任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

罪と罰 宇宙の後継者

任天堂
Nintendo Wii
ひらめきで切り抜ける!★★★★★
■雑感
バランスが良い。
回数を重ねるほどに攻略の糸口が掴め、ひらめきが活路を作る場面も多々あり、ついついリトライしてしまう。
操作も複雑でなく、組み合わせや場面にで多様に変化し、決して単純ではない。
コンテニュー無限なのでクリア難度は低くなったが、ランキング上位はノーコンテニューが必須。
極めたい人も、クリアを目指したい人も、好きなスタンスで遊べるのがうまい。
■前作との比較
思い切った変更があるものの、悪くなかった。
あまりに前作を愛してしまうと違和感は拭えないようにも思うが、それで楽しめなくなるようなゲームではない。
大抵のマイナス評価はほとんどそこに絞られているので、あまり気にせず遊べる事を強くお伝えしたい。
■ホバー
地上の必然性がなくなるといった意見もあるが、地上にいる間はそれだけで得点が入るため、スコア狙いには必須。
個人的にはホバー時の慣性が細かい操作の妨げになるので、できる限り好んで地上でプレイしていた。
しゃがみが有効な場面があったので、地上の使い方を見つけられるかはプレイヤー次第。
■声
逆に本作のような日本語ボイスが初めにあったとしたら、前作の声の方が違和感があるだろう。
前作があまりに完成され、愛されたゲームだったからこそ、その違和感すらも魅力的に感じるのはわかるが、本作においては些末な点だ。
■ストーリー
明確な解を与えないのはトレジャーらしさだと言える。
今作は壮大なスケールの設定のなかで、極めてマクロな部分を傍観しているに過ぎない。
従ってキャラクターに感情移入できなければ陳腐に感じるのは仕方ない。
それよりもゲーム的な演出に目を向けたい。
知らなければ何でもない場面も、わかる人には明らかなオマージュを感じ、ニヤリとできるはずだ。
マニアにこそわかるその数々を見逃してしまうのは非常に勿体無い。
Wiiを舐めてました、ごめんなさい。★★★★★
■良い所
・飽きさせない作り込み、似たようなステージはないんじゃないかな。
・次から次へとボスが出てくる。
・そのボスの攻略方法を探すのがまた楽しい。
・GAMEOVERに何度なってもすぐに再開できるのが初心者に優しい。
・主人公によって攻撃方法が変わるのがいい。

■悪い所
・物語が説明不足
・主人公が半ズボンを履いた小学生?
・難易度が少し高い


■総評
Wiiのヌンチャクコントローラーをはじめて使いましたが、
新感覚で脳に刺激的だった。まさに体を使ってプレイしている感じでした。
こういうゲームらしいゲームが売れて欲しいですね。
自分の中ではWii=子供のゲームと思っていたのですが、
このゲームをプレイしたら、そんな考えは吹き飛びました。

久々にオススメのゲームです。
Wiiの真髄はシューティングゲームにあり!★★★★★
ヌンチャクで敵の攻撃をさけて、リモコンで狙い撃つ。
シンプルな発想ですがここまでリモコン&ヌンチャクの魅力を体現した操作も
他にないように思いますね。

ステージはチュートリアルも含めれば全部で8つ。
レースゲームのようなスピード感のあるものや、
縦や横にスクロールするものなど変化に富んでいて面白いです。
どのステージにも3〜5体ほどのボスが用意されているので
戦闘に次ぐ戦闘でかなりの集中力を要しますが、
個人の技量にあったペースで進められるような配慮として
細かなセーブポイントも設けられています。

