任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー - Wii - PS3

スクウェア・エニックス
Nintendo Wii
ジャンル:アクション・アドベンチャー思いのままに、世界のすべてを触りつくす―。
それは、すべてのWiiユーザーのためのエンタテインメント。
それは、すべてのWiiユーザーのための新しい「ファイナルファンタジー」。
Wiiオリジナルのファイナルファンタジー・クリスタルクロニクルが遂にそのベールを脱ぐ。
「ファイナルファンタジー」らしい、スケール感溢れる世界と壮大なドラマ。
「クリスタルクロニクル」らしい、ファンタジックな世界観とリアルタイムベースのゲーム体験。
そして、Wiiリモコン×ヌンチャクだから実現できた、新鮮かつ驚きに満ちたゲームデザイン。
それが本『FFCC クリスタルベアラー』です。
『FFCC クリスタルベアラー』には多くの発見と驚きが詰まっています。
それは、すべてのWiiユーザーのためのエンタテインメントです。
Wiiだからこそ実現できた本作『FFCC クリスタルベアラー』に、どうぞご期待下さい。
※予約特典について予約特典が存在する場合、特典の入荷数量は不確定となる事が予想されます。
その場合、特典のご提供はご予約頂きました?
Wii専用ゲームソフト
レイルさんのイケメン度合いが重要★★★★★
ファイナルファンタジークリスタルクロニクルクリスタルベアラー!
なげぇ!略してもFFCCCBとかなげぇ!
でも面白いよ!低評価とか意味分からないくらい面白いよ!

面白くないって言ってる人はRPGだと思ってるのか?
面白くないって言ってる人はアクションだと思ってるのか?
ファイナルファンタジー ナンバーズのようなドラマを求めちゃった?
ゼルダの伝説シリーズのような謎解きアクションを求めちゃった?

これ、どっちかというと、どうぶつの森ですよ?


そこにある大地を好き勝手に散策し、
街で好き勝手に暴れまわり、
やるなと書いてあるならもちろんやって、
ストーリーを進行させるのはあくまでミニゲームのため、
魔物とのバトルなんてどう森の魚釣りみたいなものです。
あ、でも魚釣りは別にありますよ。


モンスターバトルは突如鳴り響くカウントダウンからはじまる!
空に大穴が開いたらそれが戦いのゴングだ!
大岩を飛ばし、剣を飛ばし、キノコやウニも放り投げてシュートシュートシュート!
だけどもそれだけじゃ闘いには勝てても勝負には勝てない!
なぜならバトルは自分がなにもしなくても時間がたてば終わるからな!
ただし時間内に敵を全滅させて大穴を閉じればもちろんご褒美がもらえる!
そのためには! 敵 の 力 を 利 用 し ろ !
犬は骨が大好きだろ!?
スケルトンは転べばパーツが外れるよな!?
ボムは火をつければ爆発するだろ!?
あいつは!?あいつは!?

敵ごとに異なる挙動!
レイルの力『引力』で!転ばせ投げて担いだり!
リモコン降る様、指揮者のように!
華麗に!世界を!遊ぶのだ!


プレイヒーロー。
ん〜・・★★☆☆☆
もともと熱しやすく冷めやすい性格なのですが、このゲームをやって改めてそのことを実感しました。
ゲームを始める前に説明書は必ず読むのですが、何度読んでも?って感じでした(私の読解力が足りないだけかも・・)。操作(物を引き寄せるバリアみたいなヤツ)も最初は探り探りでしたのが、次第に慣れてきます。慣れると言っても、理解したわけではなくコツを掴んだという意味です。なので正しい操作法は分かりません。私はリモコンをブンブン振り回しているだけなので、戦闘がだんだん作業っぽく感じました。また、どんなに面白いゲームでもカメラワークがちょっとでも不自然な場合、私はすぐやる気をなくしてしまうのですが、プレイ中はずっとイライラしてました。やり始めはいちいち微調整していましたが一歩歩くともとに戻るので、短気な私には向いてませんでした。一番やりにくかったのは、マップがないことですかね。次の目的地に行こうにも、道が全然分かりません。来た道をとりあえず戻ってみたらなんとか行けましたけど、自分の意志で進んでるわけじゃない(道がわかってない)ので行かされてる感があり、不完全燃焼なままでした。
なので、短気な人や方向音痴な人はやらないほうがいいでしょう。現に私はまだクリアしていませんが、プレイすることはこの先一生ないでしょう。
<不満な点>
・操作性が悪い
・カメラワークが不自然
・マップがなくて困る
最期にプレイしたのは大分前なので詳しいことは覚えていません。どのレビューでも同じことですが、実際にやってみないと分からないこともたくさんあるので、プレイしたい方はどうぞ存分に楽しんでください。そして上記の3点をご自身で実感してください。
昔のFFCCが好きだった・・・・★☆☆☆☆
最近のFFCCはどんどん昔の良さを失ってしまっていて、
正直初代のFFCCの面影をなくしてしまっているような
気がする・・・・変に新しくするくらいなら、
初代のFFCCをもっと手軽に楽しめるようにして、
リメイクするとか、初代のキャラクターを変えずに
話の続きみたいなのを出してくれたらと思う・・。
FFらしくないあの独特の絵本のような雰囲気に
惹かれていたんだけどなぁ。。
期待していただけに本当に残念。。。
惜しい部分が、いまの若い人たちには合わなかった★★★★☆
製作陣の熱意が伝わる良作なのに、いまいち評価が低い印象のクリスタルベアラー。
個人的には、いままでやったFFのなかで一番好きかもしれません。
大神のように、フィールドをかけまわりつつ、生活するひとびとの合間を縫うようにストーリーが進行するので、そういったゲームが好きなひとにもオススメです。(世界観やシステムはまったく違います)
モンスター一匹とっても、さまざまなリアクションがあり、マップひとつの中で、本編とは関係ない遊びやミッションがぎっしりつまっています。
ここまで箱庭を十二分に作りこんだARPG(アクションロープレ)はかけまわるだけで楽しい、と感じてくれる人もいると思います。

