任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ 特典 Gジェネレーション ウォーズ プレイヤーズバイブル付き

バンダイ
Nintendo Wii
TVアニメやコミックなど、さまざまなメディアで展開する『ガンダム』シリーズを題材とした人気SLGシリーズ『Gジェネ』に、世代を超えてさまざまなガンダム作品が一同に集結! 宇宙世紀を舞台にした作品から、『機動戦士ガンダムSEED』や『機動戦士ガンダム00』まで全30作品以上を収録し、幅広いガンダムファンに訴求する内容となっている。従来通り原作エピソードを追体験できるだけでなく、新システム"ウォーズブレイク"の発動によってまったく予測不能の展開が発生。"ウォーズトリガー"という条件を満たすことで、たとえばファーストガンダムに08小隊のキャラクターが介入して大戦化(ウォーズ化)するというようなifストーリーが楽しめる。登場するユニット数は700体以上。キャラクター数は一般兵を含めると700人以上となっている。

http://dol.dengeki.com/
新世代のGジェネ・・・?★★☆☆☆
かなり長く書かせていただくことになりますが、ご承知ください。

<良い点>
・戦闘演出の進化。開発者の方々の約2年に及ぶ努力の結晶でしょうか。
・チャンスステップの上限ができたこと。戦略性がとても上がりました。
・「キャラクター育成」というシステムの設置。「アビリティ」の設置もさすが。
・MSへのオプションパーツの複数装備が可能になったこと。戦略性の向上に貢献。
・「交換システム」の設置。『作ったら終わり』の死にユニットにも光が見えました。
・「支援防御」の設置。これまた戦略性のアップに大貢献。
・WARSBREAKでクロスオーバーができる点。子供のように楽しめました(笑)。
・クロスオーバーでムービーが見られるという新しい試み。
 キラリと光るムービーもいくつか存在。

