任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

ソウルキャリバー レジェンズ

ナムコ
Nintendo Wii
理想的なWiiでの剣さばき!(そして最低のストーリー描写)★★★★☆
評価が難しいゲームです。最高のWiiアクションと最低のストーリー描写。

正直、最初クリアするまでは作業性が高いし、文才ゼロの会話が延々と続く面と面の間の展開部分は辟易とする。これならば5行のストーリー展開説明と、プレス公開したスクリーンショットやCGをはさんでくれた方がまだ臨場感がでます… (なおストーリー自体は悪くは無いです。テンポがひどいだけ。)

一方、Wiiリモコンを思い切りぶん回したいと思っている人には最強!!!
どこぞやのボタンでチョイチョイという肩透かし仕様ではなく、
ともかく剣を少しでも振るにはリモコンとヌンチャクをぶん回す。
(ヌンチャクと同時の振り方でSCシリーズの各キャラがおなじみの技を繰り出す。)
PS2での三国無双的な爽快感をWiiリモコンで本気で味わいたい人には
これが最もお勧めなゲームです。

クリアするとようやく好きな面を再プレイできるようになるので、購入して月日が経った今でも時折このゲームに戻って、「ゲキとマキ」というボスキャラの面を再プレイします。リモコンをあれこれぶん回しながら本当に部屋中を逃げ惑いたくなる臨場感があります。

この操作性は他の剣劇ゲームも見習って欲しい。
SC好きとしては正直、続編が欲しい。
ちょっと残念★★☆☆☆
ソウルキャリバーシリーズの延長だと思うと物足りません。
中古は安く売られている意味がわかります。
値段相応だと割り切ればいいかもしれませんが…。
シリーズ好きとしての意見★★☆☆☆
ゲーム自体は凡作です。PS2にシンプル2000として出しても高い程度の内容だと感じました。
・部屋パーツと通路パーツを組み立てて作りました的な簡素なステージ(同じようなステージを何度も)
・ボスの種類も少なく、ストーリーとして見ても「?」な展開で復活しては同じボスと・・・。
・雑魚戦においては、ロックオンが瞬時に切り替えではなくゆっくり切り替わりテンポが悪いです。
 後ろに敵がいた場合、ゆっくりカメラが後ろを向いてロックオンする。といった具合です。
まぁこの辺は好みなのでこの位でもいいだろう、と思うのですが!一番許せないのは公式でストーリーを捻じ曲げた事!

キャリバーシリーズは言えば「ジークフリート」の物語で、ソウルエッジ(PSなど)のEDでソウルエッジ(剣)を手にしてしまった事で狂気に取り込まれてナイトメアとなってしまう設定でした。
そしてキャリバー(1〜3)では正気を取り戻し、ナイトメアとして殺戮を重ねた断罪にソウルエッジを破壊する、いうものです。
最初にレジェンズが発表された際に、エッジとキャリバーを繋ぐストーリーとして紹介されていましたが、ハッキリ言って繋がってません。
個人的には、エッジ〜キャリバー(1〜3)が正伝で、エッジ〜レジェンズ〜キャリバー4は同人と捉えています。
こう書くと自分でも「気持ち悪いな〜」と思いますが、エッジの頃からストーリーや設定込みで大好きなシリーズだったので、ショックが大きいと共に怒りでいっぱいになりました。

上記を気にされない場合は、キャリバーシリーズのキャラクターをリモコン&ヌンチャクで操作するという新しい感覚で面白いと思います。
対戦部分をもっと掘り下げて作り、ネット対戦などの環境を充実させればこれはこれで面白かったんじゃないかな〜と感じました。ストーリーがオマケで。
色々と微妙★★☆☆☆
 ソフィーティアとタキがセルバンテスのソウルエッジを破壊して(「ソウルエッジ」のラスト)からジークがナイトメアとして殺戮の限りを尽くすようになるまで(「ソウルキャリバー」のプロローグ部分)を描いた外伝…かと思いきや,実はスピンオフ物と言うか完全なパラレルワールドの話ってのはどうかなと。本編との具体的な齟齬は…
・ジークがナイトメア化した時期
・同じく過去の過ちに気付いた時期
・ソウルキャリバーの在り処と持ち主
・アスタロス,アイヴィーとの出会いとその後の行動
挙げればキリがないけど,すぐに思いつくのはこんな感じ。

 で,純粋にアクションRPGとして見た場合
・ステージが少ない(順路や仕掛けでバリエーションはあり)
・敵の種類が少ない(モーションは既存作キャラの使い回しが多い)
・ロックオンと視点関係のシステムがマズい
・コンボのコマンド表が何処にも書いてない
・ボスがモーションと関係なく突然バリアを展開する(=攻撃の隙をついても反撃出来ない)
って感じで微妙な点があまりに多いのもまた事実だったり。

 まあそんな訳で,ファンアイテムとしてはともかくゲームとしてはダメな部類ってのが正直な印象かなと。
シリーズNo.1!★★★★☆
シリーズファンとしては 対戦格闘の視点だとキャラクターの魅力が 伝わらない 飽きる。
この作品の場合 そんなストレスは無くプレイすればするほどキャラとの一体感とともに 爽快になってくる。
キャラクターの追加コスが ユニークな物になっていれば 満点 だった。