任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

天誅 4

フロム・ソフトウェア
Nintendo Wii
ありかな★★★☆☆
他の方が言うように、アクションパズルに近いです。
自由度は殆どなく、多分一本道だと思いますが、影から影へ移動したり、ロウソクを吹き消して影を作ったりと忍者らしくて楽しめます。

が、いかんせん1ステージが長い!自分のようにヤられながら覚えていく人にとっては、1ステージに1時間かかることもザラです。

中断できませんし。
過去作品との違いを受け入れられるかどうかで、評価も変わる★★★☆☆
過去のシリーズは概ね遊んでいる者です(1〜3、紅、千乱)。確かに過去作品のような自由度の高い作りとは違い、ほぼ一本道に近い展開です。多くの方は、この天誅らしからぬゲーム性の変化に失望しているようですし、私も最初はそうでした。只、あくまで別物として受け入れられるなら、評価も少し変わってくるかと思います。

過去の作品が「箱庭アクション」だとすれば、今作は「アクションパズル」に近いのではないでしょうか。一見すると進むのが無理っぽい場所でも、アイテムや能力を使う、地形を利用する、あるいはそれらを上手く組み合わせることで道が開ける。そんな攻略法を探りながら道を拓いていく手順がパズルを解くが如くで、面白く感じました。それにシリーズ特有の忍殺の爽快感は健在ですし、特に今回は殺しのバリエーションも豊富で楽しい(?)です。

しかし、いくつかの問題点があるので、全体評価は低くせざるをえません。以下に問題点を上げます。
○チャンバラ
アイデアは悪くないと思いますが、操作に難がありすぎます。シビアすぎというか、明らかにWiiリモコンの反応速度を超えた操作を要求される場面があります。私も結局、ポーズ→構えの繰り返しでなんとかクリアしましたが、これが製作者の意図する遊び方とはとても思えません。まあ今作は基本的に、敵に(2回)見つかる≒ゲームオーバーと、見つからない事により重点を置いているので、一部のボス戦以外はチャンバラを避けることは出来ますが・・・。

○全体的な操作性
チャンバラも含めての事ですが、操作性全般に難があります。無理やりWiiリモコンの機能を使っているような感じで、色々な場面で思うようにキャラが動かず、ストレスが溜まります。設定を変更することである程度は改善されますが、快適とは程遠いです。素直にクラッシックコントローラー対応にしてくれたほうが遊びやすかったと思います。

他にもいくつか気になる点はありますが、なんだかんだで中々楽しめました。グラフィックも、シリーズ中では最高峰でしょう(箱360版の千乱が、PS2レベルのグラフィックでしたかから)。只、天誅はあくまで自由度の高い作りでなくては駄目だ!、という方や、パズル的な要素が好きになれない方にはお勧め出来ません。
操作性をもっと快適にしたうえで、「天誅」の名を冠さない、もしくは外伝作品として出ていたら、もう少し評価を得られたのではないでしょうか。その意味で惜しい作品です。
評価が悪いけど★★★★☆

最も評判の悪かったチャンバラについてですが、ハッキリ言って初心者には難しいと思います。
しかし、たくさんチャンバラを練習していくと敵の攻撃パターンが読めてくるので、徐々に難易度を上げて練習するとより効果的です。
私はチャンバラが嫌いではありませんが、他の方が言うように見つかったら必ず戦わなければいけないし、複数の敵にバレたら一人ずつ戦っていくのが正直面倒です。

それでも興味がある方は是非買っていただきたい作品です。

なんだよ、面白いじゃん…★★★★★
今までの天誅は大好きでしたが、
今作はあまり評判が良くなかった為、スルーしていました。
なので購入したのはPSP版が出てから、になります。
wii版を選んだのは、PSPでは満足な操作感を得られないと思った為です。
忍大全は視点操作がしにくかったですしね。

wii版を選んで正解かな、と思います。
リモコンによる直感的な操作は、やはりくせになりますね。
D端子ケーブルを使用したのでグラフィックも素晴らしいです。
敵の動きが人間らしくなっているのも印象的でした。

今作はバイオ4や5、ギアーズのようにカメラがキャラクターに近いです。
以前よりも臨場感が増しました。
敵キャラクターも大きく表示される為、必殺(忍殺)演出に迫力があります。

必殺のバリエーションも多彩です。
必殺出来る範囲に行きAボタンを押した後、リモコンを振ると必殺出来るのですが、
振り方によって必殺の演出が変化します。
自分の好きな必殺の仕方を選べる、これは楽しかったです。

また、水中や茂みへ引きずり込む、天井からぶら下がり敵の首を折る等、
潜む場所毎に特殊な必殺が出来るのも忍者らしくて雰囲気が出ていました。

敵へ近づくまでに軒下に隠れたり茂み等の暗闇を利用したり、
今までの天誅らしさも残っていました。
屋根から屋根へ、屋根から敵の所へ飛び降り忍殺…は出来ませんが、
地を這う感覚もこれはこれで楽しかったです。
しかし他者は介入し辛い感じですので、協力プレイには向かないなと思います。

私は千乱のような広大なフィールドを縦横無尽に駆け回り敵を駆逐するのも好きですが、
今作のような限られた地形の中でゆっくりと進んでいく感覚も好きです。
ここで皆さんの評価が分かれるのだなと、プレイして思いました。

天誅初めての方は買って損はないかと思います。
忍ぶ事、「忍者らしさ」は存分に体験出来ます。
これはこれで。★★★☆☆

○ここが面白い
・手裏剣やカスガイなどの忍具で必殺を狙える
・敵との距離を測り、連続必殺で高得点を狙える
・新モーション"鬼疾風"の格好良さ
・忍殺のバリエーションが豊富

○ここはいまいち
・話題のチャンバラモード
・全体的に速さが少し足りない
・敵が相変わらずお間抜けさん

○見所
・浚われる事に定評のある菊姫さんの成長
・ねぶた祭り☆と評判の鬼陰さんの全身イメチェン
・郷田の殿様の浮きっぷり
・疾風で壁際へ移動した際、偶に見える 彩女と力丸の裏の顔
・胸デカ忍者"凛姿"さんの見事な変装っぷり


色々と見所満載のようです。
これはこれで面白いと思ったので、買って損はないかなぁ、と(得もない気もしますが