任天堂Wiiのゲーム情報ブログ

家庭教師ヒットマンREBORN! 禁断の闇のデルタ(特典無し)

マーベラスエンターテイメント
Nintendo Wii
3D格ゲー★★★★☆
しばらく迷った末に購入しました。

ゲームシステムが素晴らしいと思います。
最近の格ゲーは横移動しかできず、コマンド入力でコンボを決めるタイプのものが多いですが、
このゲームは3Dのフィールドを自由に移動できて、立体的なバトルが楽しめます。

その上、リボーンの世界観が戦闘によく再現されていると思います。
波動を消費して匣を開匣したり、ツナが高速移動する感覚が原作みたいに楽しめました。
キャラや匣が少ないと感じることもありますが、
組み合わせは非常に多くのパターンがあり、それぞれに個性があるのであまり気になりません。

単純な殴り合いではなく、立体的に空間を捉えて、
戦略を練る非常に臨場感のある戦闘が楽しめるのでにオススメです。

ただ、ストーリーがあまりバリエーションがなく、やりこみ要素が少ないので星4つです。

レインボーポップ

インターチャネル・ホロン
Nintendo Wii
Wiiリモコンを縦、あるいは横持ちして画面内の風船を消していくパズルゲーム。大宇宙のギャングスター"バルーンキング"によって、地球の四季やさまざまなものが風船の中に閉じ込められてしまった。そこで、プレイヤーは美しい地球を取り戻すために風船消しに挑戦することになる。風船は、上下左右に自由に動かせるようになっており、同じ色の風船を3個以上並べると一定時間経過したあとに破裂・消滅する。破裂するまでの時間を利用してさらに同じ色の風船を並べれば、大爆発を起こすことが可能。また、風船が破裂した段に下の段の風船が上詰みされる仕組みを利用すれば、連鎖が発生してハイスコアを獲得できる。

http://dol.dengeki.com/

SDガンダム ガシャポンウォーズ(通常版)

バンダイ
Nintendo Wii
もうちょっと頑張ったら満足作^^★★★★☆
これ系はやはり、自分でユニットを生産できたりできる方が善いです。
やっぱり、シュミレーションですから、昔あったGネクストやGセンチュリー
を期待しています。

ただ過去の作品は、性能差があり過ぎましたが、そこを改善して、
領地の占領、拡大、テクニカルの開発、ユニットの生産、オリジナル軍団の
設定までできると大変、楽しめるゲームになると思います^^

欲を言えば、オリジナルユニットやマップを創れると、
これこそ1000回遊べるゲームになるのではないでしょうか?

是非、頑張ってソフト開発をして頂きたいですねっ!^^!
懐かしい★★★☆☆
過去のシリーズをやっていた方は、すぐにでも馴染めるかと思います。
ただ、領地70%以上の占領で勝利判定のシステムはイージー過ぎると思いました。
ライトゲーマーにはちょうどいい。★★★★☆
GC版はプレイした事がなく、大昔のファミコン版以来のプレイ。
面白い!
GC版ほとんどそのまんまの移植らしいけれど、始めてやる分にはとても楽しいゲームです。
シミュレーションゲームなんだけれど、戦闘でのアクション操作がアクセントになっていますね。
2-3時間プレイすると積極的に目を休めたくなるので、自分のようにライトゲーマーにはちょうどいい。
やたらルール&操作が細分化していたり、ひたすら長時間を要する最近のゲームは敬遠しがちだったのですが、このゲームは単純でそれなりに奥が深いので楽しめます。
自分のように、仕事から帰ってきてから1時間だけプレイ、なんて30代には向いているかと思います。

