搭載
■オペラブラウザ(オプション)
■バーチャルコンソールのゲームやブラウザなどフラッシュメモリ内のアプリケーションを高速に起動

【コントローラ】
サイズ:縦 148mm 横 36.2mm 厚さ 30.8mm (突起部分を除く)
通信機能:Bluetooth(短距離無線通信)による無線接続、最大接続台数:4台、プレイ可能距離:テレビから5m

操作部:
■ポインター:画面を指し示すポインティング機能
■モーションセンサー:傾きや動きの変化を検出(3軸)
■本体の電源スイッチ
■A、B、十字ボタン

その他の機能:
■振動機能
■拡張ユニット接続可能
■スピーカー
■プレイヤーインジケータ
■-(マイナス)、Home(ホーム)、+(プラス)ボタン
■1、2ボタン