任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

ソウルイーター モノトーン プリンセス

スクウェア・エニックス
Nintendo Wii
月刊「少年ガンガン(スクウェア・エニックス刊)」で連載中の人気コミック「ソウルイーター」が、スタイリッシュなアクションアドベンチャーになった! 今作では、原作者の大久保篤氏が監修したオリジナルゲームが、アニメ版を手がける「BONSE(ボンズ)」によるハイクオリティアニメーションとともに堪能できる。アドベンチャーパートでは、さまざまなキャラクターと会話しながら世界各地の怪事件を解明。アクションパートでは、Wiiリモコンを使った簡単操作で「鬼神の卵と化した魂」を持つ者たちを倒していく。ゲーム中には、オリジナルキャラクターが多数登場するほか、原作やテレビアニメのシーンが新たな視点で描かれるのでファンは要チェックだ。

http://dol.dengeki.com/
声だけ★☆☆☆☆
「ゲーム」としての面白さは全くといっていいほど無いです。

戦闘はイライラ。動作も遅いし不便で酔うし、
プレイしていると飽きるというより、自分からこのゲームを拒みたくなるという感じです。
OPムービーも、アニメーションはかっこいいのに丸字フォントの歌詞字幕が入っていて雰囲気が台無しです。

ボイスが入っている事と会話が結構楽しいというのはありますが、
それがあっても、体中がこのゲームをプレイする事を拒否してます。
原作、アニメと好きなだけあって残念。


自分が買った中で唯一クリア前に放棄したゲーム。
原作の設定を生かせていない★★☆☆☆
まず思ったのは、他の方も書いているように、バトルのテンポが悪い。
私は、wiiリモコンをぶんぶん振り回すようなバトルを期待していたんですが、振るのは回避の時と、一部の技の時のみ。通常攻撃は基本Aボタン連打。
あと、一番がっかりなのはブラックスターですね。
椿は多変化型武器なのに、使えるのは鎖鎌のみ。
忍者刀は?手裏剣は?煙玉は?ダミースターやスピードスターは?
すべて使えません。
妖刀は辛うじて必殺技ムービーに登場しますが・・・。
良いところと言えば、フルボイスっていうとこですかね。
声優さんのファンやストーリーを楽しみたい人は良いかもしれませんが、個人的にはがっかりです。
出来がいいわけではないのですが★★☆☆☆
キャラゲームとしては、そこそこ遊べます。戦闘シーンは、かなり雑な作りです。
あまりいい出来ではないのですが、全体的には丁寧に作ってあるし、声優さんの頑張りの
おかげで、わりと遊べる出来になってます。

逆の言い方をすると、あまりいい出来じゃないけど、これでも、そこそこ遊べるからキャラゲームってのは恐ろしいなと。そういう感想です。
はじめて20分。★☆☆☆☆
アニメが面白く、ゲームショップで破格で売られていたので買ってしまいました。

感想はやはり、「買ってしまった」という感じでした。(泣)

ゲームタイトルが表示されてしばらく放置していたら出てきたデモを見て愕然。

マカ、ブラックスター、キッド、3人共、動きが遅く、
アニメで味わえるような、爽快感がかけらもない。

具体的にはアニメでの3弾攻撃が「えいえいえい!!」って感じのテンポだとして、
ゲームでは「えい・・・・・・えい・・・・・・えい・・・・・・」というテンポ。
レベルが上がったら技のスピードが上がる方式だったら、納得できますが、
そうでないのならと思うと、ゲーム自体始めるのを悩みました。

それでも希望を捨てずに始めてみたんですが、
シブセンでのイベントパート操作がめんどい。

話す目的でキャラがいる場所に行ってるのに、「話す」を押さないと進まないのは、
何か意味があるのだろうかと不思議に思う。(聞き直すならまだしも。)

あと、メッセージのスキップができないのも、時間がない時には不便。
「ゲームは一日30分までよ!!」と言われる家庭が日本にまだあるかはわかんないけど、
フルボイスにしたからには、スキップできる機能も欲しかった…。

レビューが少ないのは自分と同じように落胆した人が多いからかな…。


アニメ好きなら★★★★☆
内容としては、アクションパートはPS2『BLEACH選ばれし魂』って感じかな、と思いました。
無論、操作性もグラフィックも『選ばれし魂』が勝ってると…個人的に。

ですが、校内周るアドベンチャーパート(会話パート)はアニメをよく再現出来てます。
やや中途半端感はありますが、フルボイスですしね!(ゲームでもやっぱりマカちゃんは良い子ですわ。)
なので、アニメ『ソウルイーター』が好きなら買いじゃないでしょうか。

★4つなのは、肝心のゲームオリジナル本編に突入するまでが、長い!!

ので。
さっさとグリモアとか出てきなよ!と。

メインの3職人以外のキャラも使えるゲームを出してくれるの待ってます。
(特にメデューサ一派希望。)