しかし、上記の良い点以上の量の欠点があるように思います(下記参照)。



<悪い点>
・戦闘演出にムラがある。”宇宙世紀のMSカットインも大幅にパワーアップ”と
 宣伝しておいて、わりとスピリッツのままの演出のユニットがたくさんいました。
 それから連携演出なども多数あるような匂いをさせておいて結局8種類だけ、
 (ほぼSEED関係。)連携技を使うと部隊にいないユニットが演出に・・というのも
 気になりました。
・キャラクターのアビリティに疑問符のつくものが多いこと。
 「HP50%以下で〜」などの”そうなったときは大抵撃沈される”ことが
 発動条件となっているアビリティが、なぜこんなにも多いのでしょうか?
 そして命中、回避率補正系のアビリティも多すぎます。Lvが上がったら用済み、
 見切りで無効化される、くらいならば”ついでに”程度でいいのではないのでしょうか。
・ACEポイント、ユニットとキャラ経験値がとても入りにくい。
 戦艦で効率的に上げましょう!と公式攻略本で見たときは、何を考えているのか!?と
 憤慨しました。誰が好き好んで戦艦だけで育成するでしょうか?
・消耗品系オプションパーツははっきりいって使いどころがわかりません。
 私は一切使わずにクリアしてしまいました。
 実際、そうしたオプションパーツについては公式攻略本でも全く勧められておらず、
 存在価値すら疑ってしまうものでした。
 大体、1ステージ限定ならともかく、
 1回発動したら終わりだなんて使いにくくてしょうがないです。
・ユニットの交換先が何種類かに限定されてしまう。
 育てていくとザク50、グランドマスターガンダム、パトゥーリア・・
 なぜ巨大ユニット=強いとなるのか疑問です。
 程よく弱いぐらいが「こんなのに交換できる!」と喜べてしまうのはどうかと。
・支援防御でわざわざかばってあげるユニットにテンションアップなどの恩恵が全くない。
 だれのMPも増えていないのを見たときは何かの間違いかと思いました。
 あと、支援防御の戦闘演出時にロードに時間がかかってしまうのも気になるところでした。 
・WARSBREAKがただの増援でしかないな、と思えてしまうこと。
 フロスト兄弟、チームトリニティなど、なんだかんだで理由がこじつけやすい面々が
 何度も登場してげんなりしました。
 とどめにエクストラジェネレーションでは山のように増援が現れ、
 もう勘弁してよ・・・とうなだれてしまいました。
・ムービーの完成度にムラがある。アムロvsシャア、フリーダムvsトリニティ、
 エクシアvsスローネツヴァイは良かったのですがその他は”?”です。
 ユーザーが興奮する場面というのはそんなに難しいものでしょうか?
 少なくともアプサラス3体がメガ粒子砲をドカーン!では興奮しません。
 この作品は「Gジェネレーション」であって、
 さまざまなガンダムたちが活躍するところを見たいと思うのですが・・・。
・宣伝と実際の商品の質との圧倒的”差”。
 あたかもOOから多数参戦!!という雰囲気をかもしだしておきながら、
 実際に登場する ユニット・キャラの量は貧困そのもの。
 何人のユーザーが、「これ詐欺?」と思ったことでしょうか。
 開発者の方々、このレビューを見てくださっているのなら真剣に考え直してみてください。
 発売日を楽しみに、生活費を削ってまでGジェネの費用をためて購入した人たちが
 心底がっかりする表情を考えてみてください。
・正直に言って、このゲームこそ「開発者のご都合主義」が露見するゲームの代表格でしょう。
 Gジェネウォーズ開発スタッフ3人へのあるインタビュー記事で、スタッフのうちのお一人が こんなことをおっしゃっていました。
 「念のため言っておきますが、ユニコーン、
 OOセカンドシーズンのキャラや大半のユニットは出ません。」
 開発期間的に参戦はどうしても無理だったということなのでしょう。しかし一方で、
 「この開発期間でこれだけのゲームができれば及第点だよ。
 Gジェネ10周年メモリアル作品出さないのもおかしいしさ、
 コストも最小限に抑えてテキトーに売れるもの作ろうよ。
 みんなもそう思うよね?」
 という開発者どうしの会話が聞こえてくるようなのもまた事実です。
 ただ売れればいいのですか?楽しませること、夢を与えることが
 開発者の仕事ではないのですか?
 ユーザーの期待にすらろくに応えられないジージェネのどこが『新世代のジージェネ』
 なのでしょうか。
 公式攻略本の「私たちはあらゆるところでレビューを見させてもらってます」
 という発言を信じて、言わせてもらいました。
・音楽・効果音の使い回し。これは他のレビュアーの方々がご指摘されている通りです。
 ・出撃時の音楽。ポータブルから3作連続で使い回し。
  その浅ましい根性にある意味脱帽です。
 ・スコア加算のときの効果音、テンションアップの効果音、項目選択時の効果音・・・
  などなど信じられないほどの「使い回し」の山。
  Gジェネ開発スタッフのみなさん、
  もし予算的に何かしらの冷遇でも受けているのでしたらユーザーに伝えてください。
  そういう言いわけでもなければ全く納得がいきませんね・・・。
 ・WARSのメインテーマと思われる「例のフレーズ」、いくらなんでも使いすぎです。
  B級映画でも見てるのかと思いました。
  余計に「お手軽に作りました」という感じがします。


