任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

バロック for Wii 特典 バロックリポートA -THE ART GALLERY-付き

スティング
Nintendo Wii
(WMV形式)
『バロック for Wii』

歪みと退廃に彩られた世界で、青年は神経塔最下層を目指す…。
終末的な世界観と独自のゲーム展開でファンを魅了してきたダークファンタジー「バロック」がWiiに登場。

◆舞台は自動生成ダンジョン「神経塔」◆
入るたびに内部構造の変わる「神経塔」の中では、プレイヤーの一瞬の判断が生死を分ける。
探索に必要なアイテムを回収し、装備品や自分自身を強化して、神経塔最下層を目指せ。

◆歪んだ存在「異形」とのアクションバトル◆
行く手をはばむ異形は、心も体も大きく歪んだ存在。
「浄化剣」や「天使銃」をはじめ、使い方や組み合わせでさまざまな効果を発揮するアイテムで「浄化」せよ。

◆死と再生を繰り返して進むストーリー◆
プレイヤーの死によっても、徐々に変化して行く世界。「死=ゲームオーバー」ではない独自のゲーム展開。
謎めいた登場人物が語る言葉の断片から、世界の謎を、己の謎を解き明かせ。
フルボイスの会話シーンでは、バロック独自の世界観を印象的に演出。

◆Wii版の変更点◆
周囲の状況を判断し易い客観視点に加え、臨場感あふれる主観視点への切替機能を搭載。
Wiiリモコン+ヌンチャクでの基本操作のほか、クラシックコントローラでの操作にも対応。
中断セーブを含め、セーブデータはロード自由な形式に統一。データベースや預けたアイテムをニューゲームへ引継ぐことも可能に。

◆その他◆
プレイヤーをバロックの世界へ誘う、アーティスティックなオープニングアニメムービーを収録。
ゲーム開始時にバトルの難易度を選択可能。どの難易度でもストーリーやエンディングは同じなので安心。
初めて『バロック』をやってみた人間の感想★★★★☆
要は3Dアクション版『不思議のダンジョン』みたいな感じです。
ゲームの特徴としては、1回の探索がレベル1・ノーアイテムからスタート、何回も探索を繰り返す、アイテム出現などに運の良さが要求される、ダンジョンクリアで持っていたアイテムは総て消失、など『不思議のダンジョン』っぽいです。
アクションのスピードは割と緩め。目を回す程の3Dではないので、酔いなどの副作用はまず起きないでしょう。
ちんたらしているとどんどんVT(スタミナというか満腹度というかそんな感じのもの)が減っていくので、基本スタイルはどんどん突撃という風になります。
ただ、ゴリ押しでなんとかなる程甘くはなく、タコ殴りにならないように1対1の状況を作る、遠くからアイテムを投げつけて倒す、などの工夫が必要です。
難易度が選べますが、先程も申しました通り、クリアできるかは工夫次第です。あと運の良さ。
ストーリーは末世的というか終末的というか。最初のうちはわけが分かりませんが、下手すると最後の方になってもわけが分からないかも……。
1階降りるごとにセーブが随時できるので、時間のない時にちょっと楽しむ事もできます。セーブデータ箇所も3つ。
雰囲気がやや怖いですが、夜にうなされる程ホラーではありません。私は割とライトに楽しめました。