任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

風のクロノア door to phantomile

ナムコ
Nintendo Wii
1997年にプレイステーション用ソフトとして発売された3Dアクション『風のクロノア』が、シンプルな操作性はそのままにWiiでリマスター! プレイヤーは、主人公"クロノア"を操作して夢の国「ファントマイル」で大冒険を繰り広げる。操作には、Wiiリモコン(横持ち)以外にゲームキューブ用コントローラやクラシックコントローラも利用可能。十字ボタンと2つのボタンだけで、爽快感抜群のアクションが楽しめる。リマスターにあたって、グラフィックが大幅に強化された他、各ステージに「夢のかけらを集める」、「とらわれた住人を救出」といったやり込み要素はWiiでも健在。豪華声優陣によるキャラクターボイスは、日本語とファントマイル語の2種類が収録されている。

http://dol.dengeki.com/
少し物足りない★★★☆☆
PS2の方が断然おもしろかったです。
多少攻略に手間取りましたが、攻略本なしでも大丈夫でした。
あっけなく終わってしまった感じです。
ワゴンの薔薇★★★☆☆
やっぱりプレステ1版のほうが景気のいい時代に作られただけにリッチに出来ています。


絵柄は相変わらず可愛いのでワゴンで子供のためにと買って、2や原点を知る人が増えればいい、と思います。
クロノアを知らない方ならまぁまぁ。★★★☆☆
何かほのぼのとしたアクションがやりたい、という場合は
普通に楽しめると思います。
敵もムゥなど丸くてかわいいものも多く、
主人公の体力も多めなので、ゲームの難易度はやや低めです。
さくさく進めて、クリア後のオマケ要素もPS版より多く追加されています。


ただ、PS版を知っている方にとってはイマイチという印象を受けるかも。
理由はいろいろありますが、おもに細かな演出がなくなっていたり、
登場キャラクターによっては雰囲気が変わっていたり、
個性がカットされてしまったようにも感じました(シードフ王の台詞など)


音質はPS版とほぼ同じで、画像もより滑らかになり、
クリア前でも自由にコースが選べるなど、改善されたところもありましたが、
願わくばPS版の良いところをそのままでリニューアルされたら
一番良かった、というのが本音。
とはいえ、こちらはこちらでそこそこ楽しめると思います。
PS版比較です。★★★☆☆
小学生の時、隣の友達の家でこれをやった時ものすごくハマった作品でした。これやるために隣の家に遊びにいっていました、迷惑な奴ですね。

そして複数人で交代でやっていたのですが、ラスボスを自分がいない時にクリアされて、結局エンディングが見れなかったという悔しき過去がありました。Wiiで出ると分かった時、よっしゃー! とガッツポーズして喜んだものです。

ここからプレイしての感想。
まずステージは確かに綺麗になっています。そこはいいのですが、なんかクロノアの動きに違和感が。もっさりしているというか。けどここは、昔なので細かい感触を忘れているだけだと思います。
問題はムービーシーン。グラフィックは向上しているのですが、何故かPS時代の方が綺麗に見える。特に個人的に一番好きだったラストステージ出現の時のムービーは、PSはすごい迫力でしたがWiiは……なんかショボい。おもちゃが動いているように見える。ここは期待していただけにものすごくゲンナリしました。
HPが3つから6つに増えたのも、難易度下げる目的でしょうけど自分の用に比較的ゲームが得意な人にとってはヌルいだけのものになってしまいました。せめて3つに設定出来たらよかったのに。一撃死以外では一回も倒されませんでした。

とまあ、PSの時と比較してレビューしてしまいましたので、PS版を知らない人は他の人のレビューを参考にしてください。
PS版が大好き、と言う方はPS版で充分だと思います。Wii版をやる必要はあまりありません。一応エクストラステージみたいな難しいステージもありますが、ひたすら連続投げジャンプするようなステージです。
自分はこれをやってまたPS版をやりたいと思いました。
感想★★★★☆
私は前作もやったけど、これはこれで
面白いと思いますグラフィックは綺麗になってるし
特に水の表現も前作より綺麗でこれはこれで、
良いと思います。エンデングも泣けます。
おすすめです