ただ、ボリューム不足を感じる時はあるので★4つ。
ヘビーなゲーマーならすぐ飽きちゃうでしょうね。
もちろんクラシックコントローラー必須です。
価格が安いのでこの評価です★★★★☆
チュートリアルが充実してて初心者にもお勧めできます。
しかし全体的にワンパターンになりがちで飽きるのが早いかもしれません。
使えるユニットが増えていくのは楽しいのでガンダムファンは楽しめるかと思います。
リモコン+ヌンチャクでは若干操作しづらいので私はGCコントローラでやってます。
定価が安いので興味がある人はやってみるのもいいかもしれません。
やり込みが必要★★★★☆
ゲームキューブからの移植ですが
Wiiソフトとして見ても遜色ありません。
選択肢やMSを増やすにはある程度やり込みが必要です。
Wiiリモコンでのプレイは操作が難しいので
クラシックコントローラーが必須になると思います。
ファミコンディスクシステム時代の感覚でいると
かなりギャップがありますが
ボリュームがあり、非常に丁寧に作られたソフトです。
かなり開発は苦労したんじゃないでしょうか。
移植なので価格も抑えられていて良いです。

Wiiであそぶ ピクミン2

任天堂
Nintendo Wii
Wiiリモコンによる操作と相性がよいゲームキューブのタイトルを、Wii向けにアレンジして発売する『Wiiであそぶセレクション』シリーズに『ピクミン2』が登場! 本作は、モノを運んだり、道をふさぐ壁を壊したり、原生生物と戦ったりする不思議な生き物"ピクミン"と協力して進むアクションゲーム。前作で、ピクミンたちの協力により不時着した惑星から無事脱出できたキャプテン・オリマー。今作では、自分が働く会社のピンチを救うため、新人社員のルーイとともに"お宝"探しを目的に再びピクミンたちの住む惑星に旅立つことになる。『Wiiであそぶ ピクミン』でも活躍した赤・青・黄の3種類に加えて、重くて力持ちの紫ピクミンと、足が速くて毒をもつ白ピクミンが新たに登場。特徴の異なるピクミンたちと一緒に、お宝を探し出そう!

http://dol.dengeki.com/
ピクミン最高!!★★★★★
GC版で持ってましたが、GCをすべて売り払ってので
またまたやりたくなってピクミン2購入しました。
むしろこれはwiiでやったほうがやりやすい!!
はやくもピクミン3に期待です
おばさんでも楽しい!★★★★★
ゲームなんて縁がない私でもすっかりはまっています!
戦いとか殺すなんてとんでもないと思っていますが、ピクミンは違います。
かわいらしく愛情がでてきます。
脳の体操も兼ねているのではなんて思っています。
これは実際にやってみないとわからないです。
迷っている方はぜひやってみてください!
素晴らしい★★★★★
以前より気になっていたソフトでしたが、これほどの出来とは思いませんでした。
今回子どものクリスマスプレゼントで購入し、家族で夢中になりました。

お宝を集める・ルーイを救出するなどの目標は一応あるのですが、
さまざまな楽しみ方がある懐の深いゲームになっています。
ピクミンを連れてただ歩くだけでも単純ではなく、いろいろな不確定要素があって面白いです。
5種類のピクミンを状況に応じて使い分け、敵キャラ攻略は工夫のし甲斐があります。

ところどころに隠されている製作者の皆様の遊び心が存分に伝わってきますね。
さすが「NINTENDO」、ありがとう!!  Exellentです。
ウワサでは「ピクミン3」が開発中とのこと、今度は予約して買いますよ。
かわいいッ★★★★☆
妹のプレゼント用に購入しました
なんていってもピクミンがかわいいです
癒しです!
家族全員で夢中になりました。★★★★★
以前から面白そうだな〜と思ってはいたもののプレイ出来るゲーム機がなく、指を咥えて眺めていました。
が、wii版が出たので発売と同時にすぐに飛びつきました。

年のせいか私達はwiiでゲームをするとすぐに疲れて腕が上がらなくなり、首が回らなくなり、足がだるくなってグッタリしてしまう為、どのゲームを買っても長くは遊べませんでした。
そんなwiiはTV台の下で夜な夜な青く点滅し、タダのイルミネーションと化していました。
ピクミンはそんなwiiを眠りから覚まさせてくれました。
激しいアクションもなく、ゆっくりとコントローラを操作するだけなんですもの。

