任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

ボンバーマン

ハドソン
Nintendo Wii
1985年のファミコン版『ボンバーマン』が登場して以来、数多くの機種で発売されてきた本シリーズが、ついにWiiにも登場。格子状のステージ内で、ボムによる爆風で敵やライバルを倒すというシンプルなルールはそのままに、Wiiならではの要素がたっぷりと盛り込まれた作品となっている。目玉となるのは、「Mii」でボンバーマンバトルに参加できること。すべてのバトルステージをプレイする必要があるが、ボンバーマンの顔をMiiにできるので、誰がどこにいるのか、誰にやられたのかなど、視覚的にも楽しめる。また、ボムに変化して敵を惑わせる「ボムへんげ」、空中に飛んで爆風を回避する「ロケット」、シールドをかまえて爆風を防ぐ「シールド」など、Wiiリモコンを振ると効果が発動するアイテムも追加。Wi-Fiバトルではランキング機能も搭載されているので、自分の腕前がどのレベルなのかも把握できる。

http://dol.dengeki.com/
さまざまな遊び方ができ、接待ツールとしてもなかなか優秀★★★★☆
往年の名作がWiiで登場。
無理にWiiリモコンとしての操作を強要せず、
十字ボタン+2ボタンという操作もわかりやすくてよい。

初めての人のためにコツやアイテムを説明するモードもあるし、
Wiiということを活かして似顔絵キャラクタである自作のMiiを
ゲーム中に登場させることもできる。

1人用であるストーリーモードも用意されているが、
ストーリーはあってないようなものだし、難易度もそれほど高くないので
ボンバーマンに慣れるための練習モードと考えればよい。
ブロックを壊してもアイテムは登場せず、
ポイントを消費してキャラクタ自体をパワーアップする仕様。
セリフ部分がすべて平仮名なのは読みにくくて仕方がなかった。
せめて簡単な単語ぐらいは漢字にして欲しいところ。

全体的に3D表現にはなっているが、
マップやキャラクターの雰囲気はそのまま。
しかし、敵キャラがどのぐらいの高さにいるのか判断しにくかったり、
ボスキャラの影に主人公が隠れてしまって見難かったりすることもある。

Miiを登場させたときに表情を変化させているためか、
あまりにも元のモデルと違う顔になってしまうのが惜しい。
最後までクリアすることでストーリーモードの主人公を
Miiに変更することも可能になる。

一番のメインはやはり対戦で、
何より楽になったのがWiiリモコンがワイアレスであること。
4人が参加しようとコードが絡むことがなく、
リモコンそのものからも効果音が聞こえてかなり快適。

さらにゲームキューブのコントローラーをWii本体に指すことで
最高8人まで対戦ができるとのこと。
マルチタップなどの新しい周辺機器を買わなくても
人数分のコントローラーだけで対戦ができるのは便利だ。

対戦モードで全12ステージを一度ずつプレイすれば
対戦でもMiiの使用が可能となる。
色違いなだけのボンバーマンよりも
それぞれ顔の違うMiiを操作した方が熱い対戦ができる。

対戦ルールそのものが豊富に用意されている上に
ステージごとにアイテムの登場数などを細かく設定できるので、
シンプルに爆破を狙ったり、大量のアイテムでパニックになったりと
さまざまな遊び方ができ、接待ツールとしてもなかなか優秀。
損?★★★★☆
まあストーリーはカスだったのはしょうがないでしょう。
対戦は盛り上がるのは最初の三回くらいで…
あとは嫌々やるかんじ

ワイファイはいつも誰かとやれるしまぁ楽しい!
まけないぞと思ってひっしになってる自分がいたりします!
安いし損はしないかなとおもいます
ボンバーマン初心者にはもってこいです。★★★★★
当方ボンバーマン初心者ですが、
ボンバーマン初心者にも丁寧な内容となっています。
チュートリアルみたいなモードがあったり、
一人用モードでボンバーマンのやりかた・世界観のようなものに
慣れることができます。
一人用モードはじっくり考えて行動できるので
練習になりました。

メインはWi-Fi対戦ですね。

ステージも色々あり、アイテムもWiiならではのものも
あるので、対戦が白熱しますね。
微妙★★★★☆
ストーリーモードはハッキリ言っていらない。
ボンバーマンに慣れてる人なら特に詰まることなく簡単にクリアしてしまえる難易度です。
まあボンバーマンのストーリーモードが難しくても喜ぶ人はあまりいないでしょうけど。
64の時はストーリーモードに凝りすぎていて、もうちょっと難易度下げたほうがいいんじゃないかと思ったけど、これはもうちょっと凝ったほうがいいと思う。

バトルモードは8人対戦ですが、従来のボンバーマン同様とても楽しいのでバトルモードのために買うのはアリです。
コアユーザーはWiiwareで、ライトユーザーはソフトで★★★★☆
1人プレイのストーリーモードは結構簡単。
ボンバーマンに慣れている人にとっては物足りない。
初めてボンバーマンをプレイする人にはちょうどいいかもしれません。

「はじめてのボンバーマン」というモードがあり、これは初めてボンバーマンをプレイする人に爆弾の置き方からアイテムの1つ1つの解説まで丁寧にしてくれるモードです。このソフトの対象者はコアユーザーではなく初めてプレイするライトユーザー向けに思えました。

さて、ボンバーマンと言えば対戦ですが、設定自体はかなりいいと思います。爆風で相手を倒す普通のボンバーマンのモードの他に3つのバトルモードがあります。

1つ目はみきってバトル。これは空から降ってくる大量の爆弾からひたすら逃げて生き残りを狙うモードです。

2つ目は爆風に当たるとキャラの上でカウントダウンが始まって0になると死亡、0になる前に他のキャラにぶつかるとなんとカウントダウンのなすりつけができるカウントバトル。

3つ目はおうさまバトルといって画面上に1つある王冠というアイテムを制限時間が切れたときに持ってた人が勝ちというバトルです。

私が気に入ってるのはおうさまバトル、王冠をもってるときに爆風に当たると落としてしまうので皆が1つの王冠を巡って熱いバトルができます。

もちろん普通のボンバーマンでチーム戦もできます。

自分のMiiでプレイすることができ、アピールポーズも複数用意されているのでこういう小ネタも対戦を面白くします。

今回のソフトの売りの1つであるwifi対戦ですが、残念ながら世界戦はラグが多すぎて試合になりません。しかし、国内戦はあまりラグが起こらず割と普通に遊べます。(たまにラグが起こってがっかりすることはあるが)

このゲームは9月30日にWii wareで対戦モードだけのが1000円でダウンロードできます。上でも述べたようにストーリーモードは初心者向けなので、玄人の方はWii ware、ライトユーザーや初めての方はこのソフトを買われた方がいいかもしれません。