任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ Best Price!

カプコン
Nintendo Wii
Wiiリモコンを装着して使用する拳銃型アタッチメント、Wiiザッパー対応ソフト。本作は、『バイオハザード』シリーズの物語の元凶である巨大企業アンブレラ社にスポットを当てたガンシューティングゲームだ。注目すべきはやはりWiiザッパー対応ということ。Wiiザッパーを使って迫り来るゾンビを狙って撃ち倒せば爽快感も臨場感も抜群。片手にヌンチャク、片手にWiiザッパーを持って次々と出現するゾンビたちを倒していこう。ヌンチャクで若干の視点変更が可能&シューティング操作を行う。もちろんWiiザッパーがなくてもプレイは可能。その場合はWiiリモコンが代わりになる。もうひとつの注目点は、これまでの『バイオハザード』シリーズを追従するシナリオに加え、ファン待望の、いまだ語られていない「アンブレラ崩壊」の謎をテーマに新しいシナリオがプレイできることだろう。
(※紹介文はオリジナル版のものを使用しています)

http://dol.dengeki.com/
いいですね。★★★★★
バイオ初心者です。
wiiを買ったので、ついでに買いました。

ゲームについてですが、初心者にはちょっと難しいですね。
クリティカルもなかなかできません。
しかし、やっていくうちにできるようになります。
これがこのゲームのおもしろさだとおもいます。
1ステージクリアするごとの達成感もきもちいいです。

wiiを持つすべてのひとにお薦めします。
だめだめなガンシューティングゲーム★☆☆☆☆
はっきりいってセンスが無さ過ぎる。
私はタイムクライシス・ハウスオブデッドなどをいろんなガンシューティングを持っていますが、
ここまで面白くないガンシューティングは経験したことが無いです。
これを買うならハウスオブデッドシリーズがタイムクライシスシリーズに手を染めるべきです。

ザ ハウス オブ ザ デッド: オーバーキル(通常版)
タイムクライシス4+ガンコン3

総評:
カプコンはこれを製作するに当たり、ガンシューティングというジャンルをまったく
研究していないように思われる。
ただ単にバイオシリーズをガンシューティング視点にしただけのゲームである。
全体を通して敵が迫ってくる緊張感が無く、いたって単調。


不満な点を列挙すると、
・リロードまでの弾数が不明
・リロードをキャンセルして、他の武器に切り替えられない。
・武器の切り替えが×。切替ボタンを押したときに次何が出てくるか覚えておく必要がある。
・武器切替ボタンを押したときに弾切れの武器が飛ばされない。
・緊急回避でボタン押しを要求されるが、CとかZとか文字だけで示される。
 新ハードでボタン配置なんて頭に定着していないんだから絵的に示すべき。
・画面端の敵を撃つとのけぞって、画面外に出て復帰するのを待たなければならない場合がある。
・的を目の前にして無駄に視点が動く。もちろんオートで動くので狙いにくい。

特にリロードまでの弾数が不明とかマジで終わってる。
難易度高いっていうレビューが多いけれど、僕から言わせれば
これらの点が難易度を上げているだけです。
操作等がやりにくくてムズいゲームはただのくそゲーです。
1人でやると寂しいけどwww★★★★★
何かシューティング系のゲームが欲しいと思って買いました。

Wiiザッパーを使うと、ゲームセンターにあるガンシューのゲームみたいに使えて、とても楽しいです。
4、5人でやると、かなり盛り上がります。
また、2人プレイでは、協力することができ、すごく楽しいです。

1人でやると、あまり盛り上がらないので、人を集めてやるにしましょう 笑
多分、挫折した人多いんでは?笑★★★☆☆
人間の場合、初対面での初め0.5秒で自分に「合うか合わないか」が分ると云う…笑

さてこのシューティングゲームを
「受け入れられるかどうか」は、
本当はもう0.5秒どころか、既に
購入者ご本人でもう「分っている」という所です。笑
いままでシューティングの嫌いな人はストレスの
溜まる事を覚悟していた方が良いゲーム。
たとえ「バイオファン」であったとしても…今までとはゲーム性が違います。笑

ゲームはクリア出来るかどうかで結局は評価が決まります。
クリアまで根気強く遊べる自信の有る方だけにお奨めします。

勿論、何度死んでも良いならクリアは出来ます。
問題は「好きか嫌いか」が大きく影響する所。
よく考えて買って下さい。
きっと「難しい部類」に入ると思う。

分野のお好きな方と、「初めて」でもチャレンジャーの方だけに。
難易度高め。★★★☆☆
手軽に家庭でも楽しめるガンシューティングゲームってことで凄い楽しみにして購入しました。
しかし、初心者向けのガンシューティングゲームではなく、難易度は中級者以上向けの難易度です。
一面は辛くもクリアが出来ましたが、二面に関してはお手上げ状態でした。
このゲームは基本的にBボタンで銃を撃ち、AボタンやBボタンと振りアクションで敵の攻撃をかわしながら戦うゲームです。
しかし、振りアクションの場合、振り判定をセンサーで感知させるのが難しく、振り系のアクションが来たらまずダメージを受けます。二面のステージでは大量のヒル(ヒルに弾を当てるのが困難)と猿が一斉に襲い掛かってくるシーンがあり、凌ぐのが非常に難しいです。二面から進めないので諦めて途中で辞めました。(笑)せめてEASYモードではサブマシンガンが∞だったら可能性があったかもしれません。
倒す爽快感とか銃アクションを家庭でプレイできる点は非常に面白いだけに難易度が合わないのが、残念です。
とにかく、やってみると意外と難しいゲームでした。