キャラクターやダンジョンの造りが可愛いのが多いのも好きです。
敵キャラクターにピクミンをぶつけて倒したり、物を取り合いしたり、バクバク食べる相手に、毒入りピクミンを喰らえ!と投げつけて毒殺もします。
敵キャラが死んだあと、生首だけになってピクミンに運ばれたりする姿がとてもシュール。
爆弾を抱えたキャラがトコトコとこちらに歩いてきて自爆してみたり、巨大ローラーをゴロゴロしたのが走り回ってピクミンつぶしたり、大砲で派手に射ってきたり、ピクミンを捕獲して食べてしまったり、卵だー!と思ったら蜘蛛がワラワラでてきたり、折角の獲物を横取りしてしまったりとスリル満点です。

ピクミンも、油断すると勝手に(ここが一番のポイントなのかも知れません)火に近づいて燃えてしまったり、水溜まりに足を踏み入れて「ワーワー」と溺れたり、感電したりと気が抜けません。
高台でピクミンをうっかり投げたら、敵に当らずにヒューと谷底に落ちて小さくなっていった時は、こういう部分も細かく作られているのだと感心しました…。

SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ 特典 Gジェネレーション ウォーズ プレイヤーズバイブル付き

バンダイ
Nintendo Wii
TVアニメやコミックなど、さまざまなメディアで展開する『ガンダム』シリーズを題材とした人気SLGシリーズ『Gジェネ』に、世代を超えてさまざまなガンダム作品が一同に集結! 宇宙世紀を舞台にした作品から、『機動戦士ガンダムSEED』や『機動戦士ガンダム00』まで全30作品以上を収録し、幅広いガンダムファンに訴求する内容となっている。従来通り原作エピソードを追体験できるだけでなく、新システム"ウォーズブレイク"の発動によってまったく予測不能の展開が発生。"ウォーズトリガー"という条件を満たすことで、たとえばファーストガンダムに08小隊のキャラクターが介入して大戦化(ウォーズ化)するというようなifストーリーが楽しめる。登場するユニット数は700体以上。キャラクター数は一般兵を含めると700人以上となっている。

http://dol.dengeki.com/
新世代のGジェネ・・・?★★☆☆☆
かなり長く書かせていただくことになりますが、ご承知ください。

<良い点>
・戦闘演出の進化。開発者の方々の約2年に及ぶ努力の結晶でしょうか。
・チャンスステップの上限ができたこと。戦略性がとても上がりました。
・「キャラクター育成」というシステムの設置。「アビリティ」の設置もさすが。
・MSへのオプションパーツの複数装備が可能になったこと。戦略性の向上に貢献。
・「交換システム」の設置。『作ったら終わり』の死にユニットにも光が見えました。
・「支援防御」の設置。これまた戦略性のアップに大貢献。
・WARSBREAKでクロスオーバーができる点。子供のように楽しめました(笑)。
・クロスオーバーでムービーが見られるという新しい試み。
 キラリと光るムービーもいくつか存在。

