任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

ワリオランドシェイク

任天堂
Nintendo Wii
意外とおもしろいです★★★★★
飽きっぽい自分が集中してできプレイできたゲームの一つです。


アクションゲームですが、マリオとは一味違います。

マリオはプレイヤーのコントローラ操作テクニックが重視されますが、
マリオランドシェイクはテクニックは程々で頭を使う要素が多い感じがします。

普通にクリアする分にはマリオほど難易度は高くないので
サクッと気軽にアクションゲームをしたい方にお勧めです。

各ステージごとにお宝アイテム探しやミッション(何秒以内にクリアしろ、コイン何枚取れ)が設定があり
やり込み派の方にももちろん楽しめると思います。

またグラフィックがアニメ調で主人公ワリオの動き1つ1つかわいらしく描かれていてそこも気に入りました。

販売価格がどこの店でも非常に安く
「このゲームはきっとつまらないんだろうな」
と思われかもしれませんが、買って損はしないゲームです。
実はなかなかの良作アクションゲーム★★★★★
ボスにはやや苦労させられたが、なんとかクリア。
ワリオを主人公にした2Dアクションゲーム。

Wiiコントローラーを横持ちにして
十字ボタンと1・2ボタンを使うのが基本だが、
「シェイク」のタイトル通り、Wiiリモコンを
上下にシェイクして(振って)操作する場面があるのが特徴。

3Dゲーム全盛期での2Dゲームだが、グラフィック面は相当に美しく、
アニメ絵ながら文句のつけようがないクオリティ。現時点最高峰。
また、アニメーションも素晴らしく、ワリオや敵キャラが活き活きと動く。
このあたりは任天堂ブランドのスゴさを見せてくれる。

オープニングはテレビアニメのごとく展開するが、
ボイスがなく、字幕のみなのは違和感が大きく非常に残念。
ゲーム本編では掛け声や悲鳴だけなので特に問題はない。

各ステージでは捕らえられた仲間を助けるのが目的だが、
助けた後にステージのスタート地点まで
時間内に逃げ出さないといけないシステムは新鮮。
単純に逆走するだけでなく、往路では行けなかった道が
帰りに通れるようになったりするので、残り時間の様子を見ながら
コイン稼ぎに挑戦したりすることができる。

ステージ構成に関しては全体通して難易度は低く設定されており、
ライトユーザーでも十分クリアできるが、
各ステージ内の難しい位置に置かれた宝箱探しや、
一定時間内のクリア・特定の敵の退治などの追加条件を達成しようと思うと
かなりテクニカルになったり、道順を考える必要が出てきて
ヘビーユーザーでも楽しめるようにはなっている。

ステージ内で回収したコインによって次のエリアへの地図を買うことができ、
既出のステージを何度もプレイしてコインを貯めれば
そのエリアをすべてクリアしなくても次のエリアに進むことができる。
(ただし、各エリアのボスを倒さないと最終面にはたどり着けない)

全体的に非常に丁寧に造られている印象があり、
ステージ構成や敵の特徴に関しても
少し考えればわかる内容になっている。
ボスは決まった手順を踏んで倒さないといけないが
一度戦って倒し方が理解できれば
何度かチャレンジすることでクリアできるだろう。
後半のボスはなかなか歯ごたえがある。

体力もかなり余裕がある上に、刃物やトゲの部分でなければ
敵に触れてもダメージを受けないし、落下などによる一撃死もないので
難易度の面でマリオシリーズに二の足を踏んでいた人も
今作なら気軽に遊ぶことができる。時間制限もないので焦るストレスもない。
体力が減ってしまっても、そこらにいるザコ敵を気絶させてから
両手で持ってシェイクすれば高い確率で回復薬が出る親切設計。

反面、これまでのマリオシリーズの難易度や
ステージのボリュームを期待するファンには
やり込み要素があるとはいえ、張り合いがなさすぎるかもしれない。

なぜか唐突に潜水艦を操作するステージが混ざるが
それほど操作しやすいわけでもなく、
他のステージに比べて面白味も少ないので、必要なかったように思う。

ワイヤレスであること加速度センサー内蔵ということを活かして
コントローラーをシェイクする、というアイデアを
ここまで綺麗にまとめ上げたのは素晴らしい。
横持ちにしたコントローラーを両手で振る姿は
画面内でワリオが袋や敵をシェイクする様子ともシンクロする。

