任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

アイビィ・ザ・キウィ?

バンダイ
Nintendo Wii
◆あなたが導く物語。◆
アンティークな絵本を舞台に、幼い「アイビィ」が走り回る爽快2D横スクロールアクション!!
ツタを引いて「アイビィ」を無事にゴールまで導こう!
新しいけど、どこか懐かしい。世界中のアクションゲームファンにおすすめのゲームです。

■びよーんと伸びるツタを使って「アイビィ」を導こう!
「アイビィ」は飛ぶことが出来ないので、ただがむしゃらに走るだけ。1人では、階段を登る事もできません。
ツタを引いて、「アイビィ」の旅を助けてあげましょう。

■手書きの絵本のような斬新で魅力的なデザイン!
まるでペンで書いた一枚の絵のようなゲーム画面。
「これでゲームが動くの?」「動いているところを見てみたい!」といった好奇心を触発し、プレイヤーの興味を駆り立てます。

■マルチプレイが楽しい!
Wii版では、最大4人が同時に遊べるマルチ対戦が可能です。誰がもっとも早くゴールに到達できるかを競います。Wiiリモコンだけで遊べるので、いつでも手軽に、家族と、友達と、ワイワイ楽しめます。
DS版では、ワイヤレス通信でマルチプレイが楽しめます。全員がソフトを持っているマルチ対戦はもちろん、誰か1人がソフトを持っていれば最大4人が楽しめるダウンロードプレイも可能です。

■やりこみむほどに、おもしろい!
ステージは、やりごたえのある全100ステージ。うまくなっていくにしたがって、新しいやりこみ要素が登場する構成により「シンプルで間口は広いが、奥は深い!」を実現しています。

※WiiウェアとDSiウェアの「アイビィ・ザ・キウィ?ミニ」も同時期に発売予定です!
DS版よりオススメ★★★★☆
ちょこまかと動き回るアイビィがかわいいですね。
このかわいいアイビィをツタで導く・・・というよりは
強引にぶん投げたり、はじきとばしたりが楽しいゲームです。
難易度は高めですが、慣れていくと敵や障害物にすばやく対応できるようになり、
上達しがいがあります。

DS版も体験版をプレイしたのですが、
「ツタを描く」「ツタをひっぱる」が同じ操作のため、
ツタをひっぱるつもりが描いてしまう、という誤動作が頻発しプレイしずらかったです。
Wii版ではそのようなことがないので、こちらのほうがオススメです。

ただ他の方もおっしゃっているように、ステージが淡々と続くため途中で飽きてしまいます。
合間にお話を挟んでも良かったのではないでしょうか。
駄目だ・・。★☆☆☆☆
FC時代を思い出すシンプルなゲームだが、ストーリーといったものはほぼなく、ステージも単調なので、クリアを目指すモチベーションが維持しづらい。
気になったのは、アイヴィの移動速度の速さ、間違えてポイントしたツタを消せない点。
シンプルなゲームな割にはシステムの完成度が低い。
30分プレーしたところで飽きて売却。
EDはユーチューブで観ます・・。
楽しさよりも焦りばかり感じてしまう★★☆☆☆
Wiiコントローラーを使った2Dアクションパズル。
ステージは横方向から見たもので、ブロックで壁が仕切られている。

主人公アイビィは壁にぶつかるまで勝手に進み、
ぶつかると反転して進むという単純な動き。
このアイビィをゴールとなる土台まで導けばクリア。

アイビィはブロック1段すら乗り越えられない。
Wiiリモコンを使って空間をドラッグするとツタが設置できるので
そこをスロープとして登らせることで
段差を越えさせたり行かせたい方向に誘導する。

非常に単純な内容だが、ステージは豊富に用意されており、
そういった意味での遊び応えはある。

ただ、予想していたよりもアイビィの速度がずっと速く、
じっくり考えてツタを張るというよりも
ただただ慌しく誘導するばかりになってしまった。

ステージには任意に取れる回収物が置かれており、
まっすぐゴールを目指すだけでなく
あえて手間のかかるルートを選択できるプレイの幅があるのだが、
こうもハイペースで進むキャラクターだと
ステージを観察したり悩んだりする余裕がなく、
とりあえず目の前の穴に落ちないようにツタを張り、
一目散にゴールを目指すだけになりかねない。
それ以外のことを考える余裕は相当に慣れないと生まれなさそうだ。

ツタは3本まで設置でき、4本目を張ると1本目が消えるのだが、
間違えて張ったツタをすぐさま消したくても思うようにならず、
それがまた慌しさを助長してしまう。

パッケージの裏などでルール内容を見たときには面白そうに思えたが
序盤からどうにも難易度が高く、楽しさよりも焦りばかり感じてしまうため
次々と用意されたステージを攻略していく気力が出なかった。非常に残念。