任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

NO MORE HEROES (ノー・モア・ヒーローズ) (特典無し)

マーベラスエンターテイメント
Nintendo Wii
とても面白いです★★★★★
PS3版、360版を発売日にプレイし、そのロード時間、更には音ずれ、といった出来事に深く絶望し、後にパッチが出るとも思わず売ってしまいました。その後wiiを買う機会がありましてオリジナルの「ノーモア」をプレイするに至ります。

一応須田51作品は「ムーンライトシンドローム」、「シルバー事件」、「花と太陽と雨と」、「キラー7」とある程度触れておりましたのでその性質についてはある程度の理解を持っているつもりでクリアまでしたところ、序盤に関してはストーリーも分かりやすい、というかほとんど無い、本当にトラヴィスが成り上がっていく様を描いているだけなのですが、後半、というか、本当に最後ですね、色々あり……ようやく須田51らしいというか、本領といいますか……良くも悪くもプレイヤーサイドに分からせる気のないストーリー展開をしてきます。私などは須田作品が非常に好きなので笑いながらエンディングを観ていたものですが、このノリに誰もが付いていけるかと問われれば、うーん、といわざるを得ないですね。それでも今までの須田作品と比べれば分かりやすい、単純なストーリーであることは確か……なのかも分からないのですけれど、アクは薄いです。須田作品だから、といった理由で避けている方がいるならばやってみてもいいかと思います。

操作面についてですが、「ノーモア」はwiiリモコンでやってこそ、そのアクションの面白さが引き立つ様に感じます。トドメの際言われた方向にスティックを倒すのとリモコンを振るのでは直観的な面白さが大分違ってきますから。

後、規制についてですが、一応360版ではホリーサマーズまでやりましたので大分違うといえば違いますし、規制によって若干の違和感、というか特にホリーサマーズのときにはですが、あるにはあります。が、規制によって面白さが変動する類のゲームでもないですし、気にする必要はないと思います。

個人的にはwiiの中で相当高い位置にあるソフトですが、前述の通り人を選ぶ恐れがありますので、2が10月に出ますが、目新しさに買って後悔をする前に1をやって自分が合うかを確かめてみることをお勧めします。
モエー('・ω・`)<子供の前で出来るようなゲームではありません★★★★☆
モッサリプレイの動画を見た所為で、「こういうゲームか..」と思っていました。
正直あまり期待はしていなかったです。
が、そこそこプレイヤースキルのある自分でやってみたらどうですか。
かなりスタイリッシュなゲームですよ。
上手くモーション操作とアナログ操作を融合させています。
Wiiリモコンを上げてボタン入力で上段攻撃、リモコンを下げてボタンで下段攻撃等。
トドメアクションは表示された方向へリモコンを振るorAボタン。
回避行動も大きく分けて2種類あり、そこから特殊?なコンボを繋げることも可能。
ガードアクションは敵をロックオンする事で自動でやってくれます。(上級者モード)
剣撃から打撃へのコンボも可能。
ダークサイドモード(特殊状態)もバリエーション豊富で、スタイリッシュなゲームです。
他にも隠しアクションや、豊富な技のバリエーションがあります。
難易度は上級者モードで丁度良い難しさです。
どのキャラも良い味を出していて惹きつけられました。
主人公がオタク趣味なので、自称非リア充の人には波長が合うかも。
ストーリーを進めるには資金が要るのですが、依頼場と仕事場を往復しなければなりません。
ATMで振り込みをしたり、自宅へ戻ったりもします。
というのも、このゲームはライフワークを楽しむ意図で作られたゲームです。
なので移動はあえて省かれていません。そこで好みが分かれるかも知れません。
どうぶつの森とか、生活をすることを目的としたゲームが好きな方には合うでしょう。
相当街が広いのでバイクで走り甲斐がありますよ。(バイクで川にダイブすると自宅までワープ出来ます)
その他にもファッションを自分好みに変えたり、トレーニングしたり、武器を強化したり、ドラ〇ンボールを集めたり、色々出来ます。
ビームカタナでの銃撃の弾き方、フォー〇と言っちゃってる点等、明らかにスター〇ォーズです。(笑)
色んなところからパロってますね。自分が好きなアーティストともコラボしてます。
そして何より主人公が飼っている猫が可愛過ぎます!
ゲーム離れしてる自分が長時間プレイできるようなゲームです。
買って損はない・・・はず。
周回制で、やり込み要素、難易度追加等もあります。
ただ、字幕をバックに直接乗せてるタイプなので非常に読みにくいです。
続編では更にスタイリッシュになっていて、そちらもお勧めです!
キラー7をやったことのある人には物足りない★★★★☆
ゲームとしては非常にいいです
くせっっけのある世界観はたまらんですよ!!ただ物足りないですねというのも表現の規制せいで
須田ワールドをかなり壊している気がします。グロテスクがいやな方はたのしいかも知れませんが
キラー7を知っている私にとっては非常に物足りない作品ですね・・・
ただ!!どうやらXbox版で新しく出るNO MORE HEROES 英雄たちの楽園はレーティングZのものが出るので
キラー7が好きな方はそちらのほうがいいかもしれません
(PS3でも出ますが規制がかかっています)
最高のゲームです!★★★★★
私がやってきたWiiのゲームの中ではダントツでNo1です!
至る所に個性とセンスが溢れています!

まず、主人公のトラヴィス
服装が実にお洒落です!
ライダースジャケットに好きなアニメのキャラのTシャツ、ジーパンにスニーカー
ジャケットにしてもただのジャケットではなく、背中に柄がありさりげないお洒落さがあり
靴もあえてスニーカーというのが実にお洒落です。
しかも、街の服屋へ行けば色々な服を購入出来ます!

基本的なゲームの流れとしては、殺し屋ランキング11位のトラヴィスが1位になる為に
10位の奴から順番に決闘をしていってトップを目指していくと形です。

各、殺し屋には拠点のようなものがあり、そこに行って雑魚敵を倒し
最後にボスを倒してクリアーって感じです。

また、ランキングに挑戦する為にはお金を振り込まないといけない為に
ヤシの実拾いやらアルバイトをしてお金を稼ぎます。

良くも悪くも個性が強いゲームなので、きっと中には合わない人もいると思います。
ただ、合う人にはドンピシャに合うと思います!

とにかくセンスを感じる作品ですね!
映像・音楽・セリフ・全てに置いて抜群のセンスです!

あまり深く考えずに、公式HPなどを見てカッコイイと思ったらハマると思います!
趣味の世界に浸れるか?が好みを分けそう★★★★☆
どっかで見たことのあるものを寄せ集めた感がありますが、
シャレが利いてて面白かったです。

SAVEする際、トラヴィスが便器に「ペッ」とツバを吐くのが
「オッサンくせぇ」と思ってしまいましたが、
お行儀よいトラヴィスは果てしなくキモイのでこれがよい。

バイクの操作は慣れれば別にスムーズに操作できます。
北米版のスプラッタな演出も某動画サイトで見れますが
規制入った日本の演出の中間くらいになりませんかね?

続編出るようですが、
シリアスなストーリーになってないといいな〜(復讐譚らしいですが)
この路線でどうしようもないギャグを連発してくれる方が楽しいです。
「レーティングがあるから早送り」とか最高でした。

リモコン操作によってもたらされるアクション要素の快感と
ストーリによってもたらされる快感のバランスが絶妙でした。

ただ、ゲームの新しい側面はやっぱり発見できず…ちょっとそこだけ残念です。