特徴の大きな他のWiiソフトに埋もれてしまってあまり目立たないが
実はなかなかの良作アクションゲーム。オススメ。
2Dアクションの原点が詰まってる★★★★★

いいところ
・音楽がワリオらしくかっこいい
・ステージが豊富
・アニメを観ているようなグラフィックが驚き
・ステージ構成が素晴らしい
・ボス戦が熱い
・やりこみが豊富すぎる
・ワリオが愛らしい

悪いところ
・任天堂にしては読み込みが少しある
・シェイクは楽しいが3時間以上のプレイは辛い
・水中ステージがあまりにも鬼畜
・何度もミッションをやらされるから好みが別れる



ワリオランドの集大成作品と言っても過言ではない面白さ
何よりもアクションゲームとしての完成度
NEWマリオより上に感じることすらある

仲間を助けたあとに脱出するゲームになるがそれが面白い
ワリオの豪快な逃走劇

アクション好きには是非ともやってもらいたいゲームである
据え置き機の綺麗な画面で2Dアクション★★★★★
悪くない、というのが第一印象。滑らかに動くキャラクターなどは目を見張る出来。
なのだが、クリアするだけなら手強めのボスがなんとかなれば簡単で、ちょっと物足りない。ステージ構成もなんだか単調で、過去作のパズル的な面白さを感じることができない。
このゲームはコンプリートを目指して初めて面白さが分かる。本当はステージ構成も秀逸で、パズル的な要素もちゃんとある。
が、それらは宝箱やミッションといったやり込み要素に組み込まれているので、クリアだけを目指しているとあまりにあっけなく終わってしまう。
クリアが簡単な反面、宝箱やミッションは難易度が高い。アクションゲームなのにクリア後が本番。

ゲームは王道的な2Dアクション。しかも据え置き機なので画面が綺麗。今回はキャラクターの動きだけでなく、背景にも力を入れている様子。
操作は全てWiiリモコンだけで行われる。単純明快だがボタン操作だけではなく、宝袋からコインを出すための「降る」や敵を投げる方向決めのための「傾ける」操作も必要。特に「傾ける」は慣れが必要かも?
ワリオランドのタイトルを冠しているが、不死身ではなく(体力がある)、ステージ途中で制限時間制になることから、GBAの「ヨーキのお宝」との比較がしやすい。
ただしそうなると、2種類(火だるまと雪だるま)だけになって使用機会もだいぶ限られてしまったリアクションと、いちいち装置に入らないと出来ないダッシュの仕様が、個人的にはやや辛い。
この2点から爽快感で「ヨーキのお宝」に一歩譲る面もあるが、ステージ数(ボスステージ含み全39ステージ)、やり込み要素の数ではこちらが上回る。

キャラクターがゲーム中、アニメのように動くだけでなく、実際にアニメのムービーが用意されている。ただし2つしかない、ややボリューム不足。
音楽はBGM系が多い。サウンドテストも用意されているがミッションをクリアしないと聴けない仕組み。ただ、Wiiリモコンの通信が切れると音楽が止まる。つまり一定間隔でこちらがボタンを押さないと勝手に音楽が切れる。これは問題では?
Wiiリモコンだけで全ての操作を行うので、2Dアクションということもあって、アクションは好きだが複雑な操作が苦手という人にオススメかも。
アクション70%+パズル30%★★★★☆
メイドインワリオ以外のワリオシリーズを初めてやりました。
ミニゲーム一筋のメイドイン〜とはまたテイストが違い、バリバリのアクションゲームです。
とは言っても、各ステージにはミッションや宝集めといったやりこみ要素があり、
熱中できるようになっています。
ミッションには、「コインを○枚以上集める」とか「ノーダメージでクリア」とかあるのですが、
何やら行けそうな場所があるのに、特定のルートでないとそこに行けなかったりして、一筋縄では行きません。
ステージの特徴を理解していないと達成できないものも多く、
パズル的な要素があって楽しめます。

ただ、ミッションをこなすには同じ面を何回かやらなければならない場合がほとんどなので、
慣れてくると、淡々と作業をこなしているような感じになってきます。
純粋なアクションを求めている人にとっては、すぐ飽きてしまうかもしれません。