任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

Wii用PS2コントローラ変換アダプタ『コントローラコンバータ』

リンクスプロダクツ
Nintendo Wii
Wii本体でPS2用コントローラが使える!シンプルなコントローラコンバータ!


★商品特徴その1:Wii本体でPS2用コントローラが使える優れもの!
Wii本体に接続するだけでPS2用アナログコントローラが使用できる、コントローラ変換アダプタです!
クラシックコントローラやGC用コントローラは持っていないけれど、PS2用アナログコントローラを持っているユーザーには必須アイテムになること間違いなし!
使い慣れたPS2用アナログコントローラで快適にゲームを楽しめます!
本製品があれば、新たにコントローラを購入する必要がなくなるので、とても経済的!

★商品特徴その2:振動機能、連射機能付きコントローラにも対応!
バーチャルコンソールタイトルなど、GC用コントローラを使うソフトでPS2用コントローラが使用できます!
今やゲームに欠かすことのできない振動機能もしっかりサポート!臨場感を損なうことなくブルっちゃいます♪
更に連射機能付きPS2用コントローラにも対応しているので、ゲーム攻略も今まで以上にラクになる一石二鳥のコンバータです!

★商品特徴その3:面倒な設定は不要!コントローラポートにつなげるだけ!
本製品をGCコントローラポートにつなげて、PS2用コントローラをセットするだけの簡単接続!
難しい設定は一切不要!誰にでも簡単に使用できます!
持ち運びに適した、軽量でコンパクトサイズだから、友達の家で遊ぶ際、クラシックコントローラが足りなくても本製品とPS2用コントローラがあれば、すぐにみんなでゲームを楽しむことができます!

★商品特徴その4:製品色はWii本体に合わせたホワイトを採用!
製品色はWii本体に合わせたホワイトを採用!接続しても違和感なし!
ケーブル長は、使い勝手も良く収納にも最適な約30cmでとてもコンパクト!

【対応コントローラ】
・PS用コントローラ(SCPH-1200)
・PS2用コントローラ(SCPH-10010)
・PSOne用コントローラ(SCPH-110)
PS2コン→ゲームキューブコン変換=WIIでも使用可★★★☆☆
WIIのゲームでゲームキューブコン対応であるならおそらくほとんどいけるのではないでしょうか?
しかし将来的にバージョンアップで動作が不確実になる場合もあるかもしれません・・・・
PS2コンがGCコン変換すると配置的にはこんな感じになります↓


    L                  R
    Z                  Z
   
                      Y

  スティック           B       X


                      A
純正でないPS2コンで接続したのですが 今のところ普通に動いてます 純正でないPS2コンの連射も効きました                    
残念★☆☆☆☆
タツカプを買おうにもWii用のスティックまでは買えないしなあと迷っていたところ、こちらの商品がおすすめに表示され、タツカプといっしょに購入しました。

結論。
自宅に2台あるPS用のスティックで試しましたが、どちらも使えませんでした。パッケージをよく見ると、「デジタルコントローラには対応しておりません」って書いてある。じゃあ、タツカプといっしょにすすめないでいただきたかった。
ボタン配置にクセがあるけれど…★★★★☆
このコンバーターは、
Aボタン→×ボタン
Bボタン→□ボタン
Xボタン→△ボタン
Yボタン→○ボタン
という、ややクセのあるボタン配置をしています。
というのも、クラシックコントローラとボタン配置が右回りに一つずつズレているからです。
クラシックコントローラに慣れている人ほど、操作には戸惑うかと思います。
そうでなくても、×ボタンで決定したりする操作に違和感を感じられる方は少なくないはずです。
PS版に近い操作感でゲームキューブのバイオをプレイしたかった人には残念だと思います。
また、デュアルショック2を使用している場合、L2,R2ボタンはかなり強く押す必要があるのでL,Rボタンを連射したり押しっぱなしにするゲームはかなり厳しくなります。
アナログ入力もできず、ゲームキューブコントローラのL,Rトリガーボタンを最後まで押し切った時の操作しか出来ません。
しかし、デュアルショック1を使うとなればこの仕様が長所に変身します。
デジタル入力しかできないデュアルショック1を使えば、L2,R2ボタンの連射がダイレクトにゲームに反映されるのです!
スマブラXやバーチャルコンソールのゲームを遊んでいると、クラシックコントローラやゲームキューブコントローラのL,Rトリガーボタンのストロークがネックになり、連射や保持を必要とする入力にもどかしさを感じている人も多いかと思います。
バーチャルコンソールのあるソフトでは、L,Rトリガーボタンを入力する回数が多いのですが、クラシックコントローラやゲームキューブコントローラでは人差し指が疲れてしまいます。
所が、デュアルショック1をこのコンバーターに差してプレイしてみると、上記の面倒な操作によるストレスが一気に改善されました。
出来る限り、このコンバーターはデュアルショック1と組み合わせて使用するのが望ましいと思います。
ボタン配置にも慣れればかなり使い勝手がよくなりますので、根気強く頑張ってください!!