任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

ワンピース アンリミテッドクルーズ エピソード1 波に揺れる秘宝

バンダイ
Nintendo Wii
●2008年冬発売予定のエピソード2との、2部にわたる超大作

●麦わら海賊団を操作して原作さながらの冒険が楽しめるアドベンチャーゲーム
今作では舞台が「島」から「海」にスケールアップし、前作よりも壮大な冒険を楽しむことができます。プレイヤーは麦わら海賊団の船、サウザンド・サニー号にのって島々を移動します。特徴をもった島々ではストーリーだけでなく、釣り・虫取りなどの「遊び」も楽しむことができます。

●尾田栄一郎先生デザインのオリジナルキャラクター
今作もゲームオリジナルストーリー。そのシナリオの鍵を握るキャラクターは原作者描き下ろし。

●新しい仲間「ブルック」ももちろん操作可能
原作のスリラーバーグ篇に登場したブルックでもプレイできる。その他、前作から要望が高かったキャラクターや原作最新作キャラクターもボスとして登場。

●必殺技も多数追加
前作にはなかった必殺技・合体技も収録。キャラクターを育てることでまた新しい技も習得できます。

●前作好評の対戦モードも充実。登場キャラクターはワンピースゲーム過去最高
前作のルールに加えて、今作ではザコキャラクターを複数登場させる集団戦も可能です。これにより集団VS集団の大規模バトルも楽しむことができます。
[関連商品]
ベスト版発売★★★★★
2/25にベスト版発売です。
2800えんで買えるので、チャンスです。

このゲームはかなり面白いので、買って損はないです。
欲しいと思っている人は、絶対買うべきです。
操作は簡単だが、ロックオン機能が鬼門★★★★☆
前作未プレイで、このゲームが初プレイです。

■良い所
・すぐに道具を切り替える「パレット機能」
道具の切り替えは、wiiリモコン至上最高の便利さです。
(wii版どうぶつの森やゼルダの不便さに比べると、この機能は感動すら覚えました)
虫取り網、釣り竿、回復アイテムや攻撃アイテムなどたくさんあるのですが、
3つパレットがあって、1パレットに3つセット出来ます。
パレットは十字キーの右ボタンで切り替え、取り外しは左ボタン。
これが、物凄く使いやすい!!

・各キャラのアクションの派手さと爽快さ
イフェクトが派手で、アクションが凄くカッコいいです。
操作する登場人物が9人もいるのですが、操作が単純なので楽に使えます。
振る動作も、時々使う程度なので、腕が疲れません

・収集したアイテムを無駄なく活用
取ってきた魚やアイテムなどを「料理」、道具や武器などを「開発」、
回復アイテムなどを「発明」に使います。
自分が収集したものを、ちゃんと無駄なく使えるところが良いです。


■気になったところ
・ロックオン機能が正確ではない
Z注目があることはあるのですが、あまり正確ではありません。
ザコ戦はあまり気にならないのですが、ボス戦になると、いつの間にかボスが背後にいて、
知らない間に攻撃されるという、非常にストレスのたまる戦闘を強いられる時があります。

・地図がズームにしても、表示が小さすぎる

・ガードがない

・ダッシュしたり、攻撃をかわす時にもSPを消費してしまう
面白いけど★★★★☆
苦戦してます。
ちょっと不親切なゲームだな〜と思う。
1、2セットで買ったけど、最後まで辿り着けるのだろうか… 良い点: アニメや漫画を3Dにしたゲームの中では、グラフィックは上出来。
技もカッコイイ。
それぞれを鍛えるのも苦痛ではない。
セリフも面白い。
不満な点: 他のゲームだと、常に地図が画面に出てるから移動しやすいけど、これはオプションで確認しなきゃ駄目なところ。
会話を選んでもヒントになる事はあまり言わないところ。
戦闘モードでは、自動照準にならないから、敵がいない方に技をきめてしまうところ。
(視点切り替えボタンは、慌ただしい戦闘には無意味) 特にウソップが扱い難い。
遠距離で狙っても、高い所や低い所に向けることができないから、役に立たないところ。
(2で改善されてたら良いけど)
楽しい★★★★★
初めてこのゲームをやってみて正直おもしろいのか、わからずまわりの評価を見て買いました いざやってみるととてもおもしろく時間を忘れ何時間もぶっとおしでゲームをやっていました 買って損しない作品だと思います
良い所も悪い所も沢山あるゲーム★★★☆☆
個人的に遊んでみて良い所悪い所を箇条書きでレビューさせていただきます。

良かったところ
・前作のアドベンチャーとほとんど変わらない操作性なので前作から遊んだ方には安心して馴染める、さらに今作からブルックが麦わら海賊団に加わっている。
・登場する敵キャラにも今TVで放送されてるモリ○やバーソロ○○ーなどタイムリーな人選。
・今作も素材を集めてうんぬんなのですが前作に比べると素材アイテムの入手のしやすさ又合成アイテムの必要素材の簡易化でそれほど苦労はしなくなってる。
・麦わらパーティのオリジナル衣装がみんなよく似合ってる、あと船の中を自由に歩き回れメンバーの様々ないとなみを見ることができる。
・使いやすい悪いはどうあれどのキャラも前作とは技が変わって所もあり新鮮な感じでルフィ達を操作できる。

悪い所
・素材収集して新たな物を作り出すゲームで手持ち及び倉庫含めてもストックしておける数が少ない、又最大30個もてるものもあれば20個までとか物によって最大ストック数が異なる所。
・SPは今作から必殺技で消費しない限り回復するようになったのですが、そのぶんダンジョン内での移動スピードが遅くなってるためダッシュ移動を多用するかと思いますが、すぐSP切れになり少々ストレスになるかも。
・フランキーの工事で新たにいけるようになる場所、意外とあっけないゴールで段々わくわく感がなくなってくる。
・やり込み要素は前作ほどではないけど結構ありますが、ストーリー部分でのボリュームが少ないため周回プレイで誤魔化してる、色々面白い要素が集まってくるのは2週目かクリア後のプレイ以降から。
・対戦が前作よりバランスが悪くなって楽しめない(良いキャラ揃ってるだけにちょっともったいない)コスト制限が10と決められている上ルフィなど主要キャラは5〜3ばかりで好きなキャラ2〜3人と気軽に選べなくなってる。
雑魚は複数出現させることができるようになったけど味方の攻撃も普通に当るため多ければ多いほど不利になることが多い、さらにプレイヤー操作キャラがやられてたらあと何人残ってようが負けになるのもどうかと感じました。
SPは試合ごとに満タンなので特にコスト5クラスが相手に必殺技を当てられたらほぼ勝ちになってしまい単調な試合になりがち。
・オリジナルのガブリのデザインはちょっとインパクトが強すぎて、それを払拭できるほどの活躍もせず前作で言う所のオーブと同じ役割でなんかいまいち・・・背中に短剣とか持ってるからパーティメンバーとして使えたらもっと愛着がもててたかなと思います、ガブリの印象に関しては次回作次第かもしれませんが・・・

なんだかんだ悪い所多く書いてしまいましたが、アクションアドベンチャーとしてはとても面白かったです。
ルフィを初めとするメンバー達も歩いたり走ったりする動きも活き活きしていて原作が好きな方にはとても満足できる品かと。
ただ対戦が目当てで購入するのはあまり良くないかな、私も対戦目当てで買いましたが何分先に上げた所で結局当てたもん勝ちになってしまい読みあいなどはあまり期待できないです、逆に原作やアニメでの格好良さを味わう程度で良いという方なら満足できるかもしれません。
長々と書いてしまいすいませんでしたm(__)m