任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

バイオハザード

カプコン
Nintendo Wii
2002年にゲームキューブで発売されたリメイク版バイオがWiiで登場。リメイク版は、初代『バイオハザード』の雰囲気をそのままに、生々しいグラフィック表現や追加モンスターなどで一新。Wiiリモコンとヌンチャクでの操作が基本となっており、Wiiリモコンを振ることで銃を構える要素も搭載される。なお、Wiiリモコン横持ちでの操作、ゲームキューブコントローラ、クラシックコントローラでこれまで同様のプレイもできる。プレイヤーは、行方不明になったブラヴォーチーム救出のため出動したS.T.A.R.S.アルファチームの隊員"クリス・レッドフィールド"と"ジル・バレンタイン"を操作して、施設の探索を進めることになる。侵入者を阻むトラップや謎の究明、ゾンビや異形のクリーチャーなど、さまざまな恐怖がプレイヤーに迫る!

http://dol.dengeki.com/
怖い!★★★★★
バイオシリーズは旧作の1、2、3、4、5、ベロニカ、DSCとやってきたので、
「どうせグラフィックが綺麗になっただけだろう」と正直舐めてました。
館の構造そのものはそれほど変わりませんが、新たな謎解きが大量に加えられており、
なおかつ旧作の怖さを上回る出来でした。
クリムゾンに追っかけられた時はもうどうしようかと・・・。
イージーでもそれなりに難しいのが良いですね。常に緊張感を持てる。

操作性の悪さがどうこうというレビューもありますが、
確かに4と5のみプレイしたことのある人は慣れるまでに相当時間がかかると思います。
でも、これが従来のバイオ。4も5も面白いけど、
やっぱりこのカメラアングルとラジコン操作、
セーブ回数に制限があるのがバイオ「らしさ」だと思います。
90年代最高傑作★★★★★
初代バイオの凄いところは、
まずは半泣きでヒイヒイ言いながら必死にクリアすること
そしていかに倒さず、無駄に動かず素早く脱出すること
最後に無限ランチャーでシューティングの爽快感を味わうこと

難易度、操作キャラ、分岐点で異なるエンディング
ひとつのゲームでこれだけのものを体験できるゲームは唯一だと思う
セーブ回数制限さえなけりゃ…★☆☆☆☆
ゲーム自体は怖くてバイオだなって感じでしたので楽しさは平均の★3
しかーし!
なぜセーブ回数制限があるのか…?
マメにセーブできないので死んだらかなり前のセーブからやり直し。
何をやってたか忘れて館の中をウロウロ。
かなりつらい仕様ですね。
私は毎日少しづつプレイしたいのです。なかなか長い時間ゲームできないので…
セーブ回数制限がなかったらおそらくクリアーまでやってたでしょうね。
せめて難易度でセーブ回数制限なしなんてのがあればなぁ
この仕様の為最後までプレイできませんでした。
結果として、ゲームを継続してプレイできないので★1ですね。

いまどき画面がワイドじゃないのも非常に残念です。
最高傑作★★★★★
リメイク版なのでストーリーは基本的に同じです。(敵、謎解きの変化、追加)
本作の一番の特徴はやっぱりクリムゾンヘッドですね。なかなか厄介なやつですが、慣れたら効率よくゾンビを燃やせるので気になりません。
ケロベロスがけっこう強い作品じゃないでしょうか?固いです。
タイラントは相変わらずあれですが。
初代リメイク!良い出来です。★★★★☆
初代バイオハザードがパワーアップして帰ってきました。
綺麗なグラフィックに、色々な追加要素も充実していて、リメイクなのですがまったく新しいゲームに生まれ変わっています。

今作では今のバイオ作品に失われている恐怖感が味わえます。

難度もバイオシリーズの中では高めで、作品になれた人も楽しめるかと思います。

気になった所としては、倒したゾンビを燃やさないと、凶暴化して襲ってくるシステムが、多少面倒くさかった(燃やす行為が)のと、ハンドガンの弾が少なくちと配置のバランスが悪いかなと感じました。
でも全体的に良くできていて楽しむ事ができました。