任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

ニード・フォー・スピード カーボン

エレクトロニック・アーツ
Nintendo Wii
操作性さえ・・・★★★★☆
前作「モスト・ウォンテッド」の完全続編ということで、ストーリーはいいです。
レースやシステムもよく、楽しいと感じるのですが、操作性がもうひとつなような気がします。(Wiiが出たばかりなので仕方ありませんが・・・)
キャニオンバトルや、ドリフトにかなりつらさを覚えました。
慣れて、やり込めば、面白くないわけではないです。
終わってる★☆☆☆☆
買って損した、後悔した、買おうと思っている人は考えた方がいいです思った以上に糞ゲー
こりゃいい★★★★☆
このゲームは自分のチームの支配下の場所をレースで勝ち取っていくというゲームです。
最初は少ない車種しかありませんが、進んでいくうちに車種が増えるので車種集めも面白いです。
ボスレースでは峠のコースでレースをします。いつ峠から落ちるかわからないスリルたっぷりなレースが体感できます。ストレス発散にもいいですよ!
カタログスペックは低いけれど・・・★★★☆☆
このシリーズをプレイするのは(衝撃の)1作目以来でしたが
ボリュームアップしている要素がある反面、ドラッグレースが
削除されているなどの残念な点もありました。
クルマの外観を個性的に改造できるのに、それを外から眺める
リプレイがあいかわらずないのも理解できません。

メニュー周りの操作性もかなり具合が悪くて、本当にとりあえず
移植な感じは否めないというのが正直な感想です。

しかし! wiiリモコンでのハンドリングはプレイしていて非常に
楽しいです。ファーストタッチの印象は最悪でしたが、落ち着いて
プレイすればリモコンを傾ける操作もヌンチャクをひねる操作も
非常にしっくりきて、単純に走るのが楽しくてしょうがないです。

もちろん、他機種でも専用のハンドルコントローラーを用意すれば
wiiリモコン以上の操作感を味わえますが、wiiリモコンでのプレイは
なんといってもお手軽です。電源投入からプレイ終了まで、小さな
リモコンひとつでこなせるのは大きいですね。

最悪の内装と最高のハンドリングを与えられた小型車のような
ゲームです。
快適な操作性ですよ〜★★★★☆

 このゲームは発売前から気にしていたのですが、操作面の不安があり様子見をしていました。
そして、ここやほかのサイトのレビューを参照した結果、おおむね良い評価だったので購入しました。

以降はプレイ初日の感想です。

最も気にしていた操作の不安は、全くの杞憂でした。むしろ十時キーより快適です。
ちなみに操作法はいくつかあり、ハンドル操作については
 1)リモコン横持ちの傾き
 2)ヌンチャクの傾き
 3)ヌンチャクのアナログスティック
があります。

クラコンには対応していないのですが、ヌンチャクスタイルで補完できているとおもいます。(ただしその場合、アクセルブレーキがリモコンの傾きでの操作になる)

私はまだ1の方法でしかプレーしていませんが、1時間ほどのプレーで違和感はなくなり、ライバルにも勝てるようになりましたよ。

絶対的な精度は十字キーやアナログスティックには及ばないのかもしれませんが、正統派のレースゲームではないので必要ないと感じました。これは作り手のスゴイところでもあって、ゲーム性とリアリティを両立した絶妙な落とし込みをしています。(もしもこのゲーム内容で、グランツーのリアルな操作性になっていたらストレスがたまるし、逆にリッジのような操作性ではグランドセフトオートとかわらない)

 気になる点は、車種が少ないところでしょうか。メーカーサイトで確認する限りでは38車種、そのうち日本車が11種類です。(ホンダ車が一台もない!)
これはチューニングメニューの豊富さとのトレードオフなのでしょう。チューニング(特に外見の)で出来ることがハンパなく多いです。考え出したら何時間かかるか分かりません。

やりこみ要素が多いと思われるので、ボリュームもたっぷりありそうです。(ただ、シナリオモードが短いというレビューはいくつか見ました)


まとめると、夜の街を愛車で流したり、パトカーと映画さながらのカーチェイスをしたりと、走り屋の世界にどっぷりはまることができるイカしたゲームです。(まとめてないって?)

このゲームの世界観が好きなひと、操作性の不安から購入を控えてるひとは、買って間違いないはずです。