しかし、上記の良い点以上の量の欠点があるように思います(下記参照)。



<悪い点>
・戦闘演出にムラがある。”宇宙世紀のMSカットインも大幅にパワーアップ”と
 宣伝しておいて、わりとスピリッツのままの演出のユニットがたくさんいました。
 それから連携演出なども多数あるような匂いをさせておいて結局8種類だけ、
 (ほぼSEED関係。)連携技を使うと部隊にいないユニットが演出に・・というのも
 気になりました。
・キャラクターのアビリティに疑問符のつくものが多いこと。
 「HP50%以下で〜」などの”そうなったときは大抵撃沈される”ことが
 発動条件となっているアビリティが、なぜこんなにも多いのでしょうか?
 そして命中、回避率補正系のアビリティも多すぎます。Lvが上がったら用済み、
 見切りで無効化される、くらいならば”ついでに”程度でいいのではないのでしょうか。
・ACEポイント、ユニットとキャラ経験値がとても入りにくい。
 戦艦で効率的に上げましょう!と公式攻略本で見たときは、何を考えているのか!?と
 憤慨しました。誰が好き好んで戦艦だけで育成するでしょうか?
・消耗品系オプションパーツははっきりいって使いどころがわかりません。
 私は一切使わずにクリアしてしまいました。
 実際、そうしたオプションパーツについては公式攻略本でも全く勧められておらず、
 存在価値すら疑ってしまうものでした。
 大体、1ステージ限定ならともかく、
 1回発動したら終わりだなんて使いにくくてしょうがないです。
・ユニットの交換先が何種類かに限定されてしまう。
 育てていくとザク50、グランドマスターガンダム、パトゥーリア・・
 なぜ巨大ユニット=強いとなるのか疑問です。
 程よく弱いぐらいが「こんなのに交換できる!」と喜べてしまうのはどうかと。
・支援防御でわざわざかばってあげるユニットにテンションアップなどの恩恵が全くない。
 だれのMPも増えていないのを見たときは何かの間違いかと思いました。
 あと、支援防御の戦闘演出時にロードに時間がかかってしまうのも気になるところでした。 
・WARSBREAKがただの増援でしかないな、と思えてしまうこと。
 フロスト兄弟、チームトリニティなど、なんだかんだで理由がこじつけやすい面々が
 何度も登場してげんなりしました。
 とどめにエクストラジェネレーションでは山のように増援が現れ、
 もう勘弁してよ・・・とうなだれてしまいました。
・ムービーの完成度にムラがある。アムロvsシャア、フリーダムvsトリニティ、
 エクシアvsスローネツヴァイは良かったのですがその他は”?”です。
 ユーザーが興奮する場面というのはそんなに難しいものでしょうか?
 少なくともアプサラス3体がメガ粒子砲をドカーン!では興奮しません。
 この作品は「Gジェネレーション」であって、
 さまざまなガンダムたちが活躍するところを見たいと思うのですが・・・。
・宣伝と実際の商品の質との圧倒的”差”。
 あたかもOOから多数参戦!!という雰囲気をかもしだしておきながら、
 実際に登場する ユニット・キャラの量は貧困そのもの。
 何人のユーザーが、「これ詐欺?」と思ったことでしょうか。
 開発者の方々、このレビューを見てくださっているのなら真剣に考え直してみてください。
 発売日を楽しみに、生活費を削ってまでGジェネの費用をためて購入した人たちが
 心底がっかりする表情を考えてみてください。
・正直に言って、このゲームこそ「開発者のご都合主義」が露見するゲームの代表格でしょう。
 Gジェネウォーズ開発スタッフ3人へのあるインタビュー記事で、スタッフのうちのお一人が こんなことをおっしゃっていました。
 「念のため言っておきますが、ユニコーン、
 OOセカンドシーズンのキャラや大半のユニットは出ません。」
 開発期間的に参戦はどうしても無理だったということなのでしょう。しかし一方で、
 「この開発期間でこれだけのゲームができれば及第点だよ。
 Gジェネ10周年メモリアル作品出さないのもおかしいしさ、
 コストも最小限に抑えてテキトーに売れるもの作ろうよ。
 みんなもそう思うよね?」
 という開発者どうしの会話が聞こえてくるようなのもまた事実です。
 ただ売れればいいのですか?楽しませること、夢を与えることが
 開発者の仕事ではないのですか?
 ユーザーの期待にすらろくに応えられないジージェネのどこが『新世代のジージェネ』
 なのでしょうか。
 公式攻略本の「私たちはあらゆるところでレビューを見させてもらってます」
 という発言を信じて、言わせてもらいました。
・音楽・効果音の使い回し。これは他のレビュアーの方々がご指摘されている通りです。
 ・出撃時の音楽。ポータブルから3作連続で使い回し。
  その浅ましい根性にある意味脱帽です。
 ・スコア加算のときの効果音、テンションアップの効果音、項目選択時の効果音・・・
  などなど信じられないほどの「使い回し」の山。
  Gジェネ開発スタッフのみなさん、
  もし予算的に何かしらの冷遇でも受けているのでしたらユーザーに伝えてください。
  そういう言いわけでもなければ全く納得がいきませんね・・・。
 ・WARSのメインテーマと思われる「例のフレーズ」、いくらなんでも使いすぎです。
  B級映画でも見てるのかと思いました。
  余計に「お手軽に作りました」という感じがします。