<リクエスト>
まずは次世代ハードへの移行が大前提です。
ユーザーの大半がPS3がいいと感じているのではないのでしょうか。
新型も発売され、値段的にも購入しやすくなったことですし。
以降はソフト内容への要望です。
 ・ユニット・キャラの大幅増量。これは他のレビュアーの方々が口をそろえて
  おっしゃっているのですから、開発スタッフの皆さまはいい加減お分かりでしょう。
  ところで、WEBアンケートでの
  質問項目「Gジェネを楽しいと思った理由」の選択肢の一つに
  「ユニット700体、キャラ700体というボリュームに圧倒されたから」
  というようなものがありました。過信もいいところです。
  怒りを通り越してあきれますね・・・。
  「間口の広いGジェネ」を名乗ったからには、
  きちんとその責任を果たしてもらいたかったです。
  余すところなくユニット・キャラを網羅してこそ
  魅力あふれるGジェネなのではないでしょうか?
  私は、戦闘演出をここまで素晴らしく仕上げることが出来た開発スタッフを信じています。
  そのカッコイイ演出を、自分だけのお気に入りのユニットとキャラで見たい!
  と思う人が何人もいるなかで、その選択肢を限りなく用意してほしいのです。
 ・音楽・効果音の改良。これ以上の使い回しはユーザーの皆さんが
  許さないでしょうね・・・。
 ・その他、悪い点から読み取れる改良点。

以上大変長くなりましたが、これが本心です。
良いゲームであることは否定しませんが、
「Gジェネファン」を多かれ少なかれ失望させるゲームであることは間違いありません。

今度こそ、本当の意味で「すべてのガンダム世代に贈る」Gジェネをプレイさせてください。
お願いします!
これが特典?!★☆☆☆☆
Gジェネは昔から全作品ではないですが買ってプレイしています。
登場作品の多さと自由度を付けたくてこうなってしまったのだと思いますが
ストーリー性はほとんどありません。
順番にステージに挑戦しても、ほとんど個々のステージを個別にプレイしているようなものです。
ああ、ここまできたなぁという感慨は皆無です。
序盤から結構強力なMSやMA手に入ってしますのでこういうのを手に入れることが出来た
という感慨も皆無です。
また、ストーリー上自動的に登場するメインキャラたちに
自分で編成したキャラたちの存在が全く無視されているのは
今までの作品以上です。
MSを育てて、開発、設計しより強力なものを手に入れるのは確かに楽しいし、
なんだかんだと言いながらゲームにハマッテますが、
これだけのお金を払う価値があるのかなぁ と言うのが率直な感想です。
あと、だんだんリアリティさが加わってきたメカ達がイマイチ可愛くなくなってきたのも残念です。

で、特典ですが、事前にHPで見た情報は僅かだったので過剰な期待を持ちすぎたのかもしれませんが、
正直、なんじゃこりゃ でした。
ぺらぺらでMSなどのかんたんでもよいから解説があるのかと思いきや、
初期に選択できるステージのかんたんな解説と初期に購入できるメカたちのリストくらいで、
この程度は取扱説明書の一部でしょ?! くらいなものです。
昔買ったグランツーリスモには結構な基礎知識や車両カタログが載っていて
良いもん買ったなあと思ったものです。
長く遊べてお得★★★★★
MSの開発は楽しいし、シナリオもボリュームがあって、すっごい楽しいです。
あと1シナリオでクリアというところまで来ていますが、値段分は十分遊んだので大満足。
他の方のレビューを見ているとシナリオが少ないという意見が多々ありますが、私的にはこれ以上シナリオがあると逆にダレてしまいそうなので、丁度良かったと思います。
MS・MAの機体数は多い程良いので、自作は機体数のボリュームアップを期待してます。
初心者でも大丈夫!!★★★★★
ヘビーユーザーでは無い自分にとっては、前作は敷居が高く挫折しましたが、今回のはライトユーザーからヘビーユーザーまで楽しめるゲームとなっているようです。
Wii版と内容★★★★★
Wiiだと敵のターンの時のやり直しが早くできる(リセット→ロード)

内容は、戦艦を3チーム以上作れるけど一作品5ステージで3チーム出せる事がない
オリジナルキャラと作品からのスカウトの能力があまりにも差がある。
敵増援が進んだ方向と反対が多い
事を除いたら最高で、何時間でもプレイ出来ます。
個人的にニコル、セイラの声無しがショックでした。