任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

零 ~月蝕の仮面~

任天堂
Nintendo Wii
絶滅危惧種のホラーゲーム、その名は零★★★★★
最近のホラーゲームは、グロテスク(流血シーン)などでプレイヤーを怖がらせる安直なものが多いが、零は世界観や音などで、雰囲気そのものに恐怖を演出している。
また、月蝕の仮面には陳腐なホラー演出もあるが、全般的に演出は私にとって好印象だった。血が飛び散るわけでもない、腕がちぎれるわけでもない、異形の怪物が出てくるわけではないが、そこには純然たるホラーを感じるのである。
今まで、SIREN、BIOHAZARD、SILENTHILL、CLOCKTOWER、DEADSPACEなど多くの著名なホラーゲームをプレイしてきたが、私の中で今でもホラーゲームといえる作品は、零シリーズのみである。

零シリーズは、独創的で優れたストーリーが目を引く。鉄パイプや拳銃を使うわけではない、射影機(カメラ)で敵を倒すというバトルシステムも、言わずもがなだが魅力の一つである。

よって、このシリーズが永遠に続いてくれることを切に願う。
怖い・・・そしておもしろい!!★★★★★
怖いホラーゲームがやりたくて購入しました。

ホラーゲームには慣れていると思っていた私を完全に震え上がらせてくれました。

零シリーズはこれしかやってないので、他はわかりませんが、零を初めてやるなら絶対その怖さに驚くと思います。

このゲームは「日本的なホラー」をよく表現しています。「ゾンビ」とかの怖さではありません。
ゾッとして背筋が寒くなるような・・・つい振り返って周りを確認してしまうような・・・、そんな怖さです。

私は怖い映画を観たら寝られなくなるタイプなのですが、それでもきちんと最後までクリアしたので、怖がりなみなさんも最後までプレイできると思います。

ぜひぜひ一度このゲームの世界を体験してください。

星5つにしたいけど…。★★★☆☆
前作全てやりこみました。

やりこみ派の自分としてはレンズ入手不可バグで星-1。

メーカーの対応の悪さで星-1。
これさえ無ければ…。
夏の夜の零シリーズ★★★★☆
零シリーズは過去の作品全部クリアしてて、やり込み要素もほとんど制覇したファンです。
本作はWiiでの発売という事で、据置きはPS3派なので
ずいぶん買うのを躊躇ってましたが、夏の夜はやっぱりホラーゲームだし、
シリーズファンという事で気持ちに踏ん切りつけて買いました。PS3で出てればすぐに買ったのに・・・。

プレイしてみて、ちゃんと零の世界してます。霊は相変わらず怖いです。バイオハザードなんかよりこっちの方が
体の底から込み上げてくる恐怖を味わえる。もちろん夜中に部屋真っ暗にして
ヘッドフォンつけてプレイしてるのですが、「なんでこんな怖いゲームやってるんだろ?」と、自問してしまいました。
ヘッドフォンもしくはそれなりのスピーカー環境を整える事は必須です。恐怖感が全然違います。

今のところストーリー、システム、演出、音楽共に申し分ない出来です。期待以上でした。ビビり甲斐があります。
後はバグに気を付けながらプレイしたいと思います。

実質このゲームの為だけにWii本体を買う事になってしまいました。
初めての零シリーズ★★★★☆
PS2で出ていた零シリーズは未プレイで、月蝕〜が初めてでした。
ホラーや心霊などが苦手なのですが当時のCMがものすごく印象に残っていたこともあり購入しました。
2周目をやっているところですが、2周目でもどきどきさせられます。
どこから霊が出てくるのかもわからないし、いきなり背後に霊が立っていてびくっとされられたり…
慣れ、というのはなく「ここの部屋は絶対霊が出る」とわかっていてもびっくりしてしまいます。


月蝕〜をクリアしてから、他の零シリーズもやりたくなり、紅い蝶を購入したのですが、
操作は月蝕〜のが断然良いです。
Wiiリモコンの直感的操作(移動やカメラの操作)に慣れてしまったので、
PS2のコントローラでの操作が難しく感じられました。

皆様も挙げているバグについては残念ですが、それでもストーリーは楽しめる内容になっています。

個人的な意見ですが、操作することとなる女の子キャラクターがみんな可愛いので、
ムービーシーン以外でも正面からみることができればよかったなぁと思います(苦笑