<リクエスト>
まずは次世代ハードへの移行が大前提です。
ユーザーの大半がPS3がいいと感じているのではないのでしょうか。
新型も発売され、値段的にも購入しやすくなったことですし。
以降はソフト内容への要望です。
 ・ユニット・キャラの大幅増量。これは他のレビュアーの方々が口をそろえて
  おっしゃっているのですから、開発スタッフの皆さまはいい加減お分かりでしょう。
  ところで、WEBアンケートでの
  質問項目「Gジェネを楽しいと思った理由」の選択肢の一つに
  「ユニット700体、キャラ700体というボリュームに圧倒されたから」
  というようなものがありました。過信もいいところです。
  怒りを通り越してあきれますね・・・。
  「間口の広いGジェネ」を名乗ったからには、
  きちんとその責任を果たしてもらいたかったです。
  余すところなくユニット・キャラを網羅してこそ
  魅力あふれるGジェネなのではないでしょうか?
  私は、戦闘演出をここまで素晴らしく仕上げることが出来た開発スタッフを信じています。
  そのカッコイイ演出を、自分だけのお気に入りのユニットとキャラで見たい!
  と思う人が何人もいるなかで、その選択肢を限りなく用意してほしいのです。
 ・音楽・効果音の改良。これ以上の使い回しはユーザーの皆さんが
  許さないでしょうね・・・。
 ・その他、悪い点から読み取れる改良点。

以上大変長くなりましたが、これが本心です。
良いゲームであることは否定しませんが、
「Gジェネファン」を多かれ少なかれ失望させるゲームであることは間違いありません。

今度こそ、本当の意味で「すべてのガンダム世代に贈る」Gジェネをプレイさせてください。
お願いします!
これが特典?!★☆☆☆☆
Gジェネは昔から全作品ではないですが買ってプレイしています。
登場作品の多さと自由度を付けたくてこうなってしまったのだと思いますが
ストーリー性はほとんどありません。
順番にステージに挑戦しても、ほとんど個々のステージを個別にプレイしているようなものです。
ああ、ここまできたなぁという感慨は皆無です。
序盤から結構強力なMSやMA手に入ってしますのでこういうのを手に入れることが出来た
という感慨も皆無です。
また、ストーリー上自動的に登場するメインキャラたちに
自分で編成したキャラたちの存在が全く無視されているのは
今までの作品以上です。
MSを育てて、開発、設計しより強力なものを手に入れるのは確かに楽しいし、
なんだかんだと言いながらゲームにハマッテますが、
これだけのお金を払う価値があるのかなぁ と言うのが率直な感想です。
あと、だんだんリアリティさが加わってきたメカ達がイマイチ可愛くなくなってきたのも残念です。

