任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

EA BEST HITS ニード・フォー・スピード プロストリート

エレクトロニック・アーツ
Nintendo Wii
バトルはプロのステージへ。日本、アメリカ、ヨーロッパ……世界各地で開催される数々のバトルに、プロストリートドライバーたちが集結する。勝利に必要なものは、ライバルをぶっちぎる速さ、モンスターマシンを乗りこなすテクニック、そしてマシンクラッシュを恐れず限界まで踏み込む度胸。一瞬の判断ミスで、愛車はスクラップと化す。クラッシュと隣合わせのスリルが、プレイヤーの本能に味わったことのない刺激を与える。

特徴
驚愕のグラフィック
実写と見紛うほど忠実に再現された車種の数々で、世界中で開催されるバトルに挑む。アメリカのネバダ砂漠やドイツのアウトバーンなど、現地の空気を肌で感じられるほどリアルなグラフィックを提供。

立ち上る白煙
路面との摩擦によって立ち上る白煙が、バトルのリアリティを生み出す。

AIの進化
CPUは、まるで他のプレイヤーが操作するかのように考え、行動を起し、バトルを盛り上げる。

衝突によるダメージ
他車や壁との接触は、愛車に傷跡を残す。全壊の恐怖から逃れるために、度胸とテクニックを身に付けろ。

カスタマイズ
自由なマシンカスタマイズが行えるAutosculpt?が、今作ではマシン性能にも大きく影響を与える。バトルに合わせて最適のカスタマイズを見つけ出せ。
ハンドル操作に疑問★★☆☆☆
Wiiリモコンを傾ける方法でしかハンドル操作ができません。
Wiiリモコンをハンドル替わりに使うという方法は他のゲーム機には無いWii独自の面白味なのですが、実際にやってみると細かいハンドル調整がやりづらく、ゲーム自体がつまらなくなります。マリオカートみたいにハンドル操作の選択肢が複数有り、ヌンチャクのスティックをハンドルとして使うことが出来ればよかった。
ゲームの内容自体はニード・フォー・スピードにしては穏健な内容、つまり平凡なカーレースといった印象です。
車好きには楽しめる内容!★★★★☆
ストーリー性もあってさまざまなレースができて楽しめます。
ドラッグレースは他のレースとコントロール方法が違ってまたおもしろい。
ドレスアップやチューンも凝っていてなかなか良かったです。
終わってからでも何回もやってしまいますね。
グラフィックが良くないのはしょうがないかな・・・