任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

428 ~封鎖された渋谷で~(初回入荷分) 特典 スペシャルDVD「SHIBUYA 60DAYS ~Making 428~」付き

セガ
Nintendo Wii
東京・渋谷を舞台に、1つの女子大生誘拐事件を軸としてさまざまな人物の運命がスクランブルする新感覚サウンドノベル。本作には、5人の主人公それぞれの時間軸が存在し、シナリオを読み進めていく途中で赤色で表示された文字列を選択すると別の主人公の特定時間へ「ジャンプ」できる。各主人公のシナリオに出現する選択肢は、他の主人公のシナリオに影響する場合があるため、自動生成される「タイムチャート」で進行状況を把握しながら連鎖を積み重ねていくことが、謎を解くカギとなる。本編以外には、『Fate/stay night』で人気の「TYPE-MOON」によるボーナスシナリオを収録。これは、実写で描かれた本編とは異なり、全編アニメパートとなっている。

http://dol.dengeki.com/
おもしろいです。★★★★★
まず「街」好きならやって損ないゲームです。
というかやらなければならないゲームですねw

まあこのゲームは好き嫌いがわかれてしまうので、
好きな人は好きなのですが、ダメな人は全然ダメっていう感じになるのですが…
自分の周りでも半分は神ゲー扱い
半分は5分でもうダメってかたちでしたね。

まあ基本的には「街」と同じ様なシステムなので経験者はすんなりといけると思います。

クリア後のお楽しみも多いので長く楽しめると思います。
やっとクリアしました。★★★★☆
発売日に購入したんですが、今日やっとクリアしました。
『街』が大好きだったのですが、見事に期待に応えてくれたという感じです。
まさに『街2』と言ってもいいでしょう。
ただ、『街』は本当にバラエティーに富んだシナリオで、色々な三流ドラマを見てるような感覚がたまらくいい感じだったんですが、『428』はどちらかといえば一本の映画のような感じですね。
シナリオはツッコミ所満載というか、説得力に欠ける場面が多々見受けられました。
でも、過度なお涙頂戴はなく、キャラ全員がハッピーエンドで終った所は良かったです。
他は完璧で超満足でした。
欲を言えば、もう少しボリュームがあってもよかったかな?
 とにかく、映画でも小説でもゲームでもない、このサウンドノベルというジャンルをこれからもずっと続けて欲しいです。
街〜★★★★★
街も好きだけど428も好き

遠藤鈴音編で普通に泣いてしまいました

気持ち良いくらいに涙が出ました…
バッドエンド回避ゲー★★★★☆
「かまいたちの夜」などで有名なチュンソフトのサウンドノベル。
渋谷で起こる誘拐事件の謎を複数の主人公の視点で読み解いていきます。
他のサウンドノベルと違う特徴点は一見関係の無さそうな別々のシナリオがそれぞれ同時刻で影響し合いながら進行していく。
例えば主人公Aのシナリオが行き詰った時、主人公Bのシナリオの登場人物の行動を変えてやる事によってAのシナリオが再び進めるようになります。
基本的にそうやってバッドエンドを回避しながら進めていくので普通の選択肢だけのノベルゲーより色々やり直したりする必要が出てきます。
このシステムはサウンドノベルとしてはゲーム性が高く作品の肝となるので、これを気に入るかどうかで作品の評価が変動すると思います。

感動★★☆☆☆
クライマックス付近では少し泣ける演出があります。

笑い★★★★☆
グラフィックが実写なのですがキャラクターの演技に笑う事が結構あります。
爆笑ではないですが不思議と笑いが込み上げて来ました。
余談ですが主役より脇役がかなり印象に残りますね。

驚き★★☆☆☆
謎が明かされても驚くと言うより何故そうなるのか?と言う方が強かったです。
ミステリーではないのでトリックに期待するようなシナリオではないと思います。

燃え★★★☆☆
シチュエーションよりキャラやBGMに依存していますが、そこそこ燃えるシーンはあると思います。

シナリオ単品で評価するのではなくやはりシステム込みで評価するゲームだと思いました。
中だるみせずに進むので海外ドラマの24みたいに映像作品にしても面白そうですね。
シナリオ自体は万人向けなのでノベルゲーに興味があってまだプレイされていないならプレイしてみてはいかがでしょうか?
『街』という存在が偉大すぎるのか…★★★★☆
秀作なのは間違いありません。

よかった点は絶賛されている皆さんと同じです。
特に、我孫子武丸のボーナスシナリオは泣きました。

ただ主観として、傑作!とは感じられませんでした。
原因は、前作『街』の面白さを私が明確に覚えているためです。

時間ごとにセクションが区切られていて、
選択肢による影響がそのセクション内のみとなっている点。
影響範囲が狭く、場面を思い返す作業が少なく感じます。

それに加え、バッドエンド時の分かり易過ぎるヒント。
最終章までは全プレーヤーに行き着いてほしい故の難易度低下だと思いますが、
黒の栞の条件やカルトクイズが非常に難度が高いのに比べ、
あまりにも簡単なので拍子抜けです。

あとどうしても、シナリオ量が少ないと感じてしまいました。
並列シナリオが、やはり8人は欲しかったところです。
ボーナスシナリオも同時間軸上で展開すればよかったのに。
今作のシステムなら、プロデューサーが元ネタと語っている『24』の通り、
24時間闘い続けてもよかったのでは?と思ってしまいます。

最後に、(ネタバレでまずいか?)
前作の花火シーンのように、『終わった〜、やり尽くした〜』と感じる
最終イベントをガツンと設けて欲しかったです。


私のこのゲームへの不満点はすべて、前作『街』との比較による『わがまま』ですので、
前作未プレイの方には当然オススメです。