で、特典ですが、事前にHPで見た情報は僅かだったので過剰な期待を持ちすぎたのかもしれませんが、
正直、なんじゃこりゃ でした。
ぺらぺらでMSなどのかんたんでもよいから解説があるのかと思いきや、
初期に選択できるステージのかんたんな解説と初期に購入できるメカたちのリストくらいで、
この程度は取扱説明書の一部でしょ?! くらいなものです。
昔買ったグランツーリスモには結構な基礎知識や車両カタログが載っていて
良いもん買ったなあと思ったものです。
長く遊べてお得★★★★★
MSの開発は楽しいし、シナリオもボリュームがあって、すっごい楽しいです。
あと1シナリオでクリアというところまで来ていますが、値段分は十分遊んだので大満足。
他の方のレビューを見ているとシナリオが少ないという意見が多々ありますが、私的にはこれ以上シナリオがあると逆にダレてしまいそうなので、丁度良かったと思います。
MS・MAの機体数は多い程良いので、自作は機体数のボリュームアップを期待してます。
初心者でも大丈夫!!★★★★★
ヘビーユーザーでは無い自分にとっては、前作は敷居が高く挫折しましたが、今回のはライトユーザーからヘビーユーザーまで楽しめるゲームとなっているようです。
Wii版と内容★★★★★
Wiiだと敵のターンの時のやり直しが早くできる(リセット→ロード)

内容は、戦艦を3チーム以上作れるけど一作品5ステージで3チーム出せる事がない
オリジナルキャラと作品からのスカウトの能力があまりにも差がある。
敵増援が進んだ方向と反対が多い
事を除いたら最高で、何時間でもプレイ出来ます。
個人的にニコル、セイラの声無しがショックでした。

2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会

エレクトロニック・アーツ
Nintendo Wii
サッカーファンのみならず、世界が熱狂する世界最大のスポーツイベント『2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会』がサッカーゲーム世界シェアNo.1の「FIFA」シリーズからスペシャルプライスで新登場!新機能、新モードも多数追加!国の威信をかけた真剣勝負を体感しよう!

唯一のFIFA ワールドカップ公認ゲーム!
『2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会』唯一の公式ゲームソフトで、実際に予選から出場した合計199カ国で予選からFIFA ワールドカップ本戦、決勝までプレイできる。選手、チーム、南アフリカのワールドカップ公式スタジアム10会場も実名で収録。

<新>初心者も上級者も納得のゲームプレイ!
Wiiリモコンひとつでパスとシュートだけを行うお手軽なプレイも、ヌンチャクを使って選手を動かすこだわりのプレイも、どれもシンプルに操作できるのであなただけのプレイスタイルを見つけてください。

<新>ドリームチームをつくろう!
無名のチームで始め、ワールドカップに出場している32にカ国に挑み、勝つことで相手のチームから選手を1人獲得できます。そうしてドリームチームを作っていって、最強のチームを作っていき、世界を制覇します。自分だけのドリームチームを作り上げて、世界を制覇してください。あなたのつくった最強チームをWiiリモコンにいれて友達の家に遊びにも行くこともできます。

<新>Wii版限定!最大4人、16チームで勝ち残りを目指す対戦モード!
プレイするチームを各自4チームまで選び、友人対戦で勝ち残りを目指す「グローバルエリミネーション」モード。選択した自分の4チームは試合に負けると減り続け、最後までプレイできるチームが残ったプレイヤーが勝利となる、Wii版だけのオリジナル対戦モード。

<新>世界中とオンラインワールドカップ!
「2010 FIFAワールドカップオンライントーナメント」ではグループステージからノックアウトステージまでをプレイできます。
地球儀を回して199カ国から対戦相手を見つけます。

現日本代表監督、岡田武史氏による解説とおなじみの西岡明彦氏による実況。
損しました★☆☆☆☆
いつもウイイレをやっている感覚で比較をしてしまうと、幻滅しました。。。
他にお金を使うべきだったかな・・・。
昭和か・・・★☆☆☆☆
スーパーファミコンに毛が生えたくらいのシンプルさ。。。
というか安っぽさ・・・
新しいといえば新しいのか・・・
W杯というよりは、ストリートサッカーみたい
なんじゃ こりゃ(;_;)★☆☆☆☆
戦術も何もナンモナイf^_^; コーナーになったらタイミング勝負で決まるし 面白くなーい 何だコレ?指先の操作で抜いてシュートするだけ(>_<)サッカーの駆け引きとか…何か戦術とか…一切無し これを面白いと思う人は…いるのか?うーん…残念 凹んだ
いやいや面白かったよ★★★★☆
ウイレレに慣れている人は厳しい評価を付けるかもしれないけど。
グラフィックは微妙だけど、値段が安いししょうがないとするよ。
シュートのタイミングでスローになるのはいいっすね。
 
