任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

ふるふるぱーく

タイトー
Nintendo Wii
重要なのはイケメンチャレンジだ!★★★☆☆
まあ自分でも、これが好きになれるのは相当な変態だとわかってるわけですが。

重要なのは、これが実はWii初の恋愛アドベンチャーゲームだということですよ!
まわす君のダメっぷりや、アフロ先生のアドバイスなんかが最高すぎてたまりません
ミニゲーム?なにそれ?っていう見方をしてみると良いゲームですよ。

世間的には、雑誌の評価も含めてワリオシリーズのようなゲームとして見られがちですが
ミニゲームは置いておいて、イケメンチャレンジのテンションに付いて行ける人なら
このゲームの真髄を楽しめるはずです。
公式サイトに紹介ムービー等があるので、まずはそこで適性検査をどうぞ。
Wiiリモコンのいろいろな使い方が分かる★★☆☆☆
ハッキリ言って期待していなかった。
値段も新品がかなり安くなっているからだ。

期待してなかった分、結構楽しめた。
Wiiリモコンのいろいろな使い方が分かったからだ。
こんな事までできるなんて知らなかったということが多かった。
Wiiの無限の可能性を感じられたということで、☆を1つではなく2つとしました。
ミニ過ぎるゲーム★☆☆☆☆
ミニゲーム集。30作品あるわけですが、全てにおいてゲームとして成立するギリギリのクオリティです。
なぜなら1つ1つのゲームにやり込み要素やスコアアタック等の要素が少なすぎる事。
更に利き腕を酷使する”力”タイプのゲームが多く1ゲームで右腕が死にます。
 ゲーム1つにつきWiiコントローラーの1つの要素を使うものが多くシンプルすぎる故に面白さ少なく1ゲームのプレイ時間も1分程度。

開発者たちの”ノリ”で作ったと思われる部分が多く、ノリに同調できれば少しは笑えるのだがノリが合わないと面白さを感じない結果になると思われます。
ミニゲーム以外の所に開発者のノリが使われており、会話で一部ニヤリとする部分はあってもゲームで楽しめないというのが自分の感想です。
楽しむのも最初だけなので残念ながら 出オチ となりそうです。
正直がっかり…★★☆☆☆
WiiSportsやはじめてのWiiみたいなミニゲームが30種類も!と
期待して買ったのですが、失敗でした。

WiiSportsやはじめてのWiiのミニゲームはどれもWiiリモコンを
何かに見立ててうまくゲームにしていましたが、ふるふるぱーくは
単にリモコンを振り回すだけ…といった印象です。

正直、一つ一つのミニゲームのクオリティはかなり低く感じます。
期待していただけにがっかりでした。
多人数プレイを・・・★★★★☆
Wiiリモコンを振ったり、回したり、傾けたりすることで楽しめる
ミニゲームを30種類収録したミニゲーム集です。同じタイトーから
DS用ソフトとして発売された「まわすんだ〜!!」のWii版といったと
ころです。

操作自体は簡単なので誰でも楽しむことができます。ただ、残念
なのは最大で二人までしかプレイできないところ。Wiiは多人数で
ワイワイ言いながらプレイするのが醍醐味だとおもっているので、
それがないのはちょっとキツいです。