任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

デッドライジング ゾンビのいけにえ

カプコン
Nintendo Wii
無数のゾンビがうごめく広大なショッピングモールを舞台に、ジャーナリストのフランク・ウエストとなって72時間生き残るACT。Xbox 360版からのリメイクとなる本作には、ビハインドカメラ視点にWiiならではの新要素をプラス。Wiiリモコンで画面をポイントして敵に照準を合わせたり、Wiiリモコンを振って強攻撃を繰り出したりと直感的操作を実現している。武器は豊富に用意されており、銃だけでなくモール内に陳列されているさまざまな商品やモップなどの備品で攻撃することが可能。また、ゾンビの弱点である頭部を攻撃してフラつかせたあと、表示されるアクションコマンドに従って素早く入力すると大ダメージを与えることができる。

http://dol.dengeki.com/
まあ、こんなものでしょ(移植作品だし)★★★☆☆
360版に比べれば、グラフィックスおよび敵の数はがっかり間が否めないが

Wiiしかなければ、ロード時間を何とかすればお使いゲ〜としては楽しめるほう。

ビハインドビューにするくらいなら、正直、FPSでよかった

Wiiリモコンのポインタ機能と視点がばらばらで
とにかく移動しづらい、戦闘しづらい

銃を構えたら、動けなくなるので、
FPS(メトロイドやDOOM)をやっていた人間から見れば
やりづらい操作性。

Wiiの最大の利点である、視点移動と行動が同時にできるという部分が落っこちている作品。

ニコニコやようつべでプレイ動画を見てから購入されたほうが良いと思います。

カプコンさんお願いだからGTA4をWiiで出してww
面白く・・・ない★☆☆☆☆
矛盾というのか、なんで?っていう設定なのでストーリーがあるんだけど、何も感じない。
ミッションがあっても結局一緒。モールで好き勝手できる訳ではないし。それにジャンプが出来ないって
本当にゲームがくだらなくなる。高所に移動できないからライフルの価値減ってるでしょうね。それに同じ系統の武器は
一つしか装備できない。所持は出来るのになんで?新興宗教の奴らは何でゾンビに襲われないの?ま、ゲームなんで深く考えるなよと
言われればそれまでなんですが、私はシックリこないのでどーも楽しめません。かといってアクションが楽しいかと言われれば
楽しくありません。
これがデッドライジングだとは思わないでほしい★☆☆☆☆
Wiiで出す必要性を全く感じない。Wiiの機能も大して活用できていない。
Wiiユーザーに「デッドライジングって大して面白くないね」と思わせるために出したとしか思えない。
システムの大幅な制限によるスケールダウン。
デッドライジングの良さを全て封印したのがWiiバージョンだと思う。
ワラワラゾンビを規制して爽快感を無くした上での腐食気味の戦闘システム、大幅に自由度を減らした作りのモール。
お使いとかした救出ミッション。全て煮え切らない。
バイオ4を狙ったのも大失敗の要因
バイオシリーズからバイオ4へはシステムの根幹から方向性迄作り直した傑作であり、
大した作り直しもせず、無理やりバイオ要素入れてみました的な「デッドライジング → デッドライジングゾンビのいけにえ」とは訳が違う。
こんな自虐ネガキャンゲーム出す暇があったら、XBOX360かPS3か知らないけど、デッドライジング2を早く出せ。
あとWiiユーザーで「デッドライジングつまんね」と思ったらぜひ360版のプレイをお勧めする。
180°コンセプトが異なるゲームですから。
期待以上★★★★★★
え〜なんで評価が低いのー?と思ったらあきらかにプレイされてない方に限って低い評価を付けてますね。(笑)
私的に充分面白かったです。
アクションゲームが得意な方ではないので難易度が選択できたり操作性も◎でXbox版よりも遊びやすかったのがよかった。
グラフィックについてはゲームにそこまで美麗なものを認めていないので充分でした。
総合的にも買ってよかったと思えるソフトです。
単なる異色作ではない事は確か★★★★☆
本作を評する各種サイトなどを見ると、総じて「劣化移植の駄作」と言うニュアンスが多い感がある。私はXbox版のオリジナル「デッドライジング」をプレイしておらず、さらに「バイオハザード」も数時間だけGC版の1をやった程度である。
つまり、比較できる作品が無く、ほぼ新作ゲームとして本作をプレイした。

感想は、「面白い」である。まず、ゲームの骨組みはミッションをこなす事が主である、自由度はそれ程ある訳ではなく、且つ時間制限の中で行う為、寄り道もしてはいられない、様々な武器を使ってゾンビを蹴散らし、ショッピングモール内で襲われつつある生存者を安全な管理室まで迅速にエスコートするのが目的だ、救出タイムによってランクが付けられゲーム内の衣装等がゲットできる。

ミッションを幾つか(大体2〜4つ)こなす毎に、モール内を自由にウロウロできるストーリーモードに突入する。ここでは目的の場所でフラグを発生させない限りはモール内でやり放題だ、何時間経過させてもゲーム内の時間には関係が無い。うん、この自由度は確かに面白い。でも飽きる。

世間の評価では、ミッションとストーリーが交互に展開される為、ちょっと気ままにモール内でゾンビを虐殺!みたいなノリに中々ならない事が酷評されているのを目にする。
確かに、ミッション選択の際に「モール内をウロつく」という選択肢があったら良かったかも知れない・・・・・・。しかし、私はミッションの後のストーリーパートの自由度が楽しみで半ば作業的になりがちな各ミッションもメリハリを効かせて楽しめた。これはコレで結果的に良いと思う。メリハリが無ければクリアせずに積んでいたかもしれない。

操作性もWiiにマッチしており、特に射撃は非常に一体感がある。演出も、ソレ系の映画が好きな人には堪らないセンスに満ち溢れている。後半、突然話がシリアスになるのだが(一瞬メタルギアソリッドかと思った・・)この部分は個人的にはもっとぶっ飛んだギャグっぽくして欲しかった、意外な展開に見えて何とも良くあるパターンでガッカリだった。


本作で私の一番の不満は鳥の強さだ、強さと言うか、現在地を認識できない飛び方をする事がストレスだった、やはり視覚範囲に映ってから攻撃開始するような動きをさせるべきだったのではなかろうか?。鳥の落すあの爆弾は、どんなゾンビよりも驚異だった。


そういえば、バイオハザードもカラスと犬の攻撃がイライラして止めたっけ・・・。
カプコンは動物キャラ強化させ過ぎなのかもしれない。