究極の接待ゲー?★★★☆☆
以前にFIFA2008のWii版を購入しました。
結構面白かったのと日本代表のライセンスに引かれて
久しぶりにFIFAを購入しました。

結論から言うと自分が求めていたようなゲームではありませんでした。
ともかく簡単にゴールが決まりすぎます。
08と比較すると、08はキーパーが神というか全員ブッフォンみたいな
ミラクルセーブを連発してきました。
その為、シュート20本うっても1ゴールなんてことも結構ありました。
だけど今回は10回中1、2回止める程度。
ペナルティアリア外からのシュートに無反応で見送るとか、もうね・・・
したがってちょっとシュートを打つとバンバンゴールが決まります。
自分は以前の08のようになかなか決まらないほうが面白いのだが。

さらにシュートを打つ側がすごすぎます。
ほぼ必ずペナルティエリア内にシュートをうち、
しかも今回タイミングが取りやすいのでファインゴール連発。
(空中にボールが浮いているときにスローになる)
オーバーヘッドを決めてもありがたみも何もありません。
ごく稀に決まるファインゴールが楽しいゲームだったのに・・・


リモコンのみでの操作の感想です。一度ヌンチャクをつけて遊びましたが
急に難易度が上がりかなりの乱打戦になってしまいました。
操作が難しくなるのが原因かと。
逆の言い方をすれば、慣れているほうがヌンチャクかクラコン仕様
慣れていないほうがリモコンのみというハンデ戦も行えます。
ゴールがバシバシ決まるので接待ゲームにはもってこいかも?
ただ、一人で遊ぶという人にはお勧めできませんね。
500円相当のガイドブックが付いているので話の種に
買っても面白いかもしれませんが、評判のいいPS3版をお勧めします。

フォーエバーブルー海の呼び声

任天堂
Nintendo Wii
世界のさまざまな海や川を舞台に、神秘的な水中の世界を楽しめるダイビングアドベンチャー。聴いた者に不幸をもたらすと恐れられ、伝説の財宝のカギを握るとも言われている"竜の歌"。その伝説を解明すべく、仲間(バディ)たちと協力しながら世界中を冒険することになる。"竜の歌"を追うメインストーリーの他にも、サブストーリーやイベントも用意されている。自由気ままに水中を泳いだり、出会った生き物とスキンシップをとったり、海底や川底に沈んだ財宝を探したり……。自分にあった楽しみ方でダイビングを楽しもう。

http://dol.dengeki.com/
こわい★★★☆☆
僕は子供の頃、図鑑でマンタをみて怖く、プールもほんとは苦手なのですが、このゲームを買いました。
でマンタは前作で会った気がするのですが大丈夫だったです。
いくらゲームとは言え、海は怖かったです。
おとなしい生物だけじゃないですから。
気を付けた方がよいです。
誰でもダイバーになれる★★★★★
世界中の海にもぐれます!!
ストーリーが結構よくできていますし、終わった後も
まだまだやりがいがありますね
すべての魚を見つける、サブストーリー、コイン、レジェンド・・・・
とにかく魚が好きな人は最高だと思います。
満足です★★★★★
wiiはグラフィックが苦手と思っていましたが、このソフトは音楽とともにグラフィックもかなりきれいだと思います。
気持ちよく泳ぐことで海に癒されたいと思ってこのソフトを購入したので、やり切る使い方はしていませんが、十分満足です。
私のようにむしろゲームは苦手だけど、やることで癒されたいと思っている方にはオススメですよ。
着替え・後片付け一切不要!ラクちん&うっとりな海中旅行をどうぞ!★★★★★
<こんな人にオススメです>

(1)TVで見る海中映像とか、海中生物が大好き!