難易度は一番やさしい設定でも
前作を遊んでいる私にさえ難しく感じられる程度ですが、
それだけにクリアした時の達成感は大きいですね。

今作はすべてのユーザーがエンディングに辿りつけるような内容ではありませんが、
独特な操作自体が面白いというある意味で本当にWiiらしいゲームなので、
これまでシューティングというジャンルに馴染みがなかったような方にも
是非遊んでもらいたいと思います。
良い高難易度★★★★★
ポインタとシューティングゲームの相性の良さを痛感させられます。色んなコントローラで遊べますが、断然オススメなのは初期同梱のリモコン&ヌンチャクです。
本作はアクションシューティングというジャンルで、敵の攻撃を様々なアクションでかわしつつ狙い撃つことになります。
非常に面白いですし、中毒性も高い。あと、格好いいです。上手くプレイできると「あれ、なんか自分ゲームできる人みたい!?」と勘違いできる。そういうゲームっていいですよね(笑)。
特に格好良さというのは、公式ページの紹介動画等を実際に見てみることで触れることのできる本作の良さなので、1度目で見て確かめる事をオススメします。

ゲーム自体は最高に爽快で面白いです。しかし、難しい。自身のシューティングの腕前ももちろんあるでしょうが、製作者の話を聞いてみると難易度に強いこだわりがあるようで、どうやら本当に難しいらしい。
特にゲームが進むにつれ「こんなの避けられるわけない!」と言いたくなる箇所も出てくるため、何度もコンテニューしている内に心が折れそうになります。
しかし、やっている内に攻略法が見え始めるはず。そしてクリアした時の達成感は別格です。上手くプレイできると格好いいですから。詰まるのが嫌いという人も中にはいるでしょうが。
コンテニューの仕様も親切で、ステージ中に何カ所もチェックポイントが存在しそこから再開できます。コンテニューは何回でも可能。1ステージが長い本作では非常にありがたい。
また、最初はチュートリアルも用意されているので最初からつまづくケースも少ないはず。
難しいんだけれど、理不尽ではない。「良い高難易度」のお手本ですね。

不満点はサウンドモードとムービー閲覧モードがないこと。
この2つは欲しかった。何故かというと、BGMはプレイ中はゲームに熱中するため中々ゆっくり聴く機会がなく、ムービーは1ステージが長いのでお目当てのムービーを見ようと思ったら結構な手間がかかることもあるためです。
そういった事情があり、なおかつどちらも良い出来だったのでこの2つのモードは是非とも欲しかったんですけれど、残念ながらないです。

あと、ストーリーについても触れておきたいんですけど、中々説明が難しいかもしれません。
なんとかまとめるなら「壮大な背景を垣間見せるもののそれを活かさないまま終わる、しかし全体は1つの話としてしっかり終わらせている」…という感じでしょうか。
特に説明書の解説は凄い。どこまで話が広げられるんだよ、これ?と途方に暮れてしまいそうなほどの広大な世界観の存在を匂わせていました。
個人的にもっと色んなバックグラウンドを明かして欲しいと思わせるようなストーリーだったのですが、とりあえず1つの決着がついたところで、もっと先が見たい!というところで今回は終了しました。

私はシューティングゲームにとんと縁の無い人間だったので、好きな人から見れば所々的外れな事を言っているかもしれません。しかし、逆に言えばそんな人間がのめり込んでしまうほどの魅力が本作にはあるということ。オススメですよ。
秒間60フレームの感覚はダテじゃない!★★★★☆
秒間60フレームというのは、主にレスポンスが命の
格闘ゲームとかに採用しているそうな。

このゲームはその60フレームなのである。

1/30フレームは1秒間に30コマ表示
1/60フレームは1秒間に60コマ表示

そりゃ見れば感じるが、本当になめらかに動く。

その技術もさることながら、ゲーム自体も
ハンパない。

このゲームはシューティングなのだが
普通のシューティングとは一味も二味も違う独特な
ものになる。

その独特な操作感も相まって、前作64で出た時は
衝撃的だった。(バーチャコンソールでダウンロードできます。)

難易度も高く、まさに
開発者から、「やれるもんなら、やってみろ」

と言われているぐらい。難しい
でも楽しいのである。Wiiリモコンが世に出た時

罪と罰をこれでできたらなあと考える人も多かったようで
前作から8年越しの夢がかなったのである。

「人は選ぶし、超絶難易度、難解なストーリー」
と取っつきは、確かに悪い。

しかし、それ故にその他大勢には決してならない。

今の時代
こんなチョット尖ったゲームがあってもいいのかもしれない。