でも、おそらく評価が低い理由は、序盤にもう少しチュートリアルをいれるべきだったことと、マップがないことかもしれません。

話の内容や、ノリはやや子供向けなのに、世界を楽しむ行為が非常に能動的で、相反しているかもしれません。子供に自分から自発的に楽しませるには、段階を踏ませる必要がありますが、ミニゲームはともかく、戦闘に段階がない気がします。
その段階を踏ませるには、ボスがもう少し必要だったかな、と。
たとえば、特定の弱点を狙わないといけないボスなどは、もっといてよかった気がしました。

次にマップですが
世界を地図なしで、かけまわって、国中の人たちの生活を垣間見て、自分で歩き回るのは楽しいですが、やはり、町のひとの会話は一部の人としかできず、地図もないので、戸惑うか面倒がる子供は多いはずです。バカ丁寧なナビゲーターはいらないと思いますが、世界が広すぎるゲームには地図をつけないと、子供はつらいはずです。

個人的には、本当に長く楽しめる、本当に良いソフトなのですが、あと一歩の親切さが足りなかったのかもしれません。

ぶっちゃけ、シャトル便の変更は、結構わかりにくかったですw
あとは、マップ埋める作業があったら、広大な土地を歩く楽しみが倍増した気がします。
(詳細なマップがあれば、一度いった遺跡なども、ルートを覚えやすかったのではないかと思います。)
まるっきり従来のものと違うわけではないようです★★★★☆
私は無印がはじめてのFFCCでした。
そのため、あの等身の少し低い可愛い絵柄がしっくりときていたので
正直、はじめてこの作品を見たときは等身があがってしまったことを
残念に思いましたし、抵抗もありました。

でも、実際にやってみると、これは面白かった。

まず、背景から人物に至るまでとても細かく作りこまれています。
さすがFFというべきなのでしょうか、映像に関していえばWii作品の中ではかなり高いレベルではないかと思います。

ミニゲーム的な要素が本編中にも随所に盛り込まれており、ヌンチャクを振って操作するあの感じは
本当に面白かった。イベント中でも出来るスクリーンショットも色んな場面を撮ったりして楽しめました。
ロード時間もほぼないし、マップ切り替えはそれをほぼ感じないほどにスムーズです。無印時代の音楽の素晴らしいアレンジを聴ける場面もあります。やったことのある人なら感激すること間違いなし。

キャラデザに関しては、FFCCファンなら分かることなのですが服装など従来どおりの設定を
盛り込んだデザインになっています。各キャラの細かい設定については正直最後までわからなかったりするのですが(私的にはそこが残念だったりします)それぞれの種族の性格も従来と変わりなく、なんだか安心しました。規格外リルティについてはいつも驚かされるのですが(汗
主人公は親しみやすいと言うよりはカッコイイです。この作品の世界では魔法が使える人が少なく、その中で主人公はグラビデの使い手、ということみたい。

ユニークな面も多く、製作者の愛が感じられる作品です。

ただ、マップがないために迷いやすく(救済措置はあるもののちょっと面倒)、また町の人など話しかけられる人が限られており、なんだかもどかしい感じがします。いきなり吹っ飛ばされることもあるし・・・理不尽。みんなそれぞれ感情表現が豊かなだけに、話しかけられないのは残念な気がします。
ゲームのテンポはとてもいいのですが、物語りも割りとすぐに終わります。私は面白いと感じたので何周もやるのには丁度良いかなぁ、なんて思っているのですが。

とにかく、一度はやってみることをおススメしたい作品です^^

最後に個人的疑問点、というか意見を一つ。攻略本での主人公レイルについての質問で、嫌われウェルカムとあるのですが、あれは違うと思う。製作者が言うのだからそれが真実になるんだろうけど、でも、もし本当にウェルカムな人なら、ゲーム本編中のような反応はしないはずだもの。