(2)だけど運動が嫌い!
(ぐうたら人間としては、運動をするために着替えるのも面倒な訳ですが、
 ダイビングともなれば船で移動したり、機材もきっと重かったりで、
 想像すらしたくありません。ってか、資格とかもいるんだっけ?)

(3)疲れた状態で片付けとかありえない!
(水中で軽減されていた重力が、水上に戻ると全部またかかって来るんです。
 疲れて重い体で機材片して、着替えて移動して、ああ一体いつになったら眠れるのか・・・)

でもこれなら、Wiiリモコンの操作だけで、サクッと開始⇒あっさり終了OKです!

オススメどころとしては、やはり映像の美しさ。
多少近眼気味の視力で見ているのというのはありますが、
TVから2mくらいの距離で見る画面は、海中映像そのもの!

浅瀬の珊瑚礁をぼ〜っと流し泳いで見ていると、魚達の造作&動きがすごくリアルで、
海中に降り注ぐ光なども美しく、うっとりでございます。
そしてTV放送と違い、ゲームだから【自分で操作して好きなところへ動ける】んですよね。
『写真』も撮ったりできますよ。

お供イルカと泳ぐと、付かず離れず付きまとってくれるのがカワイイこと。
つかまり泳ぎさせてもらうと、即効スピードアップできて、これまたラクちん。

サメとかに遭遇すると怖いですが、殺される心配はないですし、
どんなに深かろうが溺れる心配なし。
水圧や水の冷たさ、動きや呼吸の不自由などのストレスも一切フリー!

【労せず】してダイビング気分を味わうのにオススメの1本です。


P.S.センサーを使っての宝探し、これが結構ハマります。
同じところから何度でも掘れるので、気づけば魔のループに(笑)
インドア型ダイビング生活をご堪能あれ★★★★★
綺麗な海とそこに生きる海洋生物の生命力。そして海に沈んだ古代の遺跡に感じる冒険ロマン。
そんな世界観をゆったりとした時間の中でたっぷり堪能できる作品です。

まず海中での映像表現の素晴らしさ。
遠方が青く霞む遠近法と浮遊物によって表現される海中は単純に綺麗。
生物たちの3Dモデルは非常に丁寧に作られており、それ以上にリアルな動きに感動します。
長く潜った後、海上に顔を出した際の青い空の解放感、深い海の暗黒に堕ち込んでいく際の恐怖感。
氷の海の冷たさや熱帯の川の生ぬるい感触。狭く暗い海中洞窟の圧迫感や、遠洋の何もない孤独感。
そんな、「雰囲気」の素晴らしさによって、自ずとゲーム内世界に引き込まれていきます。

海底に眠る沈没船、海中に没した都市や古城、そこに存在した古代文明の遺物、宝物。
まさに映画や小説の中で体験した冒険ロマンが海の中に存在します。
古文書や遺跡などから汲み取れる情報は意外なほどの説得力があり、それらの物語の意味を考えるだけでも楽しめます。
それらに絡むメインシナリオは、やや駆け足気味なストーリーですが、
サブシナリオに脱線しながら自身の好みの速度で進められるため、むしろ縛りが少ないゲーム性にあっていると言えます。

ゲームとしての世界観がしっかり作られている一方で、サブシナリオやミニゲームも十二分のボリュームがあります。
イルカの調教とイルカショー、お宝探し、写真撮影、ダイビングガイド、水族館経営、生物調査、アイテムや称号のコレクション……
自分の好きなことを、好きなタイミングで、好きなだけプレイでき、それぞれで深いゲーム性を堪能できます。

単純にダイビングしてみたい人も、「ダイビングシミュレータ」ではなく「ゲーム」をしたい人も、双方を許容する素